« マスターズ最終日 | トップページ | 週刊ダイヤモンド »

最終日観戦

mogi_070604s.jpg

マスターズGCレディース@マスターズゴルフ倶楽部(兵庫)、最終日観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 黒いバイザー、薄い青緑色&白の横縞長袖、そして白い7分丈パンツというスタイルでした。横ストライプのウェアというのは、茂木さんは3日間ずっとそうでしたし、初日の櫻井さんや他の選手もたくさん着ていたように思います。今シーズンの秋の流行なのかもしれませんね。

◇トピック

 最終日の茂木さんのプレーのトピックは、2番ホールになるでしょうか。

スタートホールのパー5で段の上に付けてファーストパットが下の段のカップを大きく通り過ぎて△とし、少し雰囲気が悪くなりかけたところで、2番で今度は上の段のカップに対して下の段に付けます。距離は10m近くあったでしょうか。そしてちょうど同じような位置のやや手前に三塚さんが付けたので、三塚先生のパッティングをじーっと見てから、改めてしっかりと時間を掛けてラインを読み、思い切って打ち切ったボールは、そのままカップイン!

これは本当にいいパッティングでした。

◇プレー

 ただ、プレー全体を見ると、2日目よりは初日に近い感じでした。

特に目立ったのが、初日にも多く見られた、アイアンでの右手前ショート。もし溜まった疲労から飛距離が落ちているのだとすれば、それはあまり良くありません。なので、ここは敢えて、変えたばかりの新アイアンがまだ完全にはしっくり来ていない、ということにしておきたいと思います。

悪い時は道具とか何か他のせいにしておく。これは、メーカーの人は渋い顔をするかもしれませんが、選手本人にとっては時として有効な考え方だと思いますので。

◇ペアリング

 黒っぽい三塚優子さんと赤っぽい山本薫里さんだったのですが、さすがに三塚さんは飛距離も出るし、弾道も高くて、ショットにキレがありました。なにしろ普通にバックスピンで戻りますからね。そしてギャラリーも、関東ほどではないのですが、それなりに集めていました。

ちなみホールアウト後の18番からの移動の際には、三塚さんと茂木さんは仲良く相合傘でハウスに向かっていきました。

◇おまけ

 ちょっと大場美智恵さんのプレーを観る機会があったのですが、その時同組の表さんがすごいプレーで魅せてくれました。

10番ホールでセカンドをショートし、かなり手前のサブグリーンの手前のバンカーのあごの近くからのサードショットを再びショートし、今度はメイングリーン手前のバンカーへ。アマチュアなら□以上ほぼ確定ですし、プロでもその恐れの高いシチュエーションです。しかし、4打目のバンカーショットは、ふわりと舞い上がると、そのままコロコロと転がって、軽くピンに当たって、カップイン。

パー4でバンカーに2回落としながらのパーセーブに、プロの技の真髄を観たような気がしました。

|

« マスターズ最終日 | トップページ | 週刊ダイヤモンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/42916874

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日観戦:

« マスターズ最終日 | トップページ | 週刊ダイヤモンド »