« ヤマハ最終日 | トップページ | 葛城・山名コース »

最終日観戦

mogi_070604s.jpg

ヤマハレディースオープン葛城@葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇前半

 前半は2番パー3での3人揃っての△、さらに初日2日目と○○と来ていた8番パー4で右手前のバンカーに入れての△と、なかなか思うようにスコアを伸ばせない状況でした。

しかし、前半最終の9番の上りのパー4ではFWセンターからのセカンドをピン手前1mに付けてギャラリーの歓声を誘うと、これをきっちり決めての最終日初バーディー。

いい形で後半に入っていきます。

◇11番

 10番パー4を、セカンドが奥に行き、下りのパットが結構オーバーしたものの、上りのパットをねじ込んでのパーとして迎えた11番パー3。

ティーショットを放った後の茂木さんはビシィッとフィニッシュが固まります。

ボールはピン筋一直線。

そのままピン手前に落ちたボールは、上り傾斜をコロコロと登って行き、、、30cmにピタリ。

もちろん楽々バーディーとしたわけですが、茂木さんのホールインワンを久しぶりにこの目で見れるかと、かなりドキドキしました。

いやぁ、凄かったです。

◇15番

 15番クネクネパー5ではFW、FWと繋いでからのサードショットがピン手前ワンピン弱にピタリ。

ここはピンから奥が下り傾斜気味で、もう少し奥に落ちていたらそのまま奥までこぼれていたであろうと思われるだけに、これはまさに最高のショットと言ってよく、そしてもちろんこれをしっかりと決めてのバーディー。

ホールを完璧に攻め切ってのバーディーだっただけに、茂木さんもとても嬉しそうでした。

◇16番

 しかし、その直後の16番パー4では1mほど残ったパーパットがカップをわずかに抜け、17番パー3を手前にショートの後アプローチでしのいだ後の最終18番パー5ではサードショットでピン1m強に付けます。

ただ、これが左上からの微妙な下り傾斜のスライスラインになり、パットが最後だった茂木さんは今回バッグを担いでいたハウスキャディさんと待っている間ずっとラインとタッチの相談をしていたのですが、やっぱりラインがあまりにも微妙すぎてボールはカップをかすめて過ぎてしまい、惜しくもパー。

トップ10の掛かっていたバーディーパットだっただけに、茂木さん自身も悔しかったとは思いますが、これで最終日イーブンということで、まずまずのプレーだったと思います。

◇ホールアウト

 ホールアウト後の茂木さんは、とてもいい表情をしていました。

難しい葛城・山名コースを厳しいコンディションの中で73・73・72で回れたこともそうなんですが、それよりも、オフにやってきたことが、難しいコースを回る中での一つ一つのプレーの満足感として確かに感じられているからこその、とてもいい表情でした。

うん、これなら、安心です。

|

« ヤマハ最終日 | トップページ | 葛城・山名コース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマハ最終日 | トップページ | 葛城・山名コース »