« 最終戦2日目 | トップページ | 最終戦3日目 »

2日目観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ@宮崎カントリークラブ(宮崎)、2日目観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 水色バイザー、水色長袖の上に一時白カーディガン、黒パンツでしたが、2日目は初日よりは多少暖かかったため、綺麗な水色のウェアでのプレーが多かったです。

◇前半の前半

 1番パー4でいきなりピン手前1mにつけて、楽々バーディー発進。さらに2番パー5も2mくらいから惜しくもパーとし、続く3番パー4ではミホさんが右奥7mほどからねじ込んでバーディーとしたのに続いて茂木さんも右手前4mほどから綺麗に入れてナイスバーディー。この時点でアンダーに入れます。

そして4番パー4で左のラフロープ際からのセカンドが右手前ラフにショートし、アプローチが2mほどオーバー。2日目初のピンチでしたが、このパットを気合でねじ込んでナイスパーとし、いい流れをキープします。

◇前半の後半

 7番パー4ではピンやや左奥3mほどに付けるも、急な受けグリーンの傾斜を読み切れずに1mほど抜けた後、返しが横を抜けてしまい△。

しかし8番をパーとして一息つくと、9番パー5でFW、FWからピタッと付けてナイスバーディー・・・だったのですが、実はこの時お手洗いに行っていて観損ねてしまいました。10番ティーでオナーが変わっていて、あちゃーしまったーと分かった次第です。

◇17番

 前半をいい展開で終えて、その勢いで1アンダーのまま惜しいパー&ナイスパーセーブを続けて迎えた17番パー4。FWから木とバンカー越えで狙ったセカンドショットがグリーン手前を捉えるとコロコロと転がってピン左手前にピタリ。さらにその後に打ったミホさんは茂木さんよりさらに突っ込むとスピンでピタッと止まったのですが、その位置は茂木さんの15cm外側。

ミホ先生が先にしっかりと決め、その通りに打った茂木さんももちろんナイスバーディー。これで通算2アンダーとし、2位タイに浮上します。

◇18番

 最終18番パー4ではティーショットをしっかりFWに置いたのですが、セカンドが大きくショート。アプローチはピンをかすめて、1m強奥に止まります。グリーンの傾斜を考えると、微妙な距離とラインでした。

が、ここから3パット。

まさかです。茂木さんのこんなシーンは僕の記憶にはありません。ちょっと信じられませんでした。

◇夕練

 が、誰よりも信じられないし悔しくて納得できなかったのは茂木さん自身で、ホールアウト直後、アテスト後はもちろん、夕練の後でも、かなり怖い表情でした。気持ちはよく分かるので、まぁ仕方ないですね。

今は、おいしいものを食べて、お風呂に入ってのんびりして、明日元気に出てきてもらいましょう。

馬場ゆかりさん
◇ウェア

 細かい部分を覚えていないのですが、朝パッと観た印象は、地味な感じでした。確か白ベースのウェアにブラウン系の地味なパンツだったように思います。その後は残念ながらプレーを観る機会がありませんでした。

|

« 最終戦2日目 | トップページ | 最終戦3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最終戦2日目 | トップページ | 最終戦3日目 »