« 最終戦初日 | トップページ | 最終戦2日目 »

初日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ@宮崎カントリークラブ(宮崎)、初日観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 小雨が降りしきる中、まずは水色バイザー、白&水色のボーダー長袖に黒レインウェアで登場した茂木さんは、スタート時点ではバイザーの上に黒ニットキャップをかぶり、さらに白いカーディガンを羽織っていました。結局一日中雨が降り続いて気温が上がらないままだったため、この選択は正解でしたね。

◇2番

 2番パー5ではFW→ラフと繋いでからのサードショットがピンに絡み、あわやチップインから1m上に止まり、2mに付けたエスドさんに続いてしっかり決めて、バーディー先行となりました。なんだかちょっといい雰囲気じゃないですか、これは。

◇6番&7番

 が、難しい6番パー4では左ラフから左手前のバンカーに捕まり、しかも左足上がりの傾斜に止まります。このショットがザックリ気味に入って距離が出ず、グリーン手前のカラーに届くのが精一杯で、ここからのパットがほんのわずかに届かず、惜しくも△。

さらに7番では、距離感ピッタリでピンハイに2オンを果たすも、真横からの強烈なスライスラインが大きく抜けてしまい、思い切って打ったパットがカップをかすめて△。

◇9番

 パー5のサードショットをピン手前3mに付けると、上りのラインをしっかり打ち切ってバーディー。これで前半イーブンとし、悪くなりかけた流れを引き戻します。

◇12番

 パー3のティーショットは、ギャラリーが思わずこれはいいよぉとつぶやく弾道でピンに向かい、右手前3mほどに落ちるとコロコロと転がって右手前1mほどにピタリ。もちろん文句なしのバーディーとし、再び赤文字になります。

◇14番&15番&16番

 真ん中に木のある14番パー4でセカンドをショートし、手前の花道から奥に下った難しいラインへのアプローチを奥2mほどに止めると、これを決めてパー。これには茂木さんも大きくガッツポーズでした。

 次の15番パー4ではFWセンターからのセカンドショットがやや薄く出て右手前のバンカーをぎりぎり越えたラフに止まります。そしてアプローチが・・・大きくショート。実はこのあたりで雨脚が急に強くなったこともあり、ラフが予想以上に重くなっていて、打った瞬間にあ、食われたという感じでした。そして5mほどのパーパットがわずかに届かず、△となりました。

 さらに16番パー3ではちょっと信じられないことが起きます。茂木さんのショットは出だしから右に出ると、そのままグリーン右手前の木に当たって、その下のバンカーにポトリ。ピンがグリーン左奥だっただけに、正直目を疑いましたが、もしかすると雨で滑ったのかもしれません。さらに雨で湿ったバンカーからの距離の長いバンカーショットはやはり難しく、かなり手前に載せるのが精一杯で、これが入らずに△。

◇ホールアウト

 難しい最終18番で2オンからの長ーいパットを2パットで締めて、初日通算+1でホールアウト。ホールアウト直後はさすがにちょっと表情が曇り気味で、すぐにハウスに入っていきました。

これはこのまま撤収かなとも思ったのですが、小雨が降る中に再び現れるとレンジに向かい、ショットおよび距離の長いバンカーショットの練習を行いました。やはり今日距離の長いバンカーショットがうまくいかなかったことが引っ掛かっていたんでしょうね。

全体的に振り返ってみると、序盤から前半まではショット&パットともにいい感じだったのですが、後半に入るとショットが前後左右にブレ始めてしかも難しい方に外れてしまい、なかなかスコアがまとめられない感じでした。ただ、もちろん100%絶好調というわけではありませんが、それでも73にまとめてきたので、明日以降の天気の回復とともに調子も回復することを期待しています。

馬場ゆかりさん
◇ウェア

 白バイザー、白&緑&黄色&黒の細いボーダー長袖にいつもの緑のレインウェアでした。が、プレーはほとんど観ることができませんでした。途中13番と17番ですれ違った時には-1で茂木さんと並んでスコア的には2番目だったので明日は一緒かもとちょっと期待したのですが・・・残念でした。

★藤田幸希さん

 茂木さんが9番を上がった時点で18番グリーン横のボードを見ると、幸希さんが"F"となってます。えっ?と慌ててペアリング表を見てみると、やはり9時スタート。ただいまの時刻は11時40分。さらに10番に行く途中に、その幸希さんがアテストを終えて歩いてきて、ハウスに入っていきました。

つまり、1人でのトップスタートの幸希さんは、18ホールを2時間40分で回ってしまったということですね。しかもこの時点では+5で一番下だったので、このままだと明日も2時間40分コースになるのではと気の毒に思ったのですが、最終的には2番スタートに落ち着いて、よかったねという感じでした。

ま、代わりに明日2日目は服部真夕さんが悲しい超特急ラウンドになるわけで、3日目最終日もそれぞれ1人ずつ最終戦にしてはあまりにも悲しすぎるラウンドをすることになります。なんとかなりませんかねぇ。

|

« 最終戦初日 | トップページ | 最終戦2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最終戦初日 | トップページ | 最終戦2日目 »