« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

サイバー初日

lpga74_020808s.jpg

サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント@鶴舞カントリー倶楽部(千葉)、初日。

1位 有村智恵 -3
10T 茂木宏美 0
18T 日下部智子 +1
    西川藍
33T 紫垣綾花 +3
48T 北田瑠衣 +4
    馬場ゆかり
81T 新崎弥生 +6
    齊藤美香
102T 馬場由美子 +10
105T 永井奈都 +11

茂木さん、好調ですね。

今回の鶴舞も井上誠一設計のなかなかハードなコースのようなので、茂木さんには合ってるのかもしれません。

最近はどちらかというと我慢我慢の中からチャンスをモノにするという展開の方がうまくいくように思いますしね。

明日以降、楽しみです。

そして、美香さん、明日、気合で取り戻してくださーい。

| | コメント (0)

サイバー初日組合せ

lpga74_020808s.jpg

サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント@鶴舞カントリー倶楽部(千葉)、初日組合せ。

◇No.1 Tee Start
1(08:00) 全美貞 一ノ瀬優希 日下部智子
5(08:36) 馬場ゆかり 前田久仁子 表純子
11(09:30) 茂木宏美 申ジエ 福嶋晃子
12(09:39) 古閑美保 アン・ソンジュ 北田瑠衣

◇No.10 Tee Start
21(08:22) 森桜子 紫垣綾花 イ・ジウ
23(08:40) 新崎弥生 李恩惠 木村敏美
24(08:49) 頓所由夏 永井奈都 リ・エスド
32(10:01) 馬場由美子 久保啓子 スージー・マシューズ
36(10:37) 齊藤美香 西川藍 三橋里衣

今回の注目は、まずはやはり最近好調を維持している茂木さん、そしてゆかりさんです。

さらに、より注目すべきは、第36組。

そう、美香さんと、西川の藍さんの74期生ペアリングです。

美香さんにとっては、今シーズン初のレギュラーツアー出場となります。

久しぶりなのでいろいろ期するところもあり、緊張もするでしょうが、なんとかいいプレーをして、最終日につなげてほしいと思います。

| | コメント (0)

川奈富士その2

lpga74_020808s.jpg

今回初めての観戦となった、日本有数の名コース、川奈・富士について、もう少し。

茂木宏美さんがベタピンバーディーを奪った11番パー3ですが、打ち上げのこのホールの左サイドは崖から海に続いています。

そしてその向こうには熱海(?)が見えていたのですが、さらにその先にも見えていたものがありました。

それは

・・・

富士山

・・・

関東の方にはピンと来ないかもしれませんが、関西在住の人間からすると、富士山って結構見れそうで見れないもんなんです。

新幹線に乗る時にできるだけ北側の座席に座るようにしていても、天気が良くなかったり、暗かったり、すっかり夜だったりで、綺麗な富士山の全景というのは意外と見れないんですよね。

なので、個人的には、この景色を見ただけで、かなりテンションが上がりました。

しかも、ベタピンバーディーでしたからね。

いろんな意味で、最終日印象に残ったホールとなりました。

| | コメント (0)

川奈富士その1

lpga74_020808s.jpg

今回初めての観戦となった、日本有数の名コース、川奈・富士ですが、その印象を少し。

まず、海が綺麗だなぁ、と。

最終日は近年稀に見る(?)好天に恵まれたこともあり、2番、8番、12番、16番などの海に向かって打ち下ろしていくホールでは、グリーンの緑と太平洋の青とのコントラストが非常に美しく、非常に印象的でした。

特に海に沿って打ち下ろしていく16番パー5は、TVの映像で見ているよりもはるかにスケールが大きくて、これかぁ・・・としばらく見とれてしまうほどでした。

そして、もうひとつ思ったのは、よくこんなところにゴルフコースを造ったなぁ、と。

何しろ平地がほとんどありません。

パー3を除いてのフラットなホールというと、14番パー4しかないんじゃないでしょうか。

それ以外の全てのホールが、山に向かってのものすごい打ち上げか、海に向かってのものすごい打ち下ろしかのいずれかです。

しかもどのグリーンも、17番パー3に代表される小さな砲台グリーンということで、もし自分で回ったら随分苦労しそうだなぁと。

最後に、やはり灯台です。

TVの映像で見ているともっと大きいのかなと思っていたのですが、結構小さくて意外でした。

でもこの灯台はギャラバスからも見えていたので、あの大きさでも灯台としては十分なのかなと思ったり。

そしてその灯台のほとりから打つ、エキストラホール。

普段は使われていない短いパー3なのですが、このホールだけでも回ってみたいなぁと思いました。

ぺブルビーチの7番パー3を髣髴とさせる、その雰囲気。

最高でした。

| | コメント (0)

Happy Birthday 茂木さん

mogi_060225s.jpgmogi_060225s.jpgmogi_060225s.jpg

茂木宏美さん、Happy Birthday !!

