« 選手権2日目 | トップページ | 選手権3日目 »

2日目観戦

mogi_070604s.jpgyukari_060102s.jpg

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯@片山津ゴルフ倶楽部・白山コース(石川)、2日目観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 黄色のバイザー、薄い黄色の半袖に、薄いブラウンのショートパンツで現れた茂木さんの手には、素振りバット初号機が握られていて、ジェイコーチの見守る中、朝の練習を行っていました。

◇2番

 1番を無難に3オン2パットのパーで切り抜け、2番のセカンドは右手前のラフに捕まります。フォアキャディさんによると初日はピンが右に切ってあって手前のラフでみんな苦労してた、ということで、まさにそのラフからの茂木さんのアプローチはまずまず上手く打ててピン奥1mほどに付けるも、このパットがスライスで切れてしまって、△。

◇フォアキャディ&ルーキーキャンプ

 ちなみに、初日にロストボールになる選手が何人か出たらしく、進行をスムーズにするという意味も含めて、2日目からはフォアキャディさんを大幅増員して、全てのホールのセカンド落下地点に人を配置していました。片山津のキャディさんだったり、ルーキーキャンプ中のルーキーたちだったり。

女子アマ優勝の森桜子さんもフォアキャディをしていて、しっかり球の行方を追いつつも、たくさんの人に声を掛けられて、笑顔で元気よく対応していて、非常に好印象でした。あと、茂木さんの組には移動ギャラリー整理で2人のルーキーが付いていて、一生懸命雑音を抑えようと動いてくれていました。ルーキーのみなさん、御苦労様です。あと2日間、よろしくお願いします。

あ、そうそう、選手権の全部見せます名物、ルーキーインタビューも1番ティーの後ろで撮ってましたね。がんばるぞー、おーって。

◇3番

 打ち上げのセカンドは左手前のラフに捕まるも、アプローチで右下1mに寄せて、これを決めてナイスパーセーブ。

◇5番

 左に外すともしゃもしゃのラフで厄介なパー3で、左に外してしまった茂木さん。左足下がりのもしゃもしゃのラフで、しかもピンが手前という正直どうしようもない状態から、魔法のようなロブショットを放つと、これがピン奥70cmにピタリ。もちろんパー。

このアプローチ、間違いなく茂木さんの今日一でした。

◇6番

 ここで下村真由美さんがトラブります。セカンドがわずかにショートすると、ボールは絶壁のラフを手前に転げ落ちると、約6m下のバンカーで止まります。ところがこのライが左足下がり。どう考えても6mも上がるはずがありません。それでも果敢に挑戦したしもまゆさんですが、やはりボールは上がらず、前の絶壁のラフに刺さって止まります。このアドレスがバンカー内の急斜面になるため、一生懸命足場を固めて、ようやく打てたボールは思いのほか上手く出て、ワンピンくらいに付きました。そして、このパットを気合でねじ込んで、△。これはもう、ナイスボギーと言っていいと思います。

ちなみに茂木さんは安全に2オン2パットでパー。

◇15番

 今日はずっといいショットのキレを見せていた高又順さんですが、なかなかパットが決まらずに迎えた15番で、またしても奥3mのバーディーチャンスに付けます。そしてこれを丁寧に流し込んで、ナイスバーディー。

その時のウスンさんの喜びようったらもう。しばらくキャディさんも交えて、喜びまくっていました。