« マンシング初日 | トップページ | マンシング2日目 »

初日観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

マンシングウェアレディース東海クラシック@南愛知カントリークラブ美浜コース(愛知)、初日観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 ピンクのバイザー、赤&白&ピンクのストライプの秋っぽい長袖、白の短パンでしたが、朝一はピンクのレインウェアで出てきたり、雨足が強まるとえんじのキャップに代えたりと、変化の多い1日でした。

あと、バットは今回は2本持ってきていました。

◇1番

 右のFWファーストカットからピン手前3mほどに乗せて、しっかり打ち切って決めておはようバーディー。なにげに久しぶりに見たような気がします。

◇7番

 ただ、おはようバーディーの後が続きませんでした。

なかなかピンに絡まず、バーディーチャンスにならないまま迎えた7番パー4で、1.5mほどのパーパットがクルリ。しばらく固まる茂木さん。これでイーブンに戻ります。

◇後半

 雨足と共に、風も強まってきて、まさに台風襲来の嵐の様相を呈してくるのと同様に、茂木さんの調子も徐々に難しい状態になってきます。

12番パー5では、強烈なアゲンスト風雨に向かって力んだのか滑ったのか、ティーショットが大きく右へ出て、斜面のラフの木の陰へ。思い切って斜め前方方向を狙うも、これがチョロ。3打目でFWに戻して、4打目でぐりーんを狙うも、ショートして左手前のラフへ。そしてここから寄せきれずに2パットの□。

次の13番では、セカンドが再び強烈なアゲンスト風雨にあおられて右手前の花道へ。ここからアプローチを1.5ほどに寄せるも、2パットで△。

さらに15番パー5では、逆に強烈なフォロー風雨になったため、2オンを狙うかどうかずーっと悩んだ結果、刻みを選択。が、このショットは飛びすぎて、あごの高いグラスバンカー斜面を直撃し、良くないライに転がり落ちます。そして、3打目はやはり引っ掛け気味に左に出て、カラーまでしか捉えきれず、ここからやはり1.5mほどに寄せるも、これが三度入らずで、△。

どうにもこうにもうまくいきません。

◇全体

 ホールアウト後の茂木さんの表情は、今シーズン見たことがないほどにこわばっていました。あの片山津で打ちのめされた時ですら、上がってきた後は苦笑いレベルだったのですが、今回は茂木さん自身としては、それ以上に納得のいかないプレーだったのだと思われます。

ただ、夕練なしで上がった茂木さんですが、その際にジェイコーチとだいぶ話していたようですので、そこである程度吹っ切れていることを期待します。

馬場ゆかりさん
◇ウェア

 白バイザー、紺色長袖に、薄水色のショートパンツのゆかりさんでしたが、こちらも雨足に応じて、グリーンのレインウェアになったりしていました。

◇1番

 茂木さんのひとつ前で回っていたので、ちょこちょこ観ることができたのですが、不動さんと一緒だったので、ギャラリーは結構付いていました。

スタートホールでは、セカンドがグリーン右手前バンカーのあごに突き刺さり、なんとかアドレスを決めて打ち込んだものの、やはり脱出できず。2度目で無事脱出するも、3m以上残ってしまい、これを決めきれずに、□。

厳しい出だしでした。

◇6番

 その後午前中に3つのバーディーを奪っているのですが、残念ながらそれらは観ることができませんでした。この目で観た中での見せ場と言えば、6番パー3で手前に外しながら、アプローチをまずまずに寄せて、残ったパットをねじ込んで、鮮やかにバーセーブを決めたところでしょうか。

この時は、ギャラリーからも感嘆の声が上がっていましたから。あそこからパーを取るとは、やっぱプロはすごいなぁって。

|

« マンシング初日 | トップページ | マンシング2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンシング初日 | トップページ | マンシング2日目 »