今年はついに試合会場で最終日に迎えた誕生日。

みんなにお祝いしてもらえてるでしょうね。

いい誕生日になりますように。

| | コメント (1)

最終日観戦

mogi_070604s.jpgarasaki_070626s.jpg

フジサンケイレディスクラシック@川奈ホテルゴルフコース富士コース(静岡)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇前半

 激しい打ち下ろしの2番ホールのセカンドショットはグリーンかなり右手前のラフに止まり、そこからアプローチがかなりオーバーし、返しが入らずの△。

そこから惜しいパー、あるいはナイスパーセーブを続けて迎えた8番パー4では、海に向かって打ち下ろしの左側のFWからグリーン右に切られたピンに対して、左4mほどを見事に捉えると、最後に大きく右に切れるラインをしっかり読みきってのジャストタッチでナイスバーディー。

そしてこのまま前半イーブンで折り返します。

◇11番

 後半はかなりめまぐるしい展開となります。

まず11番パー3でベタピン1mに付けて簡単にバーディーを奪ったかと思うと、続く灯台への12番パー5ではFW、FWからのサードショットが2段グリーンの段に落ちて、そこからスピンと傾斜でずずずーっと戻ってしまい、残った段越えの長ーいパットが大きくショートし、さらに次も決まらずの△。

これで再びのトゥデイイーブン。

◇14番

 しかし山に向かう14番パー4でFWからのセカンドをピン手前5mほど(?)に付けると、これを綺麗に流し込んでのバーディーとし、ここで再びー5とします。

この14番や次の15番にはスコアボードがあったのですが、ちょうど15番のあたりでトップの服部真夕さんが後ろで△として-9とし、この時点でトップと4打差。

そして15番パー4で右手前ラフからのアプローチの後の1.5mのパーパットを気合でねじ込んでのナイスパー、さらに16番パー5で奥に突っ込んでしまい、左足下がりから砲台グリーンの手前ギリギリのピンへの最高難度のロブショットが必要とされる局面で、まさに理想通りのショットをカラーに落として2mに寄せると、これもねじ込んでの連続ナイスパーセーブ。

そうこうする間に真夕さんが□としたため、この時点でトップと2打差となります。

◇17番

 名物の超砲台17番パー3では奥一杯に付けた後の下りのパットがかなり強めに打ち出された後カップに一直線に向かうと、カップの真上を通り過ぎかけたところで向こうの淵に当たってボンッと上に飛び跳ねたものの、止まり切らずにそのまま1m以上転がっていってしまいます。

それでもこの上りのパットをねじ込んで-5のまま最終18番に繋いだわけですが、このパット、もしカップの淵に当たっていなかったら、そのまま超砲台の急斜面を転がり落ちてしまっていたかもしれない、そのくらいの勢いでした。

◇18番

 18番を迎えた時点で朴仁妃さんがー5でホールアウト組では最上位スコアだったため、このまま-5以上、2打差以内でホールアウトできれば後は後続をドキドキしながら観ることになる、という状況でした。

そしてFWからのセカンドショットは、グリーン右のピンに対してやや左目に飛び出してグリーン面を捉えたもののやや大きく、そのまま奥のラフ、あわやバンカーという場所に止まります。

心配されたアドレスはなんとかラフ一杯一杯で取れてホッとしたのですが、このアプローチはカップよりもややしたのラインに転がり、カップの横を過ぎると、あわやグリーンから転げ落ちて下のバンカーへ、となる寸前でカラーで止まります。

それでも3mほどの上りのラインなので、ここまでの茂木さんのパッティングのタッチならば必ず届くと思って観ていたのですが、ここで痛恨のショート。

ストロークがずれたのか、わずかに芯を外したのか、その原因は分かりませんが、とにかくこの最終日の、特に終盤の茂木さんからはちょっと信じられないパッティングでした。

これで最終ホール△となり、この時点でトップに並ぶ可能性は消えてしまいました。

◇全体

 全体的な印象としては、前半は極力クールに行こうとしていた茂木さんですが、11番のバーディー、そして14番のバーディー辺りからアドレナリンが出ていたというか、気合が入っていたというか、力が入っていたというか、とにかく全てのショット&パットが強め強めになっていました。

思うに、やっぱりバースデー優勝をかなり意識していたんだろうなぁ、と。

◆新崎弥生さん
◇ウェア

 今回も、オレンジでした。もうすっかり、定番ですね。

| | コメント (0)

