« リゾート2日目 | トップページ | リゾート最終日 »

2日目観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

リゾートトラストレディス@ザ・カントリークラブ(滋賀)、2日目観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 白バイザー、黄色半袖にクリーム色のスカートというシンプルな感じで登場した茂木さん。そのキャディバッグは赤黒の精悍な感じのもので、そのコントラストがなかなか新鮮でした。

◇プレー

 まず最初に総括してしまうと、「佐藤靖子先生ありがとう!」

今回の予選通過はもちろん茂木さん自身の”あきらめない”プレーによるものですが、最も大事なところで同組の佐藤靖子さんのパットが大きな役割を果たしたことは間違いありません。

◇前半

 スタートホールから2mほどのバーディーチャンスにつけるなど、前半はワンピン以内のバーディーチャンスが続きました。が、パットがどうしても入りません。きちんとカップまでは届いているのですが、わずかに右や左を抜けてしまいます。

そして6番パー3では左ラフからのアプローチを傾斜でかなり持って行かれて残ったパットが入らず、7番パー4ではティーショットが右に流れた後、思い切って狙ったセカンドはわずかに1ヤード足りずに手前バンカーに入り、そこから完璧なバンカーショットで1mに付けるも、これが横を抜けてしまいます。

こうしてもやもやした感じのまま、前半を終えてトゥデイ+2となりました。

◇13番

 その流れは後半に入っても変わらず、10番、11番ではグリーンを外した後のアプローチで1mほどに寄せるもこれが入らず、この時点でカットラインの影が忍び寄ってきます。

が、ここから、茂木さんの気合が徐々にいい方向に作用しだします。

きっかけは13番パー5。

ティーショット、セカンドといいショットをつなぎ、サードショットで2段グリーンの下に付けた茂木さんは、同じような位置に付けた3人の中で最初にパッティングを打ったのですが、非常に強く打ち出されたボールはその勢いのまま段を駆け上り、カップに一直線に向かうと、ガンッと向こうの壁に当たって、近くに止まり、これを決めてナイスパー。

このパットで、まずは勝利の女神様の注意を引きつけます。

◇14番

 次の14番パー4ではティーショットが右ラフに行ったため、グリーン手前花道に刻んだものの、距離があり、しかも上りでグリーン面の見えない難しいアプローチが残ります。しかし、ここから2バウンド目でキュキュッと止まる完璧なアプローチを見せて50cmほどに付けると、もちろんナイスパー、いやナイスパーセーブ。

このアプローチで、勝利の女神様を振り向かせました。

◇16番

 15番パー3は惜しくもパーとし、迎えた16番パー4では、ティーショットが前田久仁子さんに続いて右のカート道の方に飛び、側溝に落ちて止まります。救済措置できつい斜面のラフにドロップして、そこからは出すだけになり、50Y以上の再び上りのアプローチはピン右12m(茂木さん談@LPGA携帯サイト)と微妙な距離に付きます。

ここで登場するのが、佐藤靖子先生です。

ピン右12mの茂木さんに対し、靖子先生はさらに外側からのパッティングとなり、しかもボールマークがラインに掛かったため、茂木さんはマークをずらしました。つまり、ラインはほぼ同じだということです。

そして靖子先生のパットが惜しくも外れるところをじっと見ていた茂木さんのパッティングは、長い距離をゆっくりと転がると、そのままカップイン!

まさに、激パー(茂木さん談@LPGA携帯サイト)。

このパッティングで勝利の女神様にウインクしてもらえました。

◇17番

 17番パー4でFWから思い切って突っ込んだセカンドショットはグリーン面を捉えて奥のカラーぎりぎりで止まると、そこから急な傾斜でゆっくりゆっくりコロコロと戻りに戻って、ピン横2mほどにピタリ。

ここも打ち上げで茂木さんからはグリーン面が全く見えなかったので、ギャラリーの間のあるリアクションと拍手に何かあったのかなーとグリーンに上がってきて、あーなるほどーとキャディさんといい笑顔でニッコリ。

しかもグリーン右サイドに外した佐藤靖子さんのアプローチがピンを過ぎて茂木さんのボールマークのほうに転がってくると、今度はすぐ外側に止まります。

はい、佐藤靖子先生、再登場です。

靖子先生のパットはわずかに外れてしまったのですが、そのパットを再びじっと見ていた茂木さんは、このスライスラインのパットをカップ左サイドからクルリと回りながらも沈めて、本日初バーディー。

このセカンドショットとパッティングで、勝利の女神様が笑顔で近寄ってきてくれました。

◇18番

 そしてこのいい流れのまま迎えた最終18番はティーショット、セカンド、そしてサードショットと綺麗につないでピン奥2mのほぼ真っ直ぐのラインに付けると、これを真ん中からしっかり沈めて、連続バーディーフィニッシュ。

この一連のプレーで、ついに勝利の女神様の祝福のKISSを受けることに成功しました。

◇勝利の女神様

 ホールアウト後にはちょっと苦笑い気味ながらもホッとした表情を浮かべていた茂木さん。

改めて振り返ってみると、そうか、佐藤靖子先生こそが勝利の女神様だったんですね。

靖子さん、ありがとう!

馬場ゆかりさん
◇ウェア

 白バイザー、白基調にピンクも鮮やかな半袖、そしてベージュのショートパンツのゆかりさんは、18番パー5では果敢に2オンを狙いました。

が、手前の池を警戒したためか、奥のラフに突っ込んで、たぶんギャラリーに当たって止まったようで、アプローチをしに来た時に「すいません。大丈夫でしたか?」と気遣っていました。

なお、妹の由美子さんも観たかったのですが、なぜか時間が噛み合わず、観ることができませんでした。残念。

|

« リゾート2日目 | トップページ | リゾート最終日 »

コメント

はじめまして。
茂木宏美プロの現在の状況を知りたいなぁと色々調べていて、このブログを発見しました。
今年は、トーナメントの上位にいけてないので、このブログは大変貴重な情報です。
今後とも、宜しくお願い致します。m(_ _)m

投稿: タク | 2009/06/07 09:10

タクさん:
 初めまして。コメントありがとうございます。

これからも楽しんでいただけるように更新していきたいと思います。

投稿: こぶ | 2009/06/07 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リゾート2日目 | トップページ | リゾート最終日 »