« 富士通最終日 | トップページ | マスターズ初日組合せ »

最終日観戦

yukari_060102s.jpg

富士通レディース@東急セブンハンドレッドクラブ(千葉)、最終日観戦。

トップ1打差で、2日間着実にスコアを伸ばしての最終日で、そして上位の面子的にも可能性を感じたので、急遽千葉に向かいました。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 みなさんTV放送で御覧になった通り、ピンクのバイザー、白基調にピンクのウェアの下にピンクのインナー、そして黒のパンツ姿で朝の練習をこなしていたゆかりさんですが、その表情はさすがにかなり固めだったような。

◇7番

 おはようバーディーの後、4番5番の連続△でこの時点でトップと3打差となって、少し重い雰囲気になりかけたところで迎えた7番パー5。

ティーショットがスプリンクラーに引っ掛かって止まるアンラッキーにも動ずることなくセカンドをほぼグリーン際まで持ってくると、長い距離の絶妙のアプローチでOKバーディーとし、流れを少し引き戻します。

◇9番

 このホールではティーショット時に若干の違和感が。

前の8番パー3を全員パーとしたため、7番バーディ-のゆかりさんがオナーだと思って観ていると、なぜかマダム佐伯さんがティーショットをFWセンターに放ちました。

なんで?と思いながら観ていると、オフィシャルが全員打ち終わったと勘違いしたのか、ティーショット落下地点の少し先にあるギャラリー用クロスウェイをギャラリーが一斉に渡り始めます。

それに気付いたゆかりさんはティーショットを打とうとしていたのを止めて、オフィシャルが慌てて止めたギャラリーが全員渡り切るのを待ってから、改めて仕切り直してティーショットを放ったものの、これは飛距離が全然出ずに、右のラフへ。

このホール、ゆかりさんはなんとかパーセーブしたものの、このオナー間違い&オフィシャル勇み足にちょっとリズムを乱されたことは否定できない感じでした。ちょっと残念。

◇13番

 それでもめげずに10番パー5でラフ、ラフと来た後の3打目をピン奥2mほどに付けると、これをしっかり決めてバーディーとし、さらに流れを引き戻します。

そしてゆかりさんたちが12番パー4を終え、前の組が13番パー3を終えた時点で、なんと最終組とその前の組の6人が全員ー9で並ぶという大混戦状態で、後半の後半に向かっていきます。

が、13番パー3では再びの違和感が。

ゆかりさんと茜さんがピン左8mくらいのほぼ同じ位置に乗せ、そこからの下りスライスのパターを2人ともショートして再び同じような位置に止まります。

このファーストパットはゆかりさんが先に打ち、一旦マークをずらした上で次に茜さんが打ちました。そしてそのまま茜さんがパーパットを行うために、ゆかりさんはマークを再びずらして、茜さんのパーパットを待っていました。

そこで茜さんがゆかりさんに声を掛け、声を掛けられたゆかりさんがなぜかまたマークを動かし始め、ボールをセットすると、パーパットを打ち、外れて、△。

この一連の流れでは、ゆかりさんは茜さんと一旦ちゃんと話した上で、次は自分ではないとゆったり構えていたのに、急にやっぱり打ってと言われて、慌ててマークをパター2個分ずらして、ライン読みからのパッティングのルーティーンに乱れが生じてしまったことは、これまた否定できない感じでした。

これがまた1m強の微妙な距離の微妙なラインだっただけになおさら、ね。

◇18番

 それでも1打差で最終ホールまで来て、これを入れればプレーオフというところまでは来たものの、これが惜しくも入らず、残念。しかも、グリーン周りは人だらけで、その最後のパット(?)をちゃんと観ることができず、それも残念。

改めて最終日のプレーを振り返ってみると、やはり全体的に少々固かったかなと。最近のゆかりさんらしいキレのあるショットでビシビシピンに絡む、というシーンはかなり少なめで、アプローチや10m以上のパットから何とかパーでしのぐ、という展開になっていました。

それでもかなり強く吹いていた風のせいか周りの選手もみんな伸び悩んだこともあり、1打差で最終ホールを迎えた時には、これはまだまだ分からんぞ、と思っていたのですが、今日1日幸運に恵まれなかったゆかりさんには、最終ホールでもやはり幸運が訪れることはありませんでした。

とにかく、ゆかりさん、お疲れさまでした。

|

« 富士通最終日 | トップページ | マスターズ初日組合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士通最終日 | トップページ | マスターズ初日組合せ »