フジサンケイ最終日

lpga74_020808s.jpg

フジサンケイレディスクラシック@川奈ホテルゴルフコース富士コース(静岡)、最終日。

優勝 服部真夕 -8
5T 茂木宏美 -4
12T 北田瑠衣 0
20T 新崎弥生 +1
    馬場ゆかり
40T 竹末裕美 +6
45T 日下部智子 +7
XXX 馬場由美子 予選落ち
XXX 西川藍 予選落ち
XXX 紫垣綾花 予選落ち
XXX 永井奈都 予選落ち

茂木さん、最終日は72のパープレーで締めての5位タイフィニッシュ。

途中トップと2打差まで迫っていたので、あともう少しといったところでした。

しかし優勝スコアは2日目までの感じだと2ケタいきそうでしたが、風が吹いたせいかやはり届きませんでしたね。

やはり川奈・富士は、そのあたりも含めて、難攻不落ということでしょうか。

| | コメント (0)

フジサンケイ2日目

lpga74_020808s.jpg

フジサンケイレディスクラシック@川奈ホテルゴルフコース富士コース(静岡)、2日目。

1T 宋ボベ -8
   服部真夕
4T 茂木宏美 -4
14T 新崎弥生 -1
26T 北田瑠衣 +1
    竹末裕美
31T 日下部智子 +2
38T 馬場ゆかり +3
=== 以上、予選通過 ===
59T 馬場由美子 +5
67T 西川藍 +6
91T 紫垣綾花 +11
    永井奈都

いやー、茂木さん来てますねー。

川奈でアンダーを2日揃えたことがまずすごいです。

しかも4位タイ。

明日最終日が楽しみです。

| | コメント (0)

フジサンケイ初日

lpga74_020808s.jpg

フジサンケイレディスクラシック@川奈ホテルゴルフコース富士コース(静岡)、初日。

1位 宋ボベ -5
5T 茂木宏美 -2
11T 北田瑠衣 -1
19T 馬場ゆかり 0
26T 竹末裕美 +1
32T 西川藍 +2
48T 新崎弥生 +3
    馬場由美子
64T 日下部智子 +4
97T 紫垣綾花 +8
101T 永井奈都 +9

茂木さんが最終18番を□したものの、70で回ってのトップ5スタートとなりました。

春先に続く難しいコースにおいては、最近絶好調の茂木さんのアプローチがとても大きな意味を持つということですね。

このまま明日以降も粘って、粘って、そしてチャンスをつかんでいってほしいです。

| | コメント (0)

フジサンケイ初日組合せ

lpga74_020808s.jpg

フジサンケイレディスクラシック@川奈ホテルゴルフコース富士コース(静岡)、初日組合せ。

◇No.1 Tee Start
3(07:48) 紫垣綾花 新崎弥生 浅野彰子
4(07:57) 井上葉香 加藤玲麻 馬場由美子
11(09:05) 高村亜紀 永井奈都 藤野オリエ
18(10:08) ヤング・キム 藤井かすみ 竹末裕美
23(10:58) 茂木宏美 馬場ゆかり 上原彩子
26(11:25) 北田瑠衣 諸見里しのぶ 横峯さくら
28(11:48) 大江香織 日下部智子 下村真由美
30(12:06) 西川藍 笠りつ子 頓所由夏

川奈富士恒例のホール順変更のワンウェイラウンドですが、今回は74期生ペアがなんと2組も。

紫垣さん&新崎さん、そして茂木さん&ゆかりさんです。

さらにお兄さんがフジテレビ社員の西川藍さんにとっては、この大会は一段と気合が入るかもしれません。

というわけで、今週もとても楽しみです。

| | コメント (0)

西陣最終日

lpga74_020808s.jpg

西陣レディスクラシック@熊本空港カントリークラブ(熊本)、最終日。

優勝 朴仁妃 -7 PLAYOFF
    天沼知恵子 -7
6T 北田瑠衣 -3
   茂木宏美
10T 馬場ゆかり -2
32T 西川藍 +4
 38T 新崎弥生 +6
48T 紫垣綾花 +10
=== 以上、予選通過 ===
XXX 馬場由美子 予選落ち
XXX 岡田伊津美 予選落ち
XXX 竹末裕美 予選落ち
XXX 永井奈都 予選落ち
XXX 日下部智子 棄権

プレーオフでの天沼アニキのアプローチは、通常ラウンドの18番のティーショット合わせて、ちょっと残念でしたね。

あのセカンドショットは、まさにアドレナリンが出過ぎた感じで、あまりにも難しいアプローチが残ってしまった時点で、少々厳しくなってしまいました。

そして74期生では、茂木さんが4バーディー2ボギーの70で回って、一気にトップ10入り。

今シーズンは春から本当に調子がよさそうですねー。

この後も、ぜひこのまま行って欲しいです。

| | コメント (0)

