« フンドーキン最終日 | トップページ | 中京BS初日組合せ »

最終日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

フンドーキンレディース@福岡センチュリーゴルフ倶楽部(福岡)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇スタート前

 前日に博多入りし、とんこつラーメンなど食べてから、会場に向かったのですが、1時間前から30分前になっても茂木さんが練習場に現れず、おかしいと思いながらパッティンググリーンに向かったところ、茂木さんの姿を発見し、ほっと一息。

最近朝クラブハウスから出てくるのが時々早い茂木さんですが、今回は優勝争い中ということもあり、いつもにも増して早かったのかもしれません。

ちなみに、そんな茂木さんのウェアは、白いバイザー、白い半袖に、ピンクのミニスカートでした。

◇前半

 ショットは最近の好調を維持していて、広いグリーンの多いこのコースのほとんどのホールでピンまで5m以内には付けていたのですが、惜しむらくはこれが手前からの上りのラインではなく、真横もしくは奥からのラインがほとんどだったということです。

そのため、バーディーパットがなかなか決まらず、これが結果として、オールパーというスコアになっていました。

象徴的だったのは、6番パー5のサードショットで、スピンが効いてピンから1m強にピタリと付けたのでグリーン周りのギャラリーもおおーっと盛り上がったのですが、茂木さん自身は・・・

ふとももパーン!

実は最初はなぜそんな行動を取ったのか分からなかったのですが、右奥からの1m強のバーディーパットが大きく曲がるフックラインでカップ横を抜けてしまった時点で、その意味を理解できました。

なるほど、と。

◇12番

 後半になってからは少しずつピンまでの距離が開き始めるものの、抜群のアプローチや確実なパーパットでパーを続けていました。

惜しかったのは12番パー4で、セカンドショットをピン右手前1m強に付けたのですが、軽いフックラインの上りのパットがカップ右端からクルリと回って飛び出してしまっての、パー。

◇17番

 16番パー5では、サードショットがショートした後のアプローチで1m残って、このパットが抜けてしまい△とし、続く17番のお花畑&池越えパー3では長めのバーディーパットから2パットでパー。

そして、この17番では、同組のアン・ソンジュさんのショットがピン右手前を捉えると、そこからグリーンの傾斜に乗って大きく左に回り込みながらピンに向かい、カップをかすめてほんの少しだけ奥に止まるという、あわやホールインワンのスーパーショット。

これには本当にシビれました。

◇18番

 が、実は続く最終18番ホールで、それ以上にシビれるショットを目にすることになりました。

そう、茂木さんの。

パー5のFWからのサードショットがピン左手前を捉えると、そこからグリーンの傾斜なりにゆっくりと右に曲がっていき、そのままカップに一直線。

入ればチップインイーグル、とグリーンサイドのギャラリーが大きく盛り上がる中、ボールはカップまであと10cmに迫ります。

が、ボールは惜しくもそこで止まってしまいます。

それでも、ギャラリーからのナイススーパーショットの声も掛かる中、OKバーディーをさっくりと入れた後、ギャラリーの声援に応える時、そしてその後グリーンサイドでキャディさんと話している時の茂木さんは、まさに最高の笑顔を見せていました。

◆馬場ゆかりさん
◇オナー

 ピンクとオレンジの中間色っぽいウェアに白いショートパンツのゆかりさんですが、後半の途中まで、茂木さんが先、その次がゆかりさんという打順に、全く変化がありませんでした。

というのも、アン・ソンジュさんは○だったり△だったりでスコアの変動があったため、オナーになったり、最後になったりしていたのですが、10番でゆかりさんの△はあったものの、実に16番までは茂木さんがティーショットを打って、ゆかりさんがそれを越えていくというシーンをずっと観ることになりました。

◇16番

 軽い打ち上げながらも467Yと短い16番パー5で、セカンドを刻んだ茂木さんに対して、ゆかりさんは軽いフォローの中、果敢にツーオンを狙ったものの、これが引っ掛け気味に左に出て、そのまあグリーン左手前のラフに捕まります。

