« リゾート最終日 | トップページ | サントリー初日組合せ »

最終日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

リゾートトラストレディス@ザ・カントリークラブ(滋賀)、最終日観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 白いバイザー、黒い半袖に、鮮やかなコバルトブルー(?)のスカートの茂木さんの姿はビシッと精悍な印象で、どちらかというとパステル調のイメージの強い茂木さんとしては、とても新鮮な感じでした。でも、ホントによく似合ってましたよ。

◇2番

 1番パー5ではワンピンちょいくらいのパットが入らず不安なスタートとなった後の2番ではいいティーショットからのセカンドショットがやや左に出て、左のラフに捕まります。

そして下り傾斜に対してカラー少し内側に打ち出したボールはコロコロとピンに向かい、そのままカップイン!

最高の笑顔を交わした茂木さんとキャディさんは、さらにグータッチで喜びを分かち合います。

◇8番

 3番、4番もナイスアプローチのパーでしのいだ後、5番、6番、そして昨日は捕まった手前のバンカーをぎりぎりカラーから越えた後ピンをかすめてあわやチップインのセカンドショットを見せた7番、さらに2オン狙いがそれてのバンカーショットとなった8番パー5と、これら全てのホールでワンピン以内のバーディーチャンスに付けました。

が、パッティングどうしても入りません。

どうにもこうにも、入らないのです。

◇10番

 さらに9番でセカンドを右のラフに外した後のアプローチで残った1.5mほどのパーパット、10番でティーショット右のバンカーから刻んだ後のアプローチで残った2mほどのパーパット。

これも、入ってくれません。

◇12番

 11番は手前ぎりぎりに乗せた後の長いパットをきっちり寄せてナイスパーとして迎えた、左に大きく打ち下ろしていく名物ホールの12番。

茂木さんのティーショットはほぼ真っ直ぐ飛び出した後、大きくスライスすると、すかさず逃げたコース右脇のフォアキャディさんの方に飛んでいきます。

そしてカート道に落ちたボールはものすごく大きく跳ねると、そのまま奥のOBゾーンへ。

アンラッキー。

カート道に当たっていなければ、おそらくOBゾーンまで行くことはなく、斜面を転がって戻ってきていたかもしれないのですが。

結局ボールは見つからず、暫定球でプレーを続け、グリーン奥のカラーから一旦止まりかけた後に斜面に乗せて転がせて寄せる絶妙のアプローチで1.5mに寄せます。

が、これもまた入ってくれず、このホール■。

◇16番

 15番パー3で同組の米山みどりさんとナ・ダエさんがまさに池ギリギリというスリリングなショットで盛り上げた後の16番で、茂木さんが昨日に引き続きピンチを迎えます。

ティーショットで完璧にFWセンターを捉えて、セカンドラストオナーとしてのショットを期待して観ていたのですが、これがなぜか左手前のバンカーへ。

そして茂木さんの頭しか見えなくなるくらい深く、そしてピンが近い難しいこのバンカーショットで、まさかのホームラン。

ちょっととぼとぼ気味に反対側のラフに向かった後のアプローチはピン下2mという微妙な距離で止まります。

が、これは、入りました。かなりしっかりと。最終日唯一の納得のいくパットだったかもしれません。

◇18番

 ティーショット、セカンドショットとしっかりつないでサードショットでカップやや手前に落ちると2バウンド目で止まってワンピンほど奥からのバーディートライとなります。せめて最後はしっかり決めて、いい気分でホールアウトしたいところです。

しかし、これが、70cmほどショート。

ただ、その後のほかの選手を観ていると、例えば同じように奥につけた横峯さくらさんも同じようにショートしていましたので、あの位置からは見た目と実際の転がりが違うのかもしれません。

◇まとめ

 最終日は、勝利の女神様だけでなく、幸運の女神様も、どこか遠くへ行かれていたようで、茂木さんの方を振り向いてくれることは残念ながらありませんでした。

プレーについては、やはりパッティングが全てで、距離感・タッチとしてはややオーバー目に打てているのですが、どうしてもラインが合ってきませんでした。

1mほどのショートパットがこれほどまでに入らない茂木さんの姿は、茂木さんを観始めて以来記憶にありません。

ただ、パッティングってのはホントにちょっとしたきっかけで変わってくるものだと思いますので、早いうちにかつての感覚を取り戻せるよう、ここから願わずにはいられません。

馬場ゆかりさん
◇ウェア

 ちょっと色を表現しにくいのですが、やや地味目のウェアのゆかりさんでした。

プレーはきちんとは観れなかったのですが、9番、10番ホール辺りではさすがに多くのギャラリーを引き連れてのプレーとなっていました。

なお、妹の由美子さんですが、最終日も残って練習をしていたようで、パッティンググリーンで黙々とストロークの確認をしている姿が見られました。

|

« リゾート最終日 | トップページ | サントリー初日組合せ »

コメント

こぶさん、最終日の記事のアップ有難う御座います。

二日目まで、悪いながらなんとか踏ん張ってくれてて、最終日に期待してたんですが、幸運の女神もひどいですよね!

私も、パッティングとアプローチショットの乱れはほんのちょっとした所で好循環に変わっていくと思います。

茂木宏美プロが、このスランプに耐えて復調するのを日々願わずにはいられません。

投稿: タク | 2009/06/07 23:18

こぶさん観戦記どうもありがとうございます。
パットが勝負のプロの試合ですから、それが入らないのは辛いと思いますよね。
次は4日間競技。我慢して爆発してほしいですね。

投稿: fjun-urayasu | 2009/06/08 08:59

観戦応援お疲れさまです。
茂木プロ、なかなかトンネルを抜けられませんね。。。
今週は四日間ですが、なんとか予選通過を(祈)

投稿: 北国のファン | 2009/06/08 18:26

タクさん:
 そうですね。ホントにそう願わずにはいられません。

fjun-urayasuさん:
 次はせめてパーパットだけでも入ってほしいです。そうすればリズムが出てきますから。

北国のファンさん:
 土日神戸観光をするのではなく、試合会場で戦っていることを祈ります。

投稿: こぶ | 2009/06/08 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リゾート最終日 | トップページ | サントリー初日組合せ »