西陣2日目

lpga74_020808s.jpg

西陣レディスクラシック@熊本空港カントリークラブ(熊本)、2日目。

1位 上田桃子 -8
8T 茂木宏美 -1
25T 新崎弥生 +1
    北田瑠衣
    馬場ゆかり
29T 紫垣綾花 +2
38T 西川藍 +3
=== 以上、予選通過 ===
68T 馬場由美子 +6
95T 岡田伊津美 +11
    竹末裕美
    永井奈都
XXX 日下部智子 棄権

茂木さんが4バーディー2ボギーの70で回って、一気にトップ10入り。

そして地元・熊本の紫垣さんは無事、予選通過。

新崎さんやゆかりさんも含めて、74期生予選通過者全員の最終日のいいプレーを楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0)

西陣初日

lpga74_020808s.jpg

西陣レディスクラシック@熊本空港カントリークラブ(熊本)、初日。

1位 上田桃子 -5
23T 北田瑠衣 0
    紫垣綾花
    馬場ゆかり
36T 日下部智子 +1
    茂木宏美
49T 西川藍 +2
    馬場由美子
66T 新崎弥生 +3
82T 永井奈都 +4
98T 岡田伊津美 +6
104T 竹末裕美 +7

地元の紫垣さんが初日を終えてなかなかいい位置に付けました。

地元のファンの方々もたくさん応援に駆けつけているでしょうし、きっとプレーにも気合が入ったんでしょうね。

そして準・地元の馬場姉妹や、さらに茂木さんもなかなかの位置に付けています。

みなさんこのまま明日以降もいいプレーを続けて欲しいものです。

| | コメント (0)

西陣初日組合せ

lpga74_020808s.jpg

西陣レディスクラシック@熊本空港カントリークラブ(熊本)、初日組み合わせ。

◇No.1 Tee Start
2(08:09) 表純子 日下部智子 イ・ジウ
3(08:18) 笠りつ子 永井奈都 竹末裕美
4(08:27) 中田美枝 新崎弥生 原江里菜
5(08:36) 茂木宏美 米山みどり 一ノ瀬優希
6(08:45) 北田瑠衣 申ジエ 上原彩子
8(09:03) 李知姫 馬場ゆかり 上田桃子
17(10:24) 葉莉英 馬場由美子 アン・ソンジュ

◇No.10 Tee Start
19(08:00) 西塚美希世 岡田伊津美 成田いづみ
33(10:06) 紫垣綾花 リ・エスド 村田理恵

今回の74期生の出場は、計8名。

しかも奈都さんと竹末さんの74期生ペアリングまでも実現。

さらに馬場家からは由美子さんも参戦し、姉妹揃い踏み。

なんだか、テンション上がってきますねぇ。

| | コメント (0)

アリス、さらにもう少し

lpga74_020808s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)・・・について、さらにもう少し。

今回、中村香織さんが、主催社推薦選考会(マンデートーナメント)で出場権を得た上で単独3位に入り、
来週の熊本空港の出場権を獲得しました。

これは、以前辻村明須香さんが琉球で優勝争いをして注目を集めたにも関わらずそれに続く試合の出場権がなく、おそらくスポンサー関係に大いに責められたLPGAが新しく作ったルールによるものです。

通称、あすみんルール。

でも、このルールで翌週の出場権を得た選手って、実はほとんどいなかったりするんですよね(初めて・・・かな?)。

トップ10くらいだったら結構可能性はありそうなのですが、3位というとたまたまちょっと調子がよかったくらいではダメで、本気で優勝争いをして、そこで最後まで崩れずに戦い切る必要があり、もともとレギュラー出場資格を持たない選手にとっては、かなりハードルの高いルールとなっているようです。

なので、個人的には、もう少しルールを緩めて、たとえばトップ5にするとかもありだとは思うのですが、そこはやはり主催者やスポンサーやLPGAなどのいろいろな思いや事情もあるでしょうから、なかなか難しいのかもしれません、ね。

| | コメント (0)

アリス、もう少し

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)・・・について、もう少し。

◇コースセッティング

 毎年ほとんどが打ち上げの硬くて小さいグリーンに苦しめられるこのコースですが、今年は大会前に晴れの日が続いたこともあり、例年にも増して、ボールがグリーン上でどうにもこうにも止まらない状態になっていました。

そのため、ハイフェードが持ち球の馬場ゆかりさんであれば何とか止めることができたかもしれませんが、弾道の低い茂木宏美さんにとっては、やはり思うようにグリーンを捉えることができず、がまんがまんの展開となってしまうのは、正直しょうがないかなと。

