« ミズノ最終日 | トップページ | 獲得賞金ランキング »

最終日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

ミズノクラシック@近鉄賢島カンツリークラブ(三重)、最終日観戦。

◆茂木宏美さん
◇ウェア

 黒いバイザー、黒い長袖に青緑色のスカートの茂木さんでしたが、ふと気付くと白い長袖に変わってて、同組の若林舞衣子さんとよく似た感じになってました。

◇10番

 スタートホールの10番パー4では右のピンに対して左端に乗せた米山みどりさんが長〜いパットを決めたのに刺激されたのか、グリーンセンター付近からの5mほどのパットを見事に沈めておはようバーディー。

◇17番

 13番16番でのバーディーパットは惜しくも逃したものの、11番はバンカー、12番は奥のラフ、14番は長いファーストパット、15番はバンカーからの厳しいパーパットを気合いでセーブし続けて迎えた17番パー3。

グリーン右のピンに対してセンターを捉えた後の4mほどのバーディーパットは、軽いスライスラインに綺麗に乗ると、そのままカップイン。

茂木さんの笑顔が弾けます。

そしてこのままいい雰囲気で折り返しへ。

◇1番

 1番パー5ではサードショットをスピンでピタリと止めて1.5mほどのバーディーチャンスに付けたんですが、ちょうど茂木さんがバーディーパットに入る前に上田桃子さんの組が隣の8番を終えたため、ギャラリー大群衆が一斉にグリーン横を9番へ移動開始。

アンラッキーとしか言いようがありません…。

◇6番

 2番、3番、4番、5番とパーオン2パットを続け、難易度一番の6番パー4ではセカンドがわずかにショートするもラフから抜群のアプローチでナイスパーセーブ。

◇7番

 7番パー5ではFW、FWと繋いで、サードショットはピン横1m強にスピンでピタリ。

もうひとつ伸ばせるかなと思ったんですが、これはカップの横を抜けてしまいパー。

期待が極限まで高まっていたギャラリーがガックリしていたのも、もちろん茂木さんが本人が誰よりもガックリしていたのも分かっていたのですが、だからこそここでめげずに次のプレーに集中していって欲しいという強い願いを込めて、全力でナイスパーの声を掛けて、8番パー3に向かいます。

◇8番9番

 すると8番パー3ではティーショットを右にこぼした後、アプローチがややオーバーし残った2m弱のパーパットを気合でねじ込んでナイスパーセーブ。

さらに最終9番パー4ではセカンドショットがグリーン面を捉えたにも関わらず奥のバンカーまで行ってしまいピンチとなるも、距離のあるバンカーショットを2m弱まで寄せて、これを再び気合で沈めて連続ナイスパーセーブ。

この最終2ホールのプレーへの満足感からでしょうか、ホールアウト後の茂木さんはとてもいい表情をしていました。

茂木さん、3日間お疲れさまでした。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 最終日も・・・観る機会がありませんでした。

★米山みどりさん&若林舞衣子さん

 最終日のみどりさんと舞衣子さんとのラウンドでとても心地よかったこと。それは、茂木さんを含めた3人の飛距離がほぼ完全に一致していたことです。

大塚家具最終日といい、ミズノ初日&2日目といい、なんだか茂木さんが常に遥かなるセカンドオナーというラウンドが続いていただけに、数ホールにおいてはFW真ん中に仲良くボールが2つ並んでいたり、さらに横から見たら3つが真っ直ぐ並んでいたりという状況は、観ていたこちらはもちろんのこと、茂木さん自身も変なプレッシャーを感じることなく、気持ちよく自分のプレーに集中できたのではないかと思われます。

みどりさん&舞衣子さん、最終日ありがとうございました。

|

« ミズノ最終日 | トップページ | 獲得賞金ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミズノ最終日 | トップページ | 獲得賞金ランキング »