« プロミス初日 | トップページ | プロミス2日目 »

初日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

プロミスレディスゴルフトーナメント@マダムJゴルフ倶楽部(兵庫)、初日観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 ピンクのバイザー、白基調に薄くて細い赤&緑&青のストライプの半袖に、薄い黄緑色のショートパンツというややシックな感じの茂木さん。

そのバッグは、リゾート&サントリーでの赤&黒から白&緑に戻っていました。プロミスはあんましUP/DOWNがないからかな。あと、パターはサントリーに引き続き、2ボールでした。

◇5番

 スタートからピンには絡まないものの何とかパーオン&2パットでしのぎ続けて迎えた5番パー3での茂木さんのティーショットはピン真っ直ぐからやや右寄りの軌跡を描いてピン手前グリーン面ギリギリに落ちると、マウンドの傾斜に沿ってゆるく左にカーブしながらピンに向かい、左1mにピタリ。

横から見ていたらおそらくホールインワンに見えたかも、というくらい距離はピッタリでした。

そしてこれをもちろん簡単に沈めて、バーディー先行。

◇6番

 が、ここから、試練が始まります。

6番パー4ではセカンドのウッドがフックして左奥ラフに行き(茂木さん、首かしげてました)、下りの段越えアプローチを2mほどショートすると、これを沈めきれずに△。

7番パー3では左ラフからアプローチがもしゃもしゃのラフに食われて1mショートし、これが横を抜けてしまい△。

8番パー5ではティーショットが大きくスライスして右のもしゃもしゃのラフに捕まり、セカンドは出すだけで、残った200Yのサードショットで思い切って右の土手の上からグリーンを狙うも右手前の深いバンカーに捕まり、脱出はしたもののグリーンの傾斜で思いっきり左に持っていかれて、5mの上りのパーパットを思い切って打つも横を抜けてしまい△。

◇9番

 さらに9番パー4ではティーショットが左の急斜面ラフに引っ掛かり、セカンドをなんとかグリーン奥のカラーまで持ってくるも、8mほどの下りフックのファーストパットが2mほどオーバー。

しかし、この上りのパーパットはしっかりと読み切り、そしてしっかりと打ち切って、カップ真ん中から沈めて、ナイスパーセーブ。

ま、茂木さんはキャディさんと顔を見合わせて苦笑いしてましたけれど。

◇インターバル

 この後、昼のインターバルの後、後半9ホールに入るわけですが、今日はなぜか6組待ちという長ーいインターバルになっていました。この理由は、後半を回るにつれて、なんとなく分かってきます。

◇16番

 10番、12番、13番、14番、15番ではパーオンあるいはカラーからのバーディーパットとなるも、一番近かったのが15番の3mだったため、なかなか決めることができないままにパーティーは16番に差し掛かります。

そして、ここでイキナリのドン詰まり。

前の新崎さんの組がさらに前の組のセカンド待ちで、その組はさらにその前のグリーン待ちということで、まるまる2組分くらい待つことになった茂木さんとキャディさんは、木陰でのんびりと待つことに。

そしてたっぷりと待ってからティーショット、また待ってからのセカンドショットでピン手前12mほどに乗せます。

ここで、その前にさらに遠くからのアプローチで近いラインに打ってきてピタリと寄せた佐伯さんのボールの勢いに比べて、明らかに強い勢いで打ち出された茂木さんのやや下りのバーディーパットはカップを過ぎても止まらずに4mほどオーバーしてしまい、返しを沈めきれずに△。

◇17番

 17番パー3では出だしから左に出た後左手前のもしゃもしゃのラフに捕まり、しかも極端な左足上がりのアドレスしか取れない状態からのアプローチで何とかグリーンには乗せたもののワンピンほどの下りのパーパットが残ります。

しかし、ここは気合で沈めて、ナイスパーセーブ。ほっ。

◇18番

 18番パー4ではFWからパーオンするも、2段グリーン上段奥のピンに対して下の段に止まり、思い切って打った10mほどのパットは2mほどカップを過ぎ、下りの返しのパットは横を抜けてしまい、△。

3人の中で最後にアテスト小屋への階段を上がる茂木さんの足取りは、やはり重そうでした。

◇待ち待ち待ち

 今日はとにかく長ーーーい1日でした。

9:21スタートで、上がったのは14:45くらい。昼のインターバル50分を含めて、約5時間半です。

プロは普通ハーフ1時間45分で回るので、若干の前の組待ちとインターバルを50分取ったとしても、4時間40分。つまり、たっぷり1時間近くは、コース上で待ちになっていたわけです。実際、ほぼ全ショット待ち状態でしたから。

しかも、最高気温28度で、やや薄曇気味だったものの、ほぼ完全に無風の、高温多湿状態。

そりゃあ疲れますよね。

休み明けで元気一杯の茂木さんが終盤腰に手を当ててふーってなるくらい。

馬場ゆかりさん
◇ウェア

 白いバイザー、薄い茶色と茶色のストライプの半袖に、薄い茶色のショートパンツのゆかりさんのキャディは、ゆかりさんとよく似ていて、少し背の高い・・・そう、妹の由美子さんでした。

ちなみに、手引きカートを使用していたんですが、練習グリーンに向かう途中の段差でひっくり返りそうになっておろろろってなってたのがほほえましい感じでした。

新崎弥生さん
◇ウェア

 赤バイザー、白基調にややオレンジの半袖に白いショートパンツで1組前を回る新崎さんを、今回は何度も何度も観ることができました。何しろ待ち待ち待ちで追いつきまくっていましたからね。

なので、12番の打ち下ろし&打ち上げパー4のバーディーパットもしっかりと観ることができたのですが、距離的にはワンピン以上ある下りのパットだったので、まさにナイスバーディーでした。

あと、新崎さんと同組だった宋ボベさんがたぶん7番ホールを終えた時点で棄権したため、8番以降は米山みどりさんとの2人でのラウンドになってしまい、実は茂木さんに輪を掛けて待ち時間は長かったと思うので、大変だったと思います。

本当にお疲れさまでした。

|

« プロミス初日 | トップページ | プロミス2日目 »

コメント

うーん、なんというか、寂しい結果でしたね。

明日爆発を期待しましょう。

投稿: fjun-urayasu | 2009/06/26 23:41

fjun-urayasuさん:
 2日目は、爆発してくれました。
よかったです。

投稿: こぶ | 2009/06/28 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロミス初日 | トップページ | プロミス2日目 »