実際、同じ組で回る3人が誰もパーオンしないホールというのも、かなりたくさんありましたしね。

◇天候

 実はこの大会は例年強風が吹き荒れたり、黄砂で何にも見えなくなったり、ものすごく暑くなったりと、結構天候が大荒れになることが多く、それもまたコース攻略を難しくするひとつの要因となっています。

しかし今年は初日は18番がアゲンスト、2日目はフォローと完全な逆風が結構吹いてはいたものの、比較的安定した天候となりました。初日が寒く、2日目が暑く、そして最終日に雨がぱらついたものの、このくらいはこの時期としてはまずまず許容範囲でしょう。

◇コース

 今年は一旦暖かくなった後に寒い日々が続いていたこともあり、FW&ラフの芝生の状態は今ひとつといったところで、緑色の砂が結構入っていたようです。

ただ、その寒い日々のおかげで、先週の葛城に引き続いて、桜がほぼ満開の状態を維持していました。

途中ホール間の橋の横で綺麗に咲いていたり、6番から7番へのカート移動の際に左側で綺麗に咲いていたりと、かなり桜を満喫できたのですが、必死に回る選手にとっては、桜を楽しんでいる余裕は全くなかったでしょうね、練習ラウンドならともかく。

◇スター

 今年は横峯さくらさんが2日目に惜しくも棄権ということもあり、スター・宮里藍さんの周りにほぼ全てのカメラマンと、TVカメラマンと、ギャラリーが集中する状況になっていました。

2日目は茂木さんの2つ後ろを回っていたので、遠目にその様子を観ることが何度かありましたが、やはりすごいギャラリーを集めていました。

| | コメント (0)

最終日観戦

mogi_070604s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 スタート1時間ほど前に突然の激しい通り雨が降って気温が下がったこともあり、朝の茂木さんは薄いピンクのセーターを着ていましたが、スタートしてからは白いバイザー、白いインナーに薄い紫色?のウェア、そして白っぽいパンツ姿で、10番スタートからのラウンドとなりました。

◇コンディション

 朝の一時的豪雨のせいか、初日2日目に比べてグリーン上でボールが止まりやすく、かつピン位置もそれほど厳しくなかったため、ショットのパーオン率は格段に高く、しかもピン手前ワンピン強からの上りラインに付ける、というシーンがよく見られました。

ただ、これも雨のせいだと思うのですが、昨日までの硬くて速いグリーンのイメージが残っていて、どうしてもパットがショート気味になってしまうシーンもよく見られて、茂木さんのふとももパーン!も久しぶり?に飛び出していました。

◇17番

 2日目に左の池に入れてのワンペナとなった17番パー4でのティーショットはきっちりFW右サイドをキープし、
セカンドがややショートするもアプローチで70cm上に付けて、パーは取れそうだと安心して観ていたところ、このパットがまさかのカップを舐めての通過。

かなり気落ちした様子の茂木さんでしたが、続く18番パー4では池越えのセカンドでしっかりとグリーンを捉えると、きっちり2パットで沈めてのパーで、少し落ち着きを取り戻します。

◇8番

 セカンドから打ち上げの4番ホールでも△とし、迎えた8番パー4ではFW右サイドからセカンドをこれもピン手前ワンピン弱に付けると、ほぼ真っ直ぐの上りのラインをしっかりとラインに打ち切っての○。

この時の茂木さんの、嬉しいような、ホッとしたような、そんないろんな感情の入り混じった表情が、何とも言えずいい感じでした。

そしてそのあと最終9番ホールをパーで締めて、最終日73、通算+7での3日間を、まずまずいい印象で終えることができました。

| | コメント (5)

アリス最終日

lpga74_020808s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)、最終日。

優勝 有村智恵 -5 PLAYOFF
   朴仁妃
13T 馬場ゆかり +4
28T 茂木宏美 +7
XXX 北田瑠衣 予選落ち
XXX 竹末裕美 予選落ち
XXX 永井奈都 予選落ち
XXX 馬場由美子 予選落ち
XXX 新崎弥生 予選落ち
XXX 西川藍 予選落ち
XXX 日下部智子 予選落ち
XXX 紫垣綾花 予選落ち

プレーオフにまでもつれ込んだ最終日は、チエちゃんが意地を見せての優勝を果たしました。

そしてゆかりさんは72、茂木さんは73で回って、順位をほぼキープしてのフィニッシュとなりました。

このコースは今年もやはりパープレーが目標のコースとなっていましたので、このスコアはかなり満足のいくものだったのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2日目観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)、2日目観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 白いバイザー、ピンクのインナーに白い半袖、そしてグレーのパンツの茂木さんでしたが、朝の練習に向かう時には黄緑色の薄いセーター(カーディガン?)を着ていました。

