茂木宏美さん

最終日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

大王製紙エリエールレディスオープン@エリエールゴルフクラブ松山(愛媛)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 白いバイザー、ブルーの上着に赤いパンツで朝の練習に現れた茂木さんは、朝から思ったほど寒くなかったこともあり、やがて黒&白のボーダーでのプレーとなりました。

◇前半

 10番からのスタートとなった最終日は、バーディー逃しのパーに続き、パー5ではサードショットが少しミス気味になるもパー、さらにワンピン強に付けつつも惜しくもパーとパープレーが続きました。

そしてエリエール松山名物(?)のギャラリーからは全く観えない14番パー4で△とし、さらに軽い左ドッグレッグで打ち上げの難しい15番パー4ではグリーン右手前を捉えるも、長い超フックラインパットが大きくしょーとしてしまい、さらに思い切って打ったパーパットが抜けてしまって△。

しかし、これで気落ちするかと思いきや、むしろいい意味で吹っ切れたかのように、17番パー5で抜群のドライバーショットから見事に2オンに成功すると、5mほどのイーグルパットは惜しくもカップを抜けたものの、少し長めの返しをしっかりと決めてのバーディー。

後半に繋ぎます。

◇1番

 18番からくるりと折り返す1番パー4ではセカンドショットがグリーンを捉えるも奥のラフまで行ってしまい、下り気味のアプローチがピンをかすめるも通り過ぎて、1.5mほどのパーパットが残りました。

が、ここでグリーン右手前少し離れた場所で見ていたギャラリーがかなり大きな声で話していて、キャディさんや選手たちが何度もそっちを見て手を挙げているのに一向に黙る気配はなく、仕方なくそのままプレーした茂木さんのパーパットの結果は・・・。

◇2番

 後半の出鼻をくじかれた格好になった茂木さんですが、続く2番パー4ではセカンドをピン左手前6mほどに付けると、やや上りの軽いスライスラインを強気に打ち切って、綺麗に真ん中から沈めて、それはもう嬉しそうにキャディさんとグータッチ。

◇4番

 3番パー3はグリーン奥から2パットで沈めて、続く4番パー4ではウッドでFWを捉えた後のセカンドショットが、ピンにまっすぐ飛び出すと、そのまま少し手前に落ちて、あわやチップイン!

もちろんお先にOKパットでバーディーとしたわけですが、このセカンドショットはローピングの関係上少し離れた位置から観ていたものの、それでも完璧に芯を食った、心地よいインパクトの音はしっかりと聞こえていました。

◇5番

 このセカンドの手ごたえを持って迎えたチャンスホールの5番パー5では果敢に2オンを狙い、惜しくも左手前のバンカーに捕まるも、鮮やかなバンカーショットでしっかりと寄せると、これを決めてナイスバーディー。

これで通算1アンダーとし、残り4ホールにわずかではあるものの、望みを繋ぎました。

◇終盤

 宮崎に向けての運命の最終4ホール。

6番パー4はピン左手前からのワンピンほどのバーディーチャンスに付けるも、わずかに抜けてパー。

7番パー4はピン左横ワンピンほどのバーディーチャンスに付けるも、わずかに入らずパー。

8番パー3はグリーン奥のラフに止まるも、アプローチが思うように寄らずのパー。

9番パー5はピン左手前5、6mほどに付けるも、思い切って打ったパッティングはわずかにカップをそれてパー。

茂木さん本人も、キャディさんも、そして観ているギャラリーも、ぐぐっと力が入って、あぁ・・・と天を仰ぐシーンの連続でした。

◇ホールアウト後

 アテスト後に茂木さんと少し話す機会がありました。

と言っても、いろいろ思うところはあるものの、やはりなかなか言葉にすることはできず、この一言だけを伝えるのが精一杯でした。

「1年間、お疲れさまでした。」

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 今回は茂木さんを観終わった時点で、かなりの脱力状態に陥ってしまい、その後にゆかりさんの優勝争いを観に行く気力がどうしても沸いてきませんでした。

なので、帰りの便を待つ間に、街頭のTVで最終ホールの様子を見て、届かなかったことを知った次第です・・・。

| | コメント (0)

最終日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

マスターズGCレディース@マスターズゴルフ倶楽部(兵庫)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 白いバイザーに白いウェア、そして紫のパンツの茂木さんは、昼からの天気の崩れが予感されるような曇りがちの空のした、朝の練習から始動しました。

