« サントリー2日目 | トップページ | サントリー3日目 »

2日目観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpgarasaki_070626s.jpgtakesue_050501a.jpg

サントリーレディスオープンゴルフトーナメント@六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫)、2日目観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 白いバイザー、白い半袖に、グレーの短パンというやや地味目の茂木さんは、2日目は前日とは打って変わっての早いスタート(といっても8:24でしたが)で10番ホールからプレー開始。

◇前半

 スタートからしばらくはパーオンはするもののバーディーパット決まらずの展開で迎えた13番パー4。

初日もトラブルになりかけた打ち上げの左ドッグレッグのこのホールで、ティーショットはまたしても左のラフへ一直線。

昨日の再現シーンをみるような救済措置のドロップの後のセカンドショットはグリーン面を捉えるも、やはり硬すぎるグリーンで止まらず、そのまま奥のラフまで抜けてしまいます。

そして、奥からの5mほどのアプローチは、もちろん下りなわけで、繊細な距離感が必要とされるこの場面。

茂木さんの放ったアプローチショットは、ふわりと軽く舞い上がると、カラーの少し先に落ち、そこから傾斜でスーッと転がっていき、そのままピンに向かっていき、そしてカッコーン。

このバーディーには茂木さんもさすがに嬉しそうでしたね。

が、ここから波に乗っていけるかと思いきや、なかなかそういうわけにもいかず、ハーフ最後18番ホールでは右ラフの境目からのセカンドが噛んだようで花道で止まり、さらにアプローチが少し奥に行ってしまい、これが入らずの△で、ハーフ終えてトゥデイイーブンで折り返し。

◇後半

 後半はもう、粘って、粘って、さらに粘りまくる展開でした。

特に2番パー4では、FWど真ん中からのセカンドショットがちょっと信じられないようなミスショットで低く右に飛び出してグリーン右手前のラフに捕まり、真ん中の窪んだエリアのピンに対して絶対に寄らないようなシチュエーションにも関わらず、アプローチを右側の段に優しく落とすとギリギリで真ん中への段を駆け下り、さらにゆっくりとフックラインを描いて、50cmにピタリ。

さらに5番パー4では左のラフからのセカンドショットがショートしてグリーン左手前のラフに捕まったものの、打ち上げの難しいアプローチを鮮やかなロブショットで1m強に寄せて、これを沈めてのパー。

6番パー3、7番パー4では結構長めのファーストパットを何とか寄せて、そして8番パー4ではティーショットが右のバンカーに捕まり、そこからのセカンドショットは安全策で花道に落として、寄せワンに全てを掛けます。

が、この大事なアプローチがかなりショートし、2m弱の厳しいパーパットが残ります。

本日最も緊張感の高まったこの場面で、ギャラリーも固唾を呑んで見つめる中、打ち出されたボールは真っ直ぐにカップに向かうと、そのまま真ん中からカップイン。

ふぅ。よかった。

◇最終ホール

 8番で最大のピンチを凌いで迎えた最終9番ホールで、再びの試練が訪れます。

ティーショットが左の深いラフに捕まり、セカンドは花道よりさらに手前のFWに出すだけとなり、8番に続いての予選ワン勝負の展開に。

結構距離のあるアプローチはピンに向かって飛び、ピン少し手前に落ちたものの、軽い奥への傾斜に乗ってしまい、何とかカラーでストップ。

この時点で茂木さんのスコアは+5。そしてこの時点で+6は66位タイ。

茂木さんがボードをどれだけ見ていたかは分かりませんが、少なくともこの瞬間においては、予選通過を掛けた、勝負のパッティングを迎えます。

そして気持ち強めに打ち出されたボールは、カップ手前から左に切れ始めると、そのまま左を抜けてしまい、惜しくもパーならず。

◇ホールアウト後

 ホールアウト後の茂木さんは練習グリーンサイドのボードを見て順位を気にしていましたが、例年通りならカットラインはまだまだ下がってくるので、午後に向けて風も強くなってきてるし、問題ないでしょうと話したところ、少しホッとした表情に。

さすがに今回の展開は精神的にもかなりキツかったようで、少々お疲れ気味の茂木さんでしたが、昼1時には上がってましたし、午後はゆっくりして、今晩は早めに休んで、心機一転明日からの決勝ラウンドに臨んでもらいましょう。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 白いバイザー、白&赤の半袖に、ピンクのショートパンツのゆかりさんのプレーは、一言で言うと、山あり谷あり、でした。

◇前半6ホール

 スタートの10番パー4で2m、12番パー5で右1m、13番パー4で左手前2m、さらに15番パー4で右手前2mに付けると、これらをことごとく沈めて、この時点で6アンダーとします。

ここまでのゆかりさんは、ショット&パット共に完璧で文句のつけようがなく、これは今日はいったいどうなってしまうんだろうと恐れすら感じるほどでした。

◇16番&17番

 そんな恐れを感じたのは観ていたギャラリーだけではなく、ゆかりさん自身もだったのかもしれません。

というのも続く16番パー4ではティーショットが打った直後に手を離してしまい、ボールは左の林の中のラフに一直線。

グリーンに向かって打てる空間が無いかと思われたのですが、そこは上手く通して来たものの、ボールは右手前のバンカーに吸い込まれ、ここから寄せきれずで△。

さらに17番の名物パー3では右手前のラフにショートし、アプローチもショートてしまい、2mほどのパッティングが決まらずで△。

◇4番

 しばらくパーが続いた後の4番パー5では、FW、FWから、厳しいポジションに切られたピンの手前1mにピタリと付けてバーディーを奪い、再び流れを掴みにかかります。

が、7番パー4に落とし穴が。

ティーショットが明らかに左に飛び出して木の近くの深いラフに捕まり、セカンドショットはやはり距離が足らず左手前のバンカーに入ったのですが、この入り方が向こう側の土手に当たって上に跳ね上がってからドンと落ちたために、軽い目玉状態に。

しかもピンがグリーン一番右奥に切られていたため、30Yほどの距離のある非常に難しいバンカーショットに臨んだゆかりさんですが、うまく大きめに打ち出したと思ったボールは、やっぱり硬くて、しかも軽い目玉からということもあってどうにもこうにもスピンが効かずにそのまま奥のカラーまで行ってしまいます。

ゆかりさん自身も『あ~。』とやっちゃったーという感じの声を上げていましたが、さらにこのパットが下りを意識しすぎたのかショートしてしまい、1mほどの△パットが残ります。

そして、ここで、来てしまいました、クルリが。

初日の茂木さんに3回も起きたあの現象が、この大事な場面でゆかりさんにも。

◇9番

 7番の□で気落ちしたのか、8番パー4はパーとしたものの、最終9番パー4でも再びティーショットを左のラフに打ち込んでしまい、木のすぐ後ろの変なこぶの途中からちょっと信じられないようなショットでグリーンを捉えたものの、3パットとしてしまい△。

◇ホールアウト

 終わってみれば伸ばして伸ばして戻って戻ってのイーブンでした。

が、途中はほとんどの時間で暫定トップに立っていました。

15番までに-4、-5、-6とトップに躍り出て、16番&17番で△としてもまだトップタイ、4番でー5として再び単独トップ、7番で□としても、彩子さんが落としていたためトップタイ、とここまで実質トップを走り続けていたのです。

そして最終9番をもしパーで切り抜けていたら-3でトップタイだったわけで、何とも悔やまれる展開でした。

が、問題はムービングサタデーと言われる明日3日目をどうプレーするかだと思うので、2日目の展開をゆかりさんの中で上手く消化して、明日に臨んでほしいですね。

あ、ちなみに、ホールアウト後のゆかりさんは、レフ版付きでインタビューを受けていました。

◆竹末裕美さん
◇ウェア

 う、覚えていません。すいません。

スタート時点から同組の斉藤裕子さんが体調不良で棄権していたため、新崎さんとの完全74期生ペアリングとなっていました。

◆新崎弥生さん
◇ウェア

 竹末さんのウェアを覚えていなかったのには実は理由がありまして、それは新崎さんのウェアが非常に印象的だったからです。

蛍光感の水色のバイザーに、白い半袖に、蛍光感の水色のスカート、そして白いハイソックス。

オレンジ系のウェアを見慣れているだけに、この鮮やかな色合いのウェアは、とてもまぶしかったですね。

◆永井奈都さん
◇ウェア

 ピンク系のウェアでした。が、それ以上プレーを観る機会はなく・・・。

|

« サントリー2日目 | トップページ | サントリー3日目 »

コメント

こぶさん、サントリーレディース初日・二日目観戦お疲れ様でした。

観戦記は、服装・雰囲気等の状況がわかって本当にありがたいです。

速報でのスコアの変動が記事で凄く良くわかりました。

今回はラフが深く、グリーンが硬いタフなコンディションで全体的にスコアが伸びなかったですね。
その中で馬場さんが2Tで好位置につけてますね。
茂木さんも何とか予選通過し、一安心です。

ムービングサタデーの三日目の活躍に益々期待が高まります!

投稿: タク | 2010/06/11 23:46

タクさん:
 2日目の茂木さん&ゆかりさんのスコアの動きは、現地ではかなり手に汗握る感じで、その緊張感をいい意味で楽しめました。

ま、本人たちは必死(特に茂木さんは)だったと思いますが…。

投稿: こぶ | 2010/06/12 15:20

2日目の金曜日に家内と2人で観戦しましたよ”
茂木&馬場コンビを17番から6番まででしたが^^
声を掛けようかと思いましたが、何だかそんな雰囲気じゃなくて....

馬場さんは、絶好調な感じが満ち溢れていて(休養たっぷりで!)

茂木さんは、余裕が無くて少し打ち急いでいて....
少し生意気かな?

淡路島から、また機会があれば応援をしたいです♪

投稿: 柴犬おじさん | 2010/06/13 19:15

柴犬おじさんさん:
 機会があればまた応援をしてください。

投稿: こぶ | 2010/06/16 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サントリー2日目 | トップページ | サントリー3日目 »