« 選手権最終日 | トップページ | マンシング初日組合せ »

最終日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpgtakesue_050501a.jpg

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯@グランデージゴルフ倶楽部(奈良)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 ピンクのバイザー、ピンクのウェアに、ピンクのショートパンツと、全身ピンクで固めてきた茂木さんは、朝から暑くなりそうな予感の中、いつも通りに練習を終えると、もちろん1番ホールからスタートしていきました。

ちなみに同組のルイさんは前は白、後ろは黒のウェアを着ていたので、4番ホールで後姿を見て、あれ?いつのまに着替えたの?とビックリしてしまいました。気付くの遅っ。

◇1番

 本日最終日はホール・バイ・ホール、それなりに覚えております。

1番パー4ではFW右サイドから、傾斜のすぐ上のピン右手前ワンピン弱に付けると、上りフックをしっかり打って、幸先よくおはようバーディー。

昨日はこういうところでどうしてもパターが入らなくて難儀しましたが、最終日は初日同様にバーディー先行で貯金ができたと言うことで、期待が高まりつつ、次のホールに向かいます。

が、2番パー4では、FWからのセカンドショットがピン右手前のグリーン端になんとか乗ったものの、ファーストパットを大きくショートしてしまい、1m以上残ったパーパットを決めきれずに、△。

◇6番

 3番パー3は右手前バンカーからのミラクルショットでパーで切り抜けると(ここでは同組のキム・ナリさんとの技の競演となりました)、4番5番もパー。

そして6番パー3でのティーショット後の茂木さんの姿勢が崩れていたのでショット良くないのかな?と思って見失ったボールが落ちてくるのを待っていると、ピン右側でグリーンを捉えると、ワンピンくらいに止まって、一安心。

ここからの軽い下りのフックラインをじっくりと読み、アドレスをし、そしてストロークして放たれたボールは、綺麗にラインに乗って転がると、そのままカップにコロン。

うん、文句なしのバーディーでした。

さらに続く7番パー4では、大事なティーショットをしっかりとFWに置くと、そこからのセカンドショットはピン筋真っ直ぐに飛んで、ピン左1mにピタリ。

止まった位置がピン横方向だったため、わずかに曲がると思われる慎重にラインを読んで、そして、もちろんバーディー。

◇8番

 連続バーディーで-5とし、いい流れになってきた中での8番パー5ではしっかりとFW、FWと繋いでからのサードショットが、グリーンを捉えることなく、そのまま奥のラフにズボリ。

これはアドレナリンが出すぎたのかもしれませんが、続く下りのアプローチは今度は大きくショートし、そこから2パットで△と、ちょっとかみ合わない感じになりました。

そしてハーフターンの後の11番パー4で、いやな感じが現実になります。

ティーショットがわずかに突き抜けて左のラフに入り、入り際の最も”もしゃもしゃ”度の高いラフからのショットはある程度想定内であろう花道に止まります。

しかし最近の茂木さんのリカバリー能力を考えるとそれほど心配せずに観ていたところ、このアプローチがなんとワンピン以上ショート。

少し深く入ったのか、少しダフったのか、とにかく残ってしまった長いパーパットを思い切って打ち、少し長めの1m弱の返しのパットをまぁ入るだろうと半身に歩き出しかけたところで、これがカップをスルー。

まさかの□としてしまい、不穏な空気が漂い始めます。

◇12番

 が、続く12番パー3では、ピン右手前2mほどに付けると、上りのラインをしっかりと打ち切ってバーディーとし、不穏な空気を断ち切ります。

と思いきや、13番パー4ではグリーン左端からの長~いファーストパットがショートし、残った1mほどのパーパットがカップをまっすぐ抜けてしまい△。

14番パー4のバーディーパットは決まらず、15番パー4では、ティーショット右のラフから潔くセカンドを刻んだ後のサードショットでピン上3mほどに付けるも、これが入らずに△。

じりじりする展開が続きます。

◇16番

 しかし、16番パー4で、茂木さんが気合を見せます。

ティーショットが右のバンカーに捕まり、思い切ってグリーンを狙ったショットは手前のラフに捕まり、さらにアプローチが2mほどショートという、この後の難しい上がり2ホールのことを考えると、かなり大きな意味を持つパーパット。

これを、気合で、間違いなく気合で沈めてパーセーブとした茂木さん。

終盤に来てつかんだこのいい流れは、次の17番パー3での惜しいバーディパットでも途切れることはありませんでした。

◇18番

 最終18番パー5では、440Y(?)と短くなっていたこともあり、果敢にツーオンを狙い、わずかに右奥のカラーにこぼれたものの、これを1m強に寄せて、そして気合で沈めて、ナイスバーディーフィニッシュとしました。

うん、これは間違いなく次に繋がる、いいフィニッシュでした。

ちなみに茂木さんの近くのラフにこぼれたルイさんのアプローチは、真ん中の段から1段駆け上がり、傾斜で流れてフックしていくと、そのままコロンと入っちゃいました。

その瞬間、ルイさんは両手を上げてぴょーんと飛び跳ねて喜びを表現していましたが、このチップインイーグルにはスタンドで観ていたギャラリーのみなさんも大喜びだったでしょうね。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 最終組で優勝争いをしていたゆかりさんですが、実は最終日は全く観ることができませんでした。

というのも、朝は茂木さんが先にスタートしてしまったので観ることができず、途中の折り返しホールとかでもすれ違うことがなく、そして茂木さんホールアウト後はギャラリーバスの大行列を恐れてさっさと会場を後にしてしまったのです。

でも、少しくらい、観たかったなぁ・・・。

|

« 選手権最終日 | トップページ | マンシング初日組合せ »

コメント

こぶさん詳細なレポートありがとうございました。
茂木ファンとしては、2日までの結果をしれば、もう少しと皆が思ったこととおまおいます。
でも、最終ホール2オン狙ったショットに希望を見ました。
これから愛知・宮城と転戦しますが、狙うべきは絶対「日本女子オープン」です。
茂木さんにはいま、その力があると思います。

投稿: | 2010/09/13 21:47

???さん:
 メジャーはそうそう狙って取れるもんではありませんので、いいプレーを続けて、チャンスが来た時にものにできることを願いますし、それがメジャーであれば言うことなし、だと思います。

投稿: こぶ | 2010/09/14 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選手権最終日 | トップページ | マンシング初日組合せ »