◇前半

 難しい2番パー4でFWからピン右手前5mほどに付けて綺麗にバーディーを奪ったものの、4番パー3では右に出たティーショットがバンカーにギリギリ入らなかったものの、淵ギリギリのラフに止まってしまったため、困難なアドレス状態から出すだけになってしまい、5mほど残ったパットが惜しくも入らず、△。

その後もなかなかパットが決まらずのパーが続いて、なかなかうまくいかない雰囲気のまま後半へ向かいました。

◇後半

 12番パー5では、悲しいかなまたしてもTVクルーにやられてしまいます。

パーオンからの下りのバーディーパットが外れて少し流れた後のパーパットの場面でごそごそされてしまったのが気になったんだと思いますが、これが抜けてしまっての△。

これでますます空気がわる~くなってしまってどうしようかと思ったのですが、16番パー4で茂木さんが気合を見せます。

右下からのワンピン弱のパッティングをしっかりと打ってねじ込んでバーディーを奪うと、少しのガッツポーズといい笑顔で、ここまでのよくない流れを一気に吹き飛ばしてくれました。

そしてそのままの流れで17番18番をパーとしてホールアウトすると、かなりにこやかにアテストのためにクラブハウス内に戻っていかれました。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 ウェアは・・・TVにもたくさん映っていたのでまぁよしとしましょう。

◇プレー

 そしてプレーも・・・TVにたくさん映ってはいたのですが、茂木さんのホールアウト後に少し休憩をしながら様子を見ていて、15番ホールを終えて1打差になったところで、慌てて応援に向かったのですが、人が多くて思うように逆走できず、追いついたのは17番パー3の前の組待ち状態のところでした。

そして17番18番のプレーは余すところなくTV放送にも映っていたのですが、現地で観ていると、本当に拳に力が入ると言うか、シビれると言うか、もどかしいと言うか、そんな2ホールでした。

最後のバーディーパットが入らなかったのを見届けて、渋滞を避けるために急いで駐車場に向かいましたが、やはりしばらくもやもやした気持ちは消えませんでしたね。残念。

◆新崎弥生さん
◇ウェア

 赤いバイザーにエンジ?(濃い赤)のウェア、そして黒いパンツという、キリリとしまった感じで登場した新崎さんは、朝の練習をレンジで始めましたが、やはり色合い的にかなり目立っていました。

| | コメント (0)

2日目観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

マスターズGCレディース@マスターズゴルフ倶楽部(兵庫)、2日目観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 緑淵の白いバイザーに紫&黒のチェックを羽織り、白いパンツで朝の練習に向かった茂木さんですが、練習が始まるとすぐにグリーンの長袖ウェアになっていました。

ちなみにこのウェアについては、同組のミジョンさんが優勝争いをしていたこともあり、ちょこちょことTV放送の背景で映っていたかなと。

◇前半の前半

 前半のプレーはまさに山あり谷ありの波乱に富んだ展開となりましたので、順番に行きましょう。

1番パー5では、ミジョンさんのティーショットが左のカート道で跳ねてあわやギャラリー(しかも74期生関係者)直撃というシーンもありつつ、茂木さんはFW、FWからピン奥2mほどに付けると、下りのラインをすーっと流し込んでのおはようバーディー。昨日に引き続き、幸先良いです。

続く2番パー4では、タミーさんのティーショットが左の木に突っ込んでそのまま出てこず、選手+キャディさん全員で木の中を探してなんとか見つけて競技委員を呼んでアンプレの処置をしたりしつつ、茂木さんは左の深めのラフからのセカンドがややラフに負けたのか右のバンカーに入り、そこから寄せ切れずに惜しくも△。

3番をバーディー逃しのパーとした後の4番パー3では左のラフからの高い打ち上げアプローチがオーバーしてしまい△。

◇5番

 そして5番の打ち下ろしのパー4で、試練が訪れます。

左ドッグレッグの最短距離を狙った茂木さんのティーショットは、おそらく思ったよりも左に飛び出すと、そのままコーナー部のバンカーに落ちた後、さらに奥まで転がって土手に当たると、ちょびっとだけ戻って土手のすぐそばで止まってしまいます。

グリーン方向に打つことができないため、横に出すだけとなった後の3打目はわずかに短く右手前のラフに止まり、さらにアプローチが3mほど奥までオーバーし、残った下りスライスの厳しいパッティングがわずかにショートして、□。

