« エリエール最終日 | トップページ | 最終戦初日組合せ »

最終日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

大王製紙エリエールレディスオープン@エリエールゴルフクラブ松山(愛媛)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 白いバイザー、ブルーの上着に赤いパンツで朝の練習に現れた茂木さんは、朝から思ったほど寒くなかったこともあり、やがて黒&白のボーダーでのプレーとなりました。

◇前半

 10番からのスタートとなった最終日は、バーディー逃しのパーに続き、パー5ではサードショットが少しミス気味になるもパー、さらにワンピン強に付けつつも惜しくもパーとパープレーが続きました。

そしてエリエール松山名物(?)のギャラリーからは全く観えない14番パー4で△とし、さらに軽い左ドッグレッグで打ち上げの難しい15番パー4ではグリーン右手前を捉えるも、長い超フックラインパットが大きくしょーとしてしまい、さらに思い切って打ったパーパットが抜けてしまって△。

しかし、これで気落ちするかと思いきや、むしろいい意味で吹っ切れたかのように、17番パー5で抜群のドライバーショットから見事に2オンに成功すると、5mほどのイーグルパットは惜しくもカップを抜けたものの、少し長めの返しをしっかりと決めてのバーディー。

後半に繋ぎます。

◇1番

 18番からくるりと折り返す1番パー4ではセカンドショットがグリーンを捉えるも奥のラフまで行ってしまい、下り気味のアプローチがピンをかすめるも通り過ぎて、1.5mほどのパーパットが残りました。

が、ここでグリーン右手前少し離れた場所で見ていたギャラリーがかなり大きな声で話していて、キャディさんや選手たちが何度もそっちを見て手を挙げているのに一向に黙る気配はなく、仕方なくそのままプレーした茂木さんのパーパットの結果は・・・。

◇2番

 後半の出鼻をくじかれた格好になった茂木さんですが、続く2番パー4ではセカンドをピン左手前6mほどに付けると、やや上りの軽いスライスラインを強気に打ち切って、綺麗に真ん中から沈めて、それはもう嬉しそうにキャディさんとグータッチ。

◇4番

 3番パー3はグリーン奥から2パットで沈めて、続く4番パー4ではウッドでFWを捉えた後のセカンドショットが、ピンにまっすぐ飛び出すと、そのまま少し手前に落ちて、あわやチップイン!

もちろんお先にOKパットでバーディーとしたわけですが、このセカンドショットはローピングの関係上少し離れた位置から観ていたものの、それでも完璧に芯を食った、心地よいインパクトの音はしっかりと聞こえていました。

◇5番

 このセカンドの手ごたえを持って迎えたチャンスホールの5番パー5では果敢に2オンを狙い、惜しくも左手前のバンカーに捕まるも、鮮やかなバンカーショットでしっかりと寄せると、これを決めてナイスバーディー。

これで通算1アンダーとし、残り4ホールにわずかではあるものの、望みを繋ぎました。

◇終盤

 宮崎に向けての運命の最終4ホール。

6番パー4はピン左手前からのワンピンほどのバーディーチャンスに付けるも、わずかに抜けてパー。

7番パー4はピン左横ワンピンほどのバーディーチャンスに付けるも、わずかに入らずパー。

8番パー3はグリーン奥のラフに止まるも、アプローチが思うように寄らずのパー。

9番パー5はピン左手前5、6mほどに付けるも、思い切って打ったパッティングはわずかにカップをそれてパー。

茂木さん本人も、キャディさんも、そして観ているギャラリーも、ぐぐっと力が入って、あぁ・・・と天を仰ぐシーンの連続でした。

◇ホールアウト後

 アテスト後に茂木さんと少し話す機会がありました。

と言っても、いろいろ思うところはあるものの、やはりなかなか言葉にすることはできず、この一言だけを伝えるのが精一杯でした。

「1年間、お疲れさまでした。」

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 今回は茂木さんを観終わった時点で、かなりの脱力状態に陥ってしまい、その後にゆかりさんの優勝争いを観に行く気力がどうしても沸いてきませんでした。

なので、帰りの便を待つ間に、街頭のTVで最終ホールの様子を見て、届かなかったことを知った次第です・・・。

|

« エリエール最終日 | トップページ | 最終戦初日組合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリエール最終日 | トップページ | 最終戦初日組合せ »