◇5番

 1番をあわやチップインの寄せワンパーで切り抜けた後の、2番パー5はグリーン手前からのアプローチが奥に行ってしまっての△、3番パー3はカップ左手前に落ちると、軽いスライスでカップ方向に向かうもボール2つ分ほど左を抜けて奥30cmに付く、あわやホールインワンのショットで○

このショットには先週の葛城に続いて、かなりしびれました。

さらに4番パー4は打ち上げのセカンドを見事にナイスオンすると、奥からの4mほどの下りのパットを流し込んで○、しかし5番パー5ではティーショットが左バンカーのあご近くに捕まり、出すだけで残った150Yのサードショットは右手前ラフに止まり、ここからアプローチがオーバーしてしまい、△。

と、この4ホールでめまぐるしくスコアが動いたものの、抜けてしまえばそのままイーブンで次に進みます。

◇14番

 そして後半は14番パー4からスコアが動きました。

打ち上げのセカンドショットはややシャンク気味に右に飛び出してそのままグリーン右のバンカーに捕まり、ここからピンまで距離のあるバンカーショットを放ったところ、ホームラン。さらに反対側からのアプローチも大きくオーバーしてしまい、2パットで□。

そして16番パー5では、サードショットを花道からうまく攻めてピン手前3mほどに付けると、軽い上りのラインをしっかり打って決めて○。

ところが17番パー4ではティーショットが左の池に行ってしまってのワンペナから、サードショットはグリーン手前のバンカー。これが非常に厳しいバンカーショットでしたが、これをキュキュッと止まる抜群のショットでほぼOKに付けての△。

◇パー5

 2日目のスコアのポイントは、パー5でした。

2番パー5、△、5番パー5、△、10番パー5、△、そして16番パー5、○。

確かにプロの試合ではパー5がキーになることが多いのは確かですが、全てのパー5でスコアが動いたというのは、茂木さんとしては結構珍しいことではないかと。

◇予選通過、

 というわけで、75、75の+6で無事予選通過。

まずはよかったよかった、ホントによかった。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 赤いインナーに白い半袖のウェアのゆかりさんは茂木さんのひとつ後ろの組だったので結構観れるかなと思っていたのですが、少し間が開くことが多く、思ったほど観ることができませんでした。

残念です・・・。

| | コメント (0)

アリス2日目

lpga74_020808s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)、2日目。

1T 有村智恵 -3
   朴仁妃
16T 馬場ゆかり +4
27T 茂木宏美 +6
=== 以上、予選通過 ===
51T 北田瑠衣 +9
    竹末裕美
70T 永井奈都 +10
    馬場由美子
91T 新崎弥生 +15
    西川藍
97T 日下部智子 +16
101T 紫垣綾花 +17

ゆかりさんと茂木さんが無事予選通過を果たしましたが、74期生の予選通過はこの2人だけととても厳しい結果となってしまいました。

2日目はとても暑くなったこともあって、やはりどうしても粘り切れない展開がほぼ全ての選手に起きていましたね。

そんな中、アンダーの60台で回ったチエちゃんは、さすがと言うほかありません。

| | コメント (0)

初日観戦

mogi_070604s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)、初日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 ピンクのバイザーに、オレンジというかピンクというかそんな感じの色合いのグラデュエーションの掛かった、鮮やかで綺麗なウェアでした。

◇プレー

 一言で総括すると、「粘り」、でした。

グリーンがカチカチに固くてグリーン面に落ちたボールはほぼそのまま奥にこぼれるようなコンディションだったため、パーオン率は必然的に低くなるのですが、そこから寄せワン、寄せワン、寄せワン、でのパーセーブの連続。

+3というスコアだけを見ると調子が悪かったのかなと思われるかもしれませんが、その内容はかなり充実したものだったと自信を持って言えます。

実際、ホールアウト後の茂木さんも、かなり充実感ただよう、いい笑顔を見せていました。

◇さらに・・・

 いろいろ書きたいところなのですが、なんだか異常に眠たいので、本日はこのへんで。

ちなみに、茂木さんのパターは、再びのツーボールでした。

ということで、明日もこの調子で粘りのプレーに期待します。

| | コメント (0)

アリス初日

lpga74_020808s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)、初日。

1位 朴仁妃 -4
12T 馬場ゆかり +2
15T 茂木宏美 +3
52T 北田瑠衣 +6
    紫垣綾花
    馬場由美子
66T 竹末裕美 +7
79T 新崎弥生 +8
    日下部智子
    永井奈都
103T 西川藍 +11

