« マスターズ初日 | トップページ | マスターズ2日目 »

初日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpgtakesue_050501a.jpg

マスターズGCレディース@マスターズゴルフ倶楽部(兵庫)、初日観戦。

◆茂木宏実さん
◇ウェア

 黄色のバイザー、白のインナーにブラウンの半袖、そして薄いブラウンの柄のショートパンツという、やや地味目の茂木さんでしたが、お休み明けということで、元気ないい笑顔を見せてくれていました。

◇3番

 3番パー4では茂木さんより少し遠くにグリーンオンした真夕さんがパターをしようとした時にライン上に虫(バッタかな?カエルかな?)がいて、それをどけようとしたアッコさんのキャディさんが虫にもてあそばれてしまい、それを見ていたアッコさんが大爆笑。

和みの一幕でした。

◇8番&10番

 おはようバーディーに続いて惜しくも△とした後ずっとパープレーを続けていた茂木さんですが、8番パー5では1.5mの上りを、そして10番パー4でも同じくらいの上りフックラインがごくわずかにカップを抜けてしまってのパーと、実に惜しいプレーを続けていました。

◇14番

 そして迎えた14番パー3ではピン手前ギリギリに落ちたボールが奥まで転がって4mほどの下りのラインが残ったのですが、これをとてもやさしいタッチでそーっと打ち出すと、ボールはゆっくりゆっくりと転がって、ゆっくりとコロンと入りました。

このバーディーに、茂木さんは最高の笑顔で大原さんとかなりの勢いでグータッチを決め、その嬉しさがこちらまで伝わってきました。それほど、繊細なタッチの要求される、難度の高いパッティングだったと思います。

さらに17番の203Yという長~い池越えパー3で見事にグリーンを捉えると、こちらも4mほどの上りのラインに対してこんどはしっかりと打ち出されたボールはスーッと伸びて、これまたコロン。

このパー3もかなりの難関ホールとされているだけに、この時の茂木さんもものすごく嬉しそうで、とてもいい笑顔が弾けていました。

◇18番

 17番を終えて2組前のゆかりさんと同じー2とした茂木さんですが、最終18番でピンチを迎えます。

セカンドがやや薄めに当たったのかグリーン右手前のラフに捕まり、かなりの急傾斜からのアプローチは2mほどの距離を残してしまいます。

が、慎重にラインを読み切った上でのパッティングは、しっかりとラインに乗ると、上り傾斜をものともせずにカップに吸い込まれて、ナイスパーセーブ。

そしてこれで、明日2日目のゆかりさんとの74期生ラウンドが実現。やっほう。

◆馬場ゆかりさん
◇ウェア

 白いバイザー、薄いブラウンの柄のウェアのいつものゆかりさんでしたが、会場には妹の由美子さんもいて、こちらはショッキングパープル(?)の長袖ウェアでした。

◇1番

 スタートホールのティーショットがイキナリ右の斜面のラフに行ってしまいピンチを迎えたゆかりさんですが、そこあから斜め前方の左側のラフまで出して、サードショットでグリーン左のラフまで持ってくると、ロブ気味に放った絶妙のアプローチは下り傾斜ですすすーと伸びて、ピンを直撃。

わずかに角度がずれていたために入らなかったもの、残った1m弱のパットをしっかりと決めてのおはようナイスパーで発進していきました。

◆竹末裕美さん
◇ウェア

 この大会の歴代優勝者のひとりにして74期生の初優勝者でもある竹末さんは、白黒のチェックのウェアに白のパンツとモノトーン気味にきていました。

|

« マスターズ初日 | トップページ | マスターズ2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスターズ初日 | トップページ | マスターズ2日目 »