これにはさすがにショックを受けただろうと想像されるのですが、続く6番パー4では気を取り直してピン右手前2mからの上りフックラインに付けるも、これがほんのわずかにカップをそれて、パー。

◇8番&9番

 6番での心機一転挽回のチャンスを逃したことで、気落ちしたかなと思われた茂木さんですが、7番をパーとした後の8番パー5ではFW、FWからピン手前3mに付けると、ほぼまっすぐの上りのラインを真ん中から沈めてバーディーとします。

さらに9番パー4では上の段のピンの右手前2mにピタリと付けると、これも真ん中からしっかりと決めて、連続バーディーを奪います。

振り返ってみると、通算アンダーでハーフターンを迎えていい精神状態で後半に臨めたということで、2日目のラウンドにおけるこの2つのバーディーの意味は非常に大きかったです。

◇後半

 ただ、それでも、後半のプレーはどうにもこうにもシビれる展開が続きました。

まず10番パー4では、タミーさん共々ティーショットが右の斜面のラフに行き、出しただけの後の3打目が方グリーンで止まらずにかなり奥(7~8m?)まで行ってしまい、そこから2パットで△。

11番を4mのパーオンからパーとし、続く12番パー5のセカンドショットは引っ掛かった感じで左に飛び出たものの、木に当たり、カート道で跳ねて、幸運にもラフに戻ってきました。さらに3打目はラフに食われてショートしたもののアプローチでしっかり寄せて、ナイスパーセーブ。

13番14番15番16番とアプローチあるいはパッティングでカップをかすめながらも惜しくもパーを続けた後、17番で少々トラブルが起きます。

◇17番

 グリーン右手前にショートした茂木さんが砲台グリーンに向かってアプローチをしようとした時、そのライン上にふわふわマイクを持った音声さんがいたため横に移動してもらったんですが、一旦止まった後にさらに離れていこうと動いたために今度は止まっててくださいとお願いする羽目になってしまいました。

結果、このアプローチは大きくオーバーして奥のラフまで行ってしまい、2度目のアプローチはあわやチップインパーに迫ったもののわずかに切れて、△。

実際こういうケースは、スタッフさんだったり、ギャラリーだったり、動物だったり、飛行機だったり、といろいろあるというのはもちろん承知していますが、それでもあの大事な場面でしかも二度にわたってというのは、さすがにちょっとキツかったですね。

◇18番

 しかし、この17番での出来事にもめげずに、最終18番ホールでピン奥3mほどに付けて、しかもすぐ外側にミジョンさんのボールが止まったために最高の先生までもが付いてきた、というシチュエーションに持ち込んだ茂木さん。

が、ミジョンさんのラインを参考にしても、それでもあまりにも微妙だった下りのラインへのパッティングは、ほんのわずかにカップ右にそれて、惜しくもバーディーならず。

ということで、全体的には、いいこともそうでないこともあったけれど、これがゴルフというのもなのかもしれないなと改めて思った1日でした。

なお、2日目は最終組ひとつ前でホールアウト時間が遅くなっていたこともあり、練習はなしで、そのまま上がっていかれました。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 ウェアは・・・TVにもたくさん映っていた通りのピンクと言うかどちらかと言うとオレンジ系のスカートでした。

ただ、実は最終組は3人が3人ともピンク系のウェアで揃っていて、成田いづみさんは全身ピンク、米山みどりさんもパンツがピンクでした。

もしかしたらホンモノのピンクパンサーが最終日にピンクで固めてくることを予想して、みなさんあえて2日目にピンクを持ってきたのかもしれませんが。

◇プレー

 茂木さんのひとつ後ろを回っていたのですが、なぜかなかなか観る機会がなくて、10番と11番の折り返しで少し観ることができただけでした。

ただ、どうやらとにかくショットは素晴らしかったものの、パッティングがなかなか、という展開だったようです。

| | コメント (0)

初日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpgai_090612s.jpgnatsu_070611s.jpg

マスターズGCレディース@マスターズゴルフ倶楽部(兵庫)、初日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 白いピンク淵のバイザー、黄色のウェアに蛍光色のピンクのパンツで朝の練習に現れた茂木さんですが、スタートの時点では白いウェアになってました。