まずはゆかりさんと茂木さんが粘りのプレーを見せていい位置に付けています。

ぜひ明日もこのまま行ってほしいです。

特に茂木さんにとっては、難敵と言えるコースだけに。

| | コメント (0)

アリス初日組合せ

lpga74_020808s.jpg

スタジオアリス女子オープン@花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫)、初日組み合わせ。

◇No.1 Tee Start
1(08:00) 新崎弥生 マリア・イイダ 川原由維
2(08:09)  竹末裕美 イ・ナリ 表純子
4(08:27) タミー・ダーディン 永井奈都 前田久仁子
8(09:03)  葉莉英 飯島茜 茂木宏美
10(09:21) 日下部智子 李知姫 上原彩子
15(10:06) 有村智恵 北田瑠衣 宮里藍
16(10:15) 青山加織 馬場ゆかり 朴仁妃

◇No.10 Tee Start
28(09:21) 馬場由美子 姜如珍 西川藍
31(09:48) 林慶珉 高橋千晶 紫垣綾花

今回の74期生は全部で8名。

さらに馬場姉妹からは由美子さんも参戦となります。

毎年我慢我慢の展開になるこの大会ですが、みなさん少しでも”楽しんで”回れますように。

| | コメント (0)

葛城・山名コース

mogi_070604s.jpg

葛城・山名コースは初めての観戦だったのですが、名匠・井上誠一のコースらしく、バンカーの造形が非常に美しく、アップダウンと合わせて、印象的な美しいホールがいくつもありました。

ただ、グリーンが本当に曲者で、井上誠一のコースにしてはグリーンが非常に大きいのですが(2グリーンにも関わらず!)、どのグリーンも基本手前に付ける以外はノーチャンスで、それは1mほどに付けても上や横からではそれはもう面白いようにカップを抜けていってしまいます。

茂木宏美さんの2日目の14番、そして最終日の16番や18番がまさにこのケースで、どんなにグリーンが大きくてもピンに対するチャンスラインは手前にしかないからこそ、その狭いエリアにしっかり打っていけるかどうかの技術と度胸を試されるコースでした。

ま、ギャラリー視点で言うと、とにかく山の上にあるコースなので、凄い上りのホールがあったり、凄い下りのホールがあったり、心臓破りのホール間インタバールがあったりと、結構体力が問われるコースでしたね。

いやぁ、ほんと、春先でよかった。

| | コメント (0)

最終日観戦

mogi_070604s.jpg

ヤマハレディースオープン葛城@葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇前半

 前半は2番パー3での3人揃っての△、さらに初日2日目と○○と来ていた8番パー4で右手前のバンカーに入れての△と、なかなか思うようにスコアを伸ばせない状況でした。

しかし、前半最終の9番の上りのパー4ではFWセンターからのセカンドをピン手前1mに付けてギャラリーの歓声を誘うと、これをきっちり決めての最終日初バーディー。

いい形で後半に入っていきます。

◇11番

 10番パー4を、セカンドが奥に行き、下りのパットが結構オーバーしたものの、上りのパットをねじ込んでのパーとして迎えた11番パー3。

ティーショットを放った後の茂木さんはビシィッとフィニッシュが固まります。

ボールはピン筋一直線。

そのままピン手前に落ちたボールは、上り傾斜をコロコロと登って行き、、、30cmにピタリ。

もちろん楽々バーディーとしたわけですが、茂木さんのホールインワンを久しぶりにこの目で見れるかと、かなりドキドキしました。

いやぁ、凄かったです。

◇15番

 15番クネクネパー5ではFW、FWと繋いでからのサードショットがピン手前ワンピン弱にピタリ。

ここはピンから奥が下り傾斜気味で、もう少し奥に落ちていたらそのまま奥までこぼれていたであろうと思われるだけに、これはまさに最高のショットと言ってよく、そしてもちろんこれをしっかりと決めてのバーディー。

ホールを完璧に攻め切ってのバーディーだっただけに、茂木さんもとても嬉しそうでした。

◇16番

 しかし、その直後の16番パー4では1mほど残ったパーパットがカップをわずかに抜け、17番パー3を手前にショートの後アプローチでしのいだ後の最終18番パー5ではサードショットでピン1m強に付けます。

ただ、これが左上からの微妙な下り傾斜のスライスラインになり、パットが最後だった茂木さんは今回バッグを担いでいたハウスキャディさんと待っている間ずっとラインとタッチの相談をしていたのですが、やっぱりラインがあまりにも微妙すぎてボールはカップをかすめて過ぎてしまい、惜しくもパー。

