« マスターズ2日目 | トップページ | マスターズ最終日 »

2日目観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

マスターズGCレディース@マスターズゴルフ倶楽部(兵庫)、2日目観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 緑淵の白いバイザーに紫&黒のチェックを羽織り、白いパンツで朝の練習に向かった茂木さんですが、練習が始まるとすぐにグリーンの長袖ウェアになっていました。

ちなみにこのウェアについては、同組のミジョンさんが優勝争いをしていたこともあり、ちょこちょことTV放送の背景で映っていたかなと。

◇前半の前半

 前半のプレーはまさに山あり谷ありの波乱に富んだ展開となりましたので、順番に行きましょう。

1番パー5では、ミジョンさんのティーショットが左のカート道で跳ねてあわやギャラリー(しかも74期生関係者)直撃というシーンもありつつ、茂木さんはFW、FWからピン奥2mほどに付けると、下りのラインをすーっと流し込んでのおはようバーディー。昨日に引き続き、幸先良いです。

続く2番パー4では、タミーさんのティーショットが左の木に突っ込んでそのまま出てこず、選手+キャディさん全員で木の中を探してなんとか見つけて競技委員を呼んでアンプレの処置をしたりしつつ、茂木さんは左の深めのラフからのセカンドがややラフに負けたのか右のバンカーに入り、そこから寄せ切れずに惜しくも△。

3番をバーディー逃しのパーとした後の4番パー3では左のラフからの高い打ち上げアプローチがオーバーしてしまい△。

◇5番

 そして5番の打ち下ろしのパー4で、試練が訪れます。

左ドッグレッグの最短距離を狙った茂木さんのティーショットは、おそらく思ったよりも左に飛び出すと、そのままコーナー部のバンカーに落ちた後、さらに奥まで転がって土手に当たると、ちょびっとだけ戻って土手のすぐそばで止まってしまいます。

グリーン方向に打つことができないため、横に出すだけとなった後の3打目はわずかに短く右手前のラフに止まり、さらにアプローチが3mほど奥までオーバーし、残った下りスライスの厳しいパッティングがわずかにショートして、□。

これにはさすがにショックを受けただろうと想像されるのですが、続く6番パー4では気を取り直してピン右手前2mからの上りフックラインに付けるも、これがほんのわずかにカップをそれて、パー。

◇8番&9番

 6番での心機一転挽回のチャンスを逃したことで、気落ちしたかなと思われた茂木さんですが、7番をパーとした後の8番パー5ではFW、FWからピン手前3mに付けると、ほぼまっすぐの上りのラインを真ん中から沈めてバーディーとします。

さらに9番パー4では上の段のピンの右手前2mにピタリと付けると、これも真ん中からしっかりと決めて、連続バーディーを奪います。

振り返ってみると、通算アンダーでハーフターンを迎えていい精神状態で後半に臨めたということで、2日目のラウンドにおけるこの2つのバーディーの意味は非常に大きかったです。

◇後半

 ただ、それでも、後半のプレーはどうにもこうにもシビれる展開が続きました。

まず10番パー4では、タミーさん共々ティーショットが右の斜面のラフに行き、出しただけの後の3打目が方グリーンで止まらずにかなり奥(7~8m?)まで行ってしまい、そこから2パットで△。

11番を4mのパーオンからパーとし、続く12番パー5のセカンドショットは引っ掛かった感じで左に飛び出たものの、木に当たり、カート道で跳ねて、幸運にもラフに戻ってきました。さらに3打目はラフに食われてショートしたもののアプローチでしっかり寄せて、ナイスパーセーブ。

13番14番15番16番とアプローチあるいはパッティングでカップをかすめながらも惜しくもパーを続けた後、17番で少々トラブルが起きます。

◇17番

 グリーン右手前にショートした茂木さんが砲台グリーンに向かってアプローチをしようとした時、そのライン上にふわふわマイクを持った音声さんがいたため横に移動してもらったんですが、一旦止まった後にさらに離れていこうと動いたために今度は止まっててくださいとお願いする羽目になってしまいました。

結果、このアプローチは大きくオーバーして奥のラフまで行ってしまい、2度目のアプローチはあわやチップインパーに迫ったもののわずかに切れて、△。

実際こういうケースは、スタッフさんだったり、ギャラリーだったり、動物だったり、飛行機だったり、といろいろあるというのはもちろん承知していますが、それでもあの大事な場面でしかも二度にわたってというのは、さすがにちょっとキツかったですね。

◇18番

 しかし、この17番での出来事にもめげずに、最終18番ホールでピン奥3mほどに付けて、しかもすぐ外側にミジョンさんのボールが止まったために最高の先生までもが付いてきた、というシチュエーションに持ち込んだ茂木さん。

が、ミジョンさんのラインを参考にしても、それでもあまりにも微妙だった下りのラインへのパッティングは、ほんのわずかにカップ右にそれて、惜しくもバーディーならず。

ということで、全体的には、いいこともそうでないこともあったけれど、これがゴルフというのもなのかもしれないなと改めて思った1日でした。

なお、2日目は最終組ひとつ前でホールアウト時間が遅くなっていたこともあり、練習はなしで、そのまま上がっていかれました。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 ウェアは・・・TVにもたくさん映っていた通りのピンクと言うかどちらかと言うとオレンジ系のスカートでした。

ただ、実は最終組は3人が3人ともピンク系のウェアで揃っていて、成田いづみさんは全身ピンク、米山みどりさんもパンツがピンクでした。

もしかしたらホンモノのピンクパンサーが最終日にピンクで固めてくることを予想して、みなさんあえて2日目にピンクを持ってきたのかもしれませんが。

◇プレー

 茂木さんのひとつ後ろを回っていたのですが、なぜかなかなか観る機会がなくて、10番と11番の折り返しで少し観ることができただけでした。

ただ、どうやらとにかくショットは素晴らしかったものの、パッティングがなかなか、という展開だったようです。

|

« マスターズ2日目 | トップページ | マスターズ最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスターズ2日目 | トップページ | マスターズ最終日 »