今日はかなり暖かかったですが、それでもやはり朝晩は少し冷えますからね。

◇全体

 まず、プレー全体の印象としては、粘るところをしっかり粘って、そしてチャンスをしっかりものにしつつ、幸運もあったかな、と。

では、ポイントとなったホールを振り返ってみます。

◇1番

 アウトスタートはそれほど難易度の高くないパー5から始まるわけですが、ここでの茂木さんのサードショットはグリーン面を捉えたものの、硬いグリーンで止まらずにわずかに奥のラフにこぼれます。

しかし、ピンまでの距離のあまりない難しいアプローチをほんの少しだけ上げてグリーンエッジから軽く転がしていくと、そのまままっすぐピンに向かって、コロンと入っちゃいました。

スタートホールでのこのチップインバーディーには、茂木さんもとても嬉しそうでした。

◇12番

 2番以降はずっとパーパーパーと来て折り返し、さらに10番11番と難しいパー4もパーでしのいで迎えた12番パー5。

朝からの強めの風が完全なフォロー方向になったこともあり、距離的にはかなり短めのサードショットをピン手前1.5m弱にピタリと付けて、ほぼまっすぐの上りのラインが残ります。

それでもかなり時間を掛けて慎重にラインを読み、そして打ち出したボールはカップに向かい、カップに吸い込まれたかと思った瞬間、クルリと回って戻ってきてしまいました。

◇13番

 この12番のクルリで少し気落ちしたかと思われた茂木さんですが、続く13番で奥のカラーからの軽く10m以上ある長~いパットが大き~いスライスラインを描いてカップに向かい、なんとそのまま吸い込まれてしまいます。

これには観ている方も、キャディさんも、そしてたぶん茂木さん本人もビックリ。

実はその前に茂木さんの少し外側のラフからのキム・ソヒさんのアプローチがかなり似たラインをたどっていたのですが、これが2m以上オーバーしてしまっていました。

なので、まず心配したのが大きくショートするのではないかということだったんですが、非常に高速なラインであったが故に、むしろそれがいいタッチとなって、完璧な距離感を実現したのではないかと。

いや、ホントに、普通に考えて、とても入るパットではなかったんです。

でも、入っちゃいました。

◇14番

 13番がミラクルバーディーだったのに対して、14番パー3では完璧なティーショットで手前のピンの手前1.5mを捉えてピタリと止めると、上りのほぼまっすぐのラインを綺麗に真ん中から沈めてバーディーを奪いました。

スコアシート上では○、○、と表記されるだけですが、この2ホールのバーディーの内容は全く違ってましたね。

とは言え、スコア的にはこの連続バーディーで通算-3とし、一時的にではありましたが、単独首位に立ちました。

◇17番&18番

 上がり2ホールは粘りのプレーとなりました。

池越えの長い17番パー3では左のラフに落としながらもアプローチで1mほどまで寄せて上りのパッドを残すも、これがわずかに横を抜けてしまって、△。

そして18番パー4では左のラフからのアプローチがすーっとカップを過ぎてしまい、2mほどの長いパーパットが残ってしまいました。

が、これをじっくり時間を掛けて集中力を高めてから、気合でしっかり沈めて、ナイスパーセーブ。

特にこの最終ホールの最後のパットは、初日のスコアをきっちりと締めただけでなく、本人の心理的にも満足感が全く違うでしょうし、それは間違いなく明日以降に繋がると思いますね。

◇ホールアウト後

 ホールアウト後にハウスに一旦戻ってからしばらくしてから出てきた茂木さんは、レンジ&パッティンググリーンでしっかりと練習してから、コースを後にしました。

実際にこの目で観るまでは正直手首の具合が不安だったりはしたのですが、これだけしっかりと練習をできているということで、かなり安心しました。ほっ。

◆西川藍さん
◇ウェア

 黄色のウェアに、なんというか黄色と濃い緑?黒?のチェックのパンツで、パッと見結構目立ってました。もちろんパーソンズ、で。

◆永井奈都さん
◇ウェア

 白いバイザー、ピンクのウェアにグレーのパンツと、ちょっと茂木さんと似た感じのナツさんでした。

◆日下部智子さん
◇ウェア

 白いバイザー、白いウェアに黒いパンツとシックな感じの智子さんは、茂木さんの3組前で10番をパーで切り抜けたところを観れました。

| | コメント (0)

