« ニトリ初日 | トップページ | ニトリ2日目 »

初日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpgsaito_050607s.jpgtakesue_050501a.jpg

ニトリレディスゴルフトーナメント@桂ゴルフ倶楽部(北海道)、初日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 白いバイザー、薄いグリーンのウェアに、白地にブルー&ブラウンメッシュのショートパンツの茂木さんに追いついたのは9番ホールを上がった少し後。

やはり朝一関空初でも、少しスタートが早いと、どうしてもこのくらいになってしまいますね。

◇10番

 +1で折り返した後の、10番パー5ではFW、FWからグリーン奥の傾斜を利用してボールを戻してピン奥1mに付けて、観始めていきなりのバーディーチャンス。

が、ラインを慎重に読みに読んだこの下りのパットが、わずかに横を抜けて、パー。

◇11番

 これで少し気落ちしているかなと思ったのですが、続く11番パー3ではピン真横でグリーンを捉えた後、ボールは少し転がって5mほど左奥で止まり、この下りのパッティングをギリギリ届くか届かないかくらいの絶妙のタッチでカップに寄せていき、そしてコロンとナイスバーディー。

さらに続く12番パー4では、林越え打ち下ろしのブラインドティーショットをドライバーできっちりFWに置き、セカンドをピン左ワンピン強の距離に付けると、バンカーからの三塚さんとラフからのヤング・キムさんのラインも参考にして完全にラインを読みきった上で、かなり強気のパッティングでしっかり沈めて連続バーディー。

◇13番

 これで流れに乗るかなと思われたのですが、13番パー4ではティーショットが左のラフの、しかもピンに向かっては木が邪魔になるアングルに止まり、ここからのセカンドショットを恐らくインテンショナルにフックを掛けてグリーンを狙ったんだと思うんですが、かなり低く出たボールはグリーン手前でフックしてしまい、左手前のラフに捕まります。

そして右奥のピンに向かってのアプローチが、非常に速いグリーン上のピンを3mほど過ぎてしまい、これが入らずに惜しくも△。

さらに14番、15番では共にピン真横ワンピンに付けながらも、横からの微妙に曲がる下りのラインはやはり難しく、パー。

あ、ちなみに、ずっと池の横を行く15番ホールは、やはり美しかったです。

茂木さんのティーショットが池との間のラフに落ちた瞬間はドキッとしましたが、バウンドしてFWの絶好の位置に出てきたので、あれはきっと狙い通りだったんだろうと思います。

◇16番

 左が崖&クリーク、右がラフ斜面でほぼ逃げ場のない16番パー3では、やはり左を気にしたのか、ティーショットは右に真っ直ぐ飛び出し、そのままラフの窪みへ。

幸いライは悪くなく、アプローチをうまくふわりと上げたものの、高速グリーン下り傾斜でどうにもこうにも止まらず下のカラーまで行ってしまい、2パットで△。

◇17番

 そして17番パー4で試練が訪れます。

軽い右ドッグレッグホールでのティーショットは右に飛び出すと、そのまま右の林に向かい、木に当たってやや右に跳ねると、さらに地面の傾斜で右に転がって、ブッシュに飛び込む寸前で、放送用のケーブルに引っ掛かってかろうじて止まります。

ここで念のため競技委員を呼び、適切に処置をしたものの、やはりライはよくなく、しかも前方の木の間はごくわずかなスペースしかない状態でしたが、ここは見事に木の間を抜いて、FWまで届かなかったものの、FW横のラフまで戻すことに成功します。

そして運命の3打目は・・・ピン少し奥を捉えたものの、やはりラフからで球足が伸びてしまい、左奥のカラーでかろうじて止まりました。

距離的にはおそらく10mはあり、しかも下りスライスという厳しい状況でしたが、かなり近い位置のラフからのヤング・キムさんのアプローチを参考にしつつ、このパットを1m弱に寄せて、なんとか△でしのぎます。

◇18番

 この2ホールでリーダーズボード的にもやや不安を感じ始めてきた中、最終18番ホールで茂木さんが意地を見せます。

ここまでなかなか上りのラインに付けられなかった茂木さんですが、FWからのセカンドショットで間違いなく狙い通りに、ピン右手前3mほどの上りのラインに付けると、これを真ん中からしっかりと沈めて、最終ホールナイスバーディー。

◇ホールアウト

 観ている中でも○あり△ありで終わってみれば後半イーブンでしたが、やはり最終ホールの上がり方がよかったのか、まずまずの笑顔でアテストに向かった茂木さん。

とは言え内心気になることがあったのか、あるいは北海道の涼しい中で一杯練習しておこうと思ったのか、今回はショット、アプローチ、パッティングと入念に長い時間練習していました。

ちなみに、実はこれはどの選手も同じで、みんながずっと練習し続けるもんで、特にレンジはなかなか場所が空かず、結構順番待ちになっちゃってました。

ま、とにかく、上がりの心理的な印象の良さと、その後の練習での念入りな確認は、きっと明日2日目のプレーにいい形で繋がると、そう信じています。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 白バイザー、白いウェアに黒いショートパンツとやや地味目のゆかりさんのプレーは最終18番ホールの観ることができました。

が、5mほどの上りに付けて、かなり思い切りのいいパッティングを見せたものの、ほんの少し、数センチ横を過ぎてのパー。う~ん、惜しい。

◆齊藤美香さん
◇ウェア

 白バイザー、白いウェアにショッキングピンクの長いパンツという、虫対策かなと思われるスタイルの美香さんですが、茂木さんの真裏スタートだったので、プレーは観ることができませんでした。

が、ホールアウト後に、関係者一同のみなさんのところから、姪っ子さんと手を繋いで歩いているところで、少しお話できました(実はちゃんと話すのはすごく久しぶり)。

やはりインの上がりの3ホールが、距離が長かったり、砲台だったりで、なかなか手ごわいとのこと。

◆竹末裕美さん
◇ウェア

 赤&白のウェアで、茂木さんのひとつ前の組を回っていたので、ちょこちょこ観れてはいたのですが、全体的にスコア的にもあまり盛り上がってはいない雰囲気でした・・・。

★明日のペアリング

 いやぁ、来ました。ほぼ理想形といっていいペアリングです。

茂木さん&美香さん&智子さん・・・楽しみっ。

|

« ニトリ初日 | トップページ | ニトリ2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニトリ初日 | トップページ | ニトリ2日目 »