トップ10の掛かっていたバーディーパットだっただけに、茂木さん自身も悔しかったとは思いますが、これで最終日イーブンということで、まずまずのプレーだったと思います。

◇ホールアウト

 ホールアウト後の茂木さんは、とてもいい表情をしていました。

難しい葛城・山名コースを厳しいコンディションの中で73・73・72で回れたこともそうなんですが、それよりも、オフにやってきたことが、難しいコースを回る中での一つ一つのプレーの満足感として確かに感じられているからこその、とてもいい表情でした。

うん、これなら、安心です。

| | コメント (0)

ヤマハ最終日

lpga74_020808s.jpg

ヤマハレディースオープン葛城@葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡)、最終日。

優勝 古閑美保 -4
4T 竹末裕美 -2
11T 茂木宏美 +2
18T 北田瑠衣 +6
    馬場ゆかり
26T 日下部智子 +7
    紫垣綾花
XXX 永井奈都 予選落ち
XXX 新崎弥生 予選落ち
XXX 西川藍 予選落ち

茂木さんは最終日イーブンで回ってトップ10フィニッシュに限りなく近い最終結果となりました。

また、最終日は天候が安定していたこともあり、竹末さんやゆかりさんはしっかりアンダーで回って、ジャンプアップしてきましたね。

実際、選手全体を見ても、初日や2日目と比べて明らかに赤○印が増えていて、綾田紘子さんの65なんていうスコアも出ていましたし。

初日、2日目と比べて、非常にいいコンディションで、いいプレーができたことは、たぶん次のアリスやその後の試合でのいいプレーに繋がっていくだろうと思います。

| | コメント (2)

ヤマハ2日目

lpga74_020808s.jpg

ヤマハレディースオープン葛城@葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡)、2日目。

1T 古閑美保 -2
   天沼知恵子
4T 竹末裕美 +1
6T 北田瑠衣 +2
   茂木宏美
28T 紫垣綾花 +6
37T 馬場ゆかり +8
50T 日下部智子 +10
=== 以上、予選通過 ===
66T 永井奈都 +12
82T 新崎弥生 +15
90T 西川藍 +16

茂木さん、粘って粘って粘りきりました。

初日のサスペンデッド分消化後に、改めて2日目ラウンドスタートってことで、通常TV放送(BS朝日でした)が生放送になっていて、結果的に茂木さんがとてもたくさん映っていました。

14番でアプローチを上に付けた後の、がっくし、っていう姿がなかなか、なんというか、印象的でした。

でもその後はしっかりとパーセーブを続けていて、とてもステディなゴルフを続けていたようですね。

これなら、明日も期待できるかも。

| | コメント (0)

ヤマハ初日

lpga74_020808s.jpg

ヤマハレディースオープン葛城@葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡)、初日。

1位 古閑美保 -4
10T 北田瑠衣 +1
    竹末裕美
    茂木宏美
41T 日下部智子 +4
54T 馬場ゆかり +5
63T 紫垣綾花 +6
    永井奈都
81T 新崎弥生 +7
    西川藍

初日はとにかく天候が大荒れで大雨&強風に振り回された上に、スタートの遅かった何組かの選手はホールアウトすることができませんでした。

その中には茂木さんと竹末さんも入ってしまったのですが、2日目に持ち越された残りホールをうまく切り抜けて、2日間通算で初日+1のプレーを見せてのトップ10スタートとなりました。

大荒れな天気は初日だけになりそうですし、明日は桜の咲き誇る中で、楽しくプレーしてもらいましょう。

| | コメント (0)

ヤマハ初日組合せ

lpga74_020808s.jpg

ヤマハレディースオープン葛城@葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡)、初日組合せ。

◇No.1 Tee Start
5(08:36)  表純子 キム・ソヒ 永井奈都
7(08:54)  佐藤靖子 日下部智子 笠りつ子
15(10:06) 福嶋晃子 馬場ゆかり 北田瑠衣
16(10:15) 佐伯三貴 ウェイ・ユンジェ 茂木宏美
17(10:24) 斉藤裕子 タミー・ダーディン 竹末裕美

◇No.10 Tee Start
22(08:31) 新崎弥生 リ・エスド 鎌田ヒロミ
23(08:40) 紫垣綾花 李恩惠 金井智子
33(10:10) 西川藍 下村真由美 福嶋浩子

1週間のオープンウィークを挟んで、いよいよの再開となる今週の大会。

1番スタートの15、16、17組に74期生がずらりと並ぶ、なかなか魅力的な初日のペアリングとなっています。

今週はスカイA全部見せますもあることですし、ぜひともみなさん2日目以降も1番スタートとなるように、いいプレーを期待したいと思います。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »