« 選手権3日目 | トップページ | 選手権最終日 »

3日目観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯@グランデージゴルフ倶楽部(奈良)、3日目観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 ピンクのバイザー、黄緑色のウェアに、ピンクのショートパンツの茂木さんは、それほど緊張した様子もなく、最終組でスタートしていきました。

◇ホール・バイ・ホール

 は、エントリのUPが大いに遅れたこともあり記憶があまり定かではありませんので、この日のプレーのイメージを一言でまとめてみましょう。

入らない、パット。

◇もう少し

 ・・・と、これだけではあまりにもさみしいので、もう少し書いておきます。

3日目のプレーとしては、ショットは悪くなく、むしろいい方だったと思いますし、実際ワンピン程度にパーオンするシーンは1番ホール以降何度も見られました。

ただ、どうしても、どうしても、どうしてもボールがカップに入ってくれないのです。

確かに全体的にパットがショート目だったきらいはありました。

が、それでもしっかり打てていた場面もあったのですが、そういう時にはほんのわずかだけラインが違ってしまっていました。

◇パッティング

 パッティングというのは、水物と言うか、入るときは入るけど、入らないときは入らない、それはこれまでの観戦を通じてよく分かっているのですが、それでもやはり選手本人の気持ちを考えると、いたたまれない感じになります。

頼むからひとつ入ってくれよ、と。

そうすれば全てが変わるのだから。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 水色系でまとめたゆかりさんの姿は、17番グリーン上で観ることができました。

茂木さんの14番グリーン上のプレーを観ている時に、ちょうど後ろの17番をプレー中だったのですが、ゆかりさんのプレーが終わる前にこちらは15番に移動してしまったので、あんまりしっかりとは観ることができませんでした。

◆竹末裕美さん
◇ウェア

 確か白黒のボーダーにピンクのパンツだったと思うのですが、ひとつ前の組を回る姿はもちろんチラチラと見えていました。

が、それほど追い着き、待ちまくりというわけではなかったので、プレーの内容を書けるほどには観れませんでした。残念。

◆横峯さくらさん
◇ギャラリー

 久しぶりにさくらさんと同じ組になりましたが、宮里藍さんの出場しない試合でのさくらさんの1番人気っぷりを、しかも休日の晴天の最終組において、心底思い知らされました。

ちょっとでも移動が遅れると、あっという間に大群衆に巻き込まれてしまって、洗濯機の中の洗濯物状態、あるいはアリの行列の中盤のアリンコ状態になってしまいますね。

追伸:

翌日の新聞によると、3日目土曜日のギャラリー数は10065人だったそうです。そのうち半分がさくらさんを観ていたとすると・・・そりゃあ、ああなりますわな。

|

« 選手権3日目 | トップページ | 選手権最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選手権3日目 | トップページ | 選手権最終日 »