馬場ゆかりさん

ライブスペシャル

yukari_060102s.jpg

CAT Ladies@大箱根カントリークラブ(神奈川)、のTV放送について少々。

今回は、ゴルフネットワークにおいて、ライブスペシャルの放送がありました。

これは要するにスカイAの全部見せますによく似た番組で、練習場と1番ホールスタートを”放送時間(2時間)内で”映していくという内容です。

今までも男子ツアー等で4回ほど放送があったのですが、今回が初めての女子ツアーとなります。

そして、2日目は最終組2つ前でしかも木戸愛さん&古閑美保さんとのビジュアル系ペアリング、最終日は最終組でトップのアッコさんとの注目ペアリングとなったゆかりさんは、もちろんたくさん映っていました。

ただ、惜しむらくは74期生の登場が、紫垣さんとゆかりさんだけと少々少なかったことですね。

ということで、次回放送のマンシングウェアレディース東海クラシックに期待しましょう。

追伸:

しかし、この放送、もしかしたら永久保存版になるかも、と思っていたんですが・・・無念。

| | コメント (0)

小さくたって

yukari_060102s.jpg

最新のWGDに、馬場ゆかりさんが結構たくさん出ています。

というか、ゆかりさん1人だけのコーナーなので、この全5ページはなかなか貴重です。

沖縄の開幕戦で取った内容らしく、昨シーズンの活躍で今シーズンゆかりさんがいかに注目されていたかが分かりますね。

ちなみにWGDだけではなくて、WPG最新号の方にもゆかりさんが出ているので、その人気のほどがうかがえます。

ところで、同じWGDのコラムによると、コブラってプーマに買収されてたんですね。

コラムにもあるように、プーマとアディダスは元々兄弟みたいなもんなんで、テーラーメイドを買収したアディダスへの対抗心からコブラを買収したってのは大いにある話のような気がします。

| | コメント (0)

ジャンクSPORTS

yukari_060102s.jpgyumiko_060102s.jpg

少し前の話になりますが、馬場ゆかりさんがジャンクSPORTSに出演していました。

公式サイトでも軽く触れていましたね。

今回はコンビ?ペア?で出るということで、ゆかりさん&ゆみこさんの馬場姉妹揃っての出演でしたが、レスリングの吉田&栄コーチ、サッカーの野人&整体の先生のトークに押され気味で、なかなか話す機会を与えてもらえませんでした。

残念。

ま、浜ちゃんとの絡みという点では、このレスリング&サッカーコンビに一日の長があるのは間違いないので、しょうがないかな。

あと、メッセージとして幸希さんが登場したのはちょっとビックリでしたが、コースメモについてはいろんな雑誌等でもよく紹介されていることなので、もうひとひねり欲しかったような気がしないでもないですね・・・。

とにかく、次の登場機会に期待しましょう。

| | コメント (0)

コブラ総合契約プロ

yukari_060102s.jpg

今週のWPGには、馬場ゆかりさんも載ってましたね。

コブラ総合契約プロとして、コブラの広告ページに、どどんと。

ただし、色の薄めのものではあるものの、サングラスをかけているもんだから、一瞬んんって感じになってしまいますけれど。

それはそれとして、注目すべきは、この一文です。

『今シーズンは、S2ドライバーで優勝を目指します。』

はい、楽しみにしています、とても。

| | コメント (0)

Happy Birthday ゆかりさん

yukari_060102s.jpgyukari_060102s.jpgyukari_060102s.jpg

馬場ゆかりさん、Happy Birthday !!

ゆかりさんもついに27歳ですか~。

74期生の中では竹末さんに次いでの若手選手なんですけどね~。

| | コメント (0)

師走も大忙し、その2の2

yukari_060102s.jpgarasaki_070626s.jpg

馬場ゆかりさんが出席したキム・ソヒさんの結婚式@韓国には、日本から女子プロのみなさんがたくさん出席していたようですね。

ゆかりさんと一緒に行った新崎弥生さんはもちろんのこと、本多弥麗さんと一緒には服部真夕さん、新井麻衣さん、そして中村香織さんも行っていたようです。

このあたりの様子は、みやりさんのサイトでも画像付きで紹介されているので(少し前のエントリですが)、興味のある方は御覧ください。

ダンナさんがコーチということで2人ともツアーでよく知られているというのはもちろんあるとは思いますが、それにしてもここまで国際的に祝福されることって結構珍しいんじゃないかと思います。

もちろん韓国人選手たちはもっとたくさん出席していたのでしょうしね。

ふたりとも、お幸せに。

| | コメント (0)

師走も大忙し、その2

yukari_060102s.jpg

馬場ゆかりさんも師走は大忙しのようです。

韓国でキム・ソヒさんの結婚式に出席し、アメリカにクラブフィッティングに行き、大阪でコンペに参加し、
千葉でアンダーアーマーのコンペに参加し、長野でお正月番組の収録をし、後援会のコンペと報告会に参加したと。

すごい。

今シーズンのゆかりさんは大いに躍進したので、オフのイベントにもいろいろ呼ばれたということなんでしょうね。

実際オフに入ってからのゴルフ雑誌の登場頻度も非常に高いものがありますし。

さすがにお正月くらいはゆっくりできるのでしょうが、年明けからはまたいろいろと忙しい日々が続くのかもしれません。

う~ん、人気者はつらいですねぇ。

| | コメント (0)

疲労困憊

yukari_060102s.jpg

馬場ゆかりさんが公式サイトにおいて、選手権や富士通やマスターズで最終日に伸ばせなかった理由をこう語っています。

疲労困憊』、と。

諸味里しのぶさんと並んで、今シーズンフル出場を続けているゆかりさんなので、積み重なった疲労がピークに達しているのかもしれません。

オフにいいトレーニングを積んできたからこそ、2日目まで集中力を維持してプレーできるだけの体力は付いていると思うのですが、やはり連戦が続くと特に9月以降の残暑厳しい季節の疲労がどうしても抜け切らないんでしょうね。

でもここまで来たらたぶんこのまま行ってしまうと思われるので、せめてオフの月曜日(と火曜日?)に少しでもいいリフレッシュをできるように願うのみです。

| | コメント (0)

最終日観戦

yukari_060102s.jpg

富士通レディース@東急セブンハンドレッドクラブ(千葉)、最終日観戦。

トップ1打差で、2日間着実にスコアを伸ばしての最終日で、そして上位の面子的にも可能性を感じたので、急遽千葉に向かいました。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 みなさんTV放送で御覧になった通り、ピンクのバイザー、白基調にピンクのウェアの下にピンクのインナー、そして黒のパンツ姿で朝の練習をこなしていたゆかりさんですが、その表情はさすがにかなり固めだったような。

◇7番

 おはようバーディーの後、4番5番の連続△でこの時点でトップと3打差となって、少し重い雰囲気になりかけたところで迎えた7番パー5。

ティーショットがスプリンクラーに引っ掛かって止まるアンラッキーにも動ずることなくセカンドをほぼグリーン際まで持ってくると、長い距離の絶妙のアプローチでOKバーディーとし、流れを少し引き戻します。

◇9番

 このホールではティーショット時に若干の違和感が。

前の8番パー3を全員パーとしたため、7番バーディ-のゆかりさんがオナーだと思って観ていると、なぜかマダム佐伯さんがティーショットをFWセンターに放ちました。

なんで?と思いながら観ていると、オフィシャルが全員打ち終わったと勘違いしたのか、ティーショット落下地点の少し先にあるギャラリー用クロスウェイをギャラリーが一斉に渡り始めます。

それに気付いたゆかりさんはティーショットを打とうとしていたのを止めて、オフィシャルが慌てて止めたギャラリーが全員渡り切るのを待ってから、改めて仕切り直してティーショットを放ったものの、これは飛距離が全然出ずに、右のラフへ。

このホール、ゆかりさんはなんとかパーセーブしたものの、このオナー間違い&オフィシャル勇み足にちょっとリズムを乱されたことは否定できない感じでした。ちょっと残念。

◇13番

 それでもめげずに10番パー5でラフ、ラフと来た後の3打目をピン奥2mほどに付けると、これをしっかり決めてバーディーとし、さらに流れを引き戻します。

そしてゆかりさんたちが12番パー4を終え、前の組が13番パー3を終えた時点で、なんと最終組とその前の組の6人が全員ー9で並ぶという大混戦状態で、後半の後半に向かっていきます。

が、13番パー3では再びの違和感が。

ゆかりさんと茜さんがピン左8mくらいのほぼ同じ位置に乗せ、そこからの下りスライスのパターを2人ともショートして再び同じような位置に止まります。

このファーストパットはゆかりさんが先に打ち、一旦マークをずらした上で次に茜さんが打ちました。そしてそのまま茜さんがパーパットを行うために、ゆかりさんはマークを再びずらして、茜さんのパーパットを待っていました。

そこで茜さんがゆかりさんに声を掛け、声を掛けられたゆかりさんがなぜかまたマークを動かし始め、ボールをセットすると、パーパットを打ち、外れて、△。

この一連の流れでは、ゆかりさんは茜さんと一旦ちゃんと話した上で、次は自分ではないとゆったり構えていたのに、急にやっぱり打ってと言われて、慌ててマークをパター2個分ずらして、ライン読みからのパッティングのルーティーンに乱れが生じてしまったことは、これまた否定できない感じでした。

これがまた1m強の微妙な距離の微妙なラインだっただけになおさら、ね。

◇18番

 それでも1打差で最終ホールまで来て、これを入れればプレーオフというところまでは来たものの、これが惜しくも入らず、残念。しかも、グリーン周りは人だらけで、その最後のパット(?)をちゃんと観ることができず、それも残念。

改めて最終日のプレーを振り返ってみると、やはり全体的に少々固かったかなと。最近のゆかりさんらしいキレのあるショットでビシビシピンに絡む、というシーンはかなり少なめで、アプローチや10m以上のパットから何とかパーでしのぐ、という展開になっていました。

それでもかなり強く吹いていた風のせいか周りの選手もみんな伸び悩んだこともあり、1打差で最終ホールを迎えた時には、これはまだまだ分からんぞ、と思っていたのですが、今日1日幸運に恵まれなかったゆかりさんには、最終ホールでもやはり幸運が訪れることはありませんでした。

とにかく、ゆかりさん、お疲れさまでした。

| | コメント (0)

ドラコン

yukari_060102s.jpg

マンシングウェアレディース東海クラシックと言えば、LPGA公認のドライビングコンテスト大会。

今年は大本命のタミー、そして対抗の三塚さんがアメリカの予選会で不在ということで、人気者ではさくらさん、チエちゃん、モロミー、エリーナ、理香子さん、実績ではアッコさんあたりに注目が集まったと思われるこの大会。

優勝したのは、意外にも馬場ゆかりさんでした。

激しいアゲンストの中での開催となったため、記録は246.5Yと最近の女子プロにしてはやや平凡なものでした。

が、ミート率の高い厚い当たりのショットを磨いて、平均飛距離を確実に伸ばしてきたゆかりさんだからこそ、アゲンストの風をものともせずにぐんぐん突き抜けていくショットを打てたのだと思います。

しかし、現地で観たかったですねぇ・・・。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