祝・御結婚

mogi_070604s.jpg

茂木宏美さん、御結婚おめでとうございます。

もちろん、これからもツアー出場は続けるとのこと。

同じく新婚さんとなって好調となった竹末裕美さんのような例もあります。

茂木さんも、新婚さん効果(?)で、私生活も好調、プレーも好調、となればいいですね。

本当に、おめでとうございます。

末永く、お幸せに。

| | コメント (2)

SANKYO後日談

mogi_070604s.jpg

茂木宏美さんのSANKYOの3日間は、非常に充実した3日間だったようですね。

完全地元の赤城CCではなくなったとは言え、エリア的にはまだまだ全然地元ということで、たくさんのギャラリーが駆けつけていたはず。

その中で初日の前半に少々危うくなりながらも、そこから予選通過まで持って行き、そしてしっかりと最終日までプレーできたこと。

それが久しぶりの復帰戦だっただけに、なおさら嬉しかったでしょうね。

この気持ちを忘れずに、これからもしっかりとプレーしていってもらえれば、応援している方にとってもこれほど嬉しいことはありません。

これから、楽しみです。

| | コメント (0)

欠場・・・その3

mogi_070604s.jpg

日本女子オープンゴルフ選手権競技のペアリングが初日2日前、つまり今日発表されました。

が、茂木宏美さんの名前は、その中にはありませんでした。

1、2週間ではなく、3週間、しかもメジャーをも欠場となると、やはりちょっとひねったくらいではなかったのかもしれません。

ただ、女子オープンの次には、茂木さんにとってのメジャーである、SANKYOレディースオープンが控えています。

なので、この試合に万全のコンディションで出場するために、早く出たい気持ちをぐっと抑えて、我慢しているという可能性もありますね。

ということで、今はただ、来週の水曜日のペアリング発表を待つことにします。

| | コメント (4)

欠場・・・その2~補足

mogi_070604s.jpg

「欠場・・・その2」のエントリへのコメントに関して、少し補足しておきます。

コメントにあった情報については、ある程度は知っていました。

ただ、内容が内容だけに、まずは茂木宏美さんの公式サイトで通知があるまでは伏せておこうと思ったのと、次にサイト通知でのやんわりと触れた内容を見た上で、当サイトでもその方向に従って、あまり詳細に触れることはしませんでした。

こういう情報の取り扱いについては、サイトを運営する上で非常に繊細で難しく、かつ悩むところではありますが、まずは本人からの情報発信を踏まえて、というのが原則になるかなとは思っています。

それは例えば、公式サイトだったり、雑誌記事だったり、新聞記事だったり、あるいは広告だったりが該当すると思います。

ただ、このサイトを見ていただいている方は、やはりそういった公式情報を超えた“特別なネタ”を期待しているというのも、少なからず真実だと思います。

そこで、このあたりの情報の取り扱いの微妙なさじ加減については、いろいろな要素を踏まえた上で、自分なりの基準を持って判断するようにしています。

なので、その基準が唯一絶対だというつもりは毛頭ありませんが、できることなら、このサイトを訪れていただいたみなさんにも、そのあたりのニュアンスを汲んでいただければ、と願って止みません。

| | コメント (0)

欠場・・・その2

mogi_070604s.jpg

先週のマンシングで急遽欠場となった茂木宏美さん。

今週のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント@利府ゴルフ倶楽部(宮城)のペアリングに注目が集まりました。

が。

初日ペアリングに、名前はありませんでした。

やはりマンシングで痛めたという話は本当で、しかもすぐに直るというものでもなかったのかもしれませんね。

心配です・・・。

追伸:

夜に公式サイトが更新されました。

やはり手首を痛めていたようですね。

この後はメジャー大会と、茂木さんにとってのメジャー大会が控えていますので、なんとかそこまでには元気な姿を見せてくれるように祈っています。

| | コメント (4)

欠場・・・

mogi_070604s.jpg

マンシングウェアレディース東海クラシック@南愛知カントリークラブ美浜コース(愛知)、初日。

・・・の速報から、茂木宏美さんの名前が消えていて、不思議に思っていました。

が、どうやら、急遽欠場となった模様です。

会場には姿を見せていて、朝の練習もしていたそうですが、スタートの時点ではティーグラウンドにはウェイティングから繰り上がった村田理恵さんが立っていたと。

どこか痛めたのかもしれないとの話もあるのですが、詳しいことは分かりません。

とにかく次の大会で、茂木さんの元気な姿を見れるように、心から祈っています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