しかしここからカップ周りの複雑な傾斜をしっかり読み切っての非常に上手いアプローチでカップ下1m弱に付けると、これをきっちりと決めてバーディーとし、ここで初めて茂木さんとの打順が逆転しました。

◇18番

 そして最終18番では、サードショットをピン右手前ワンピンくらいに付けると、微妙に曲がる軽い上りのラインを勢いよく沈めて、バーディー。

茂木さんの笑顔をもよかったですが、この時のゆかりさんの笑顔も最高でした。

これで、茂木さんにとっても、ゆかりさんにとっても、非常にいい形でのフィニッシュとなったので、きっと次に繋がっていくと思います。

|

« フンドーキン最終日 | トップページ | 中京BS初日組合せ »

コメント

こぶさん、フンドーキンレディース最終日観戦お疲れ様でした。
長浜ラーメンを食されて会場入りした訳ですね。博多から甘木は遠かったでしょう。

2日目の茂木さんの好調さ&試合後のインタビューから優勝争いしそうな状況なので、急遽関西から観戦に駆け付けたんですね。

確かに前日の勢いなら優勝は出来たと思います。
2日目は-5のスコアでしたが、他に2つは惜しいパットがあったし、ダブルボギーも唯一15番2打目バンカーでのリカバリーショットミスがなければボギーですんだと思います。

最終日はアプローチショットが寄らずに厳しいゴルフとなりましたが、そういった状況の中で粘り強く安定したゴルフが出来たことが今後に繋がると思いました。

16番の△について補足します。
2日目は15番以外にショットが乱れたホールがもう1つありました。
それが16番です。
ティーショットか少し左にフックしてなんとクリークの岩に直撃、5~7mは上に跳ね上がったでしょうか、
前ホールがダブルボギーだったので一瞬ヒヤッとしました。
ボールは運良く手前のラフに止まり、このホールをパーで切り抜けました。
その記憶があったのでしょうか、最終日は右へ曲げてしまい、このホールをボギーにしてしまったのかなぁ~と思います。

これからの試合が益々楽しみです。

投稿: タク | 2010/05/17 21:06

タクさん:
 いろいろ詳しい情報ありがとうございます。
センチュリー観戦は初めてでしたが、前日のプレーを想像しながらの観戦も、なかなか楽しいものでした。

投稿: こぶ | 2010/05/18 23:38

こぶさんサスガですね。福岡まで。
2日目の再現あるかなと期待してました。

そろそろ優勝の目が見えてきましたね。ステディな茂木さんに爆発力^^
そして今週はブリジストン、ホストプロだし、多いに、アドレナリン出して欲しいですね。

投稿: fjun | 2010/05/19 00:29

皆様初めまして。
本日、宏美プロの実家である「鹿の川」でラーメンと炒飯のセットを食べてきました。
宏美プロが長浜ラーメンを食べたということは、実家が食堂だから故郷を思い出したかったのでしょうね。
先週、公式ブログで実家でラーメンを食べている写真が写っており、どうしても行きたくなり、今日行ってきました。
すごく透き通ったスープの醤油ラーメンで、大変美味しかったです。
宏美プロと同じ空気を感じられ、感動しました。
明日からの、ホステスプロとしての大会で優勝することを応援しています。
しかし、お母さんはソックリでした。感動です。

投稿: おぼちゃん | 2010/05/20 21:24

fjunさん:
 最近の安定感を観ていると、あとはポンポンとパットが入ってくれさえすれば、と感じます。

おぼちゃんさん:
 初めまして。コメントありがとうございます。
ちなみに、茂木さんがとんこつラーメンを食べたかどうかは定かではありません・・・。

投稿: こぶ | 2010/05/20 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フンドーキン最終日 | トップページ | 中京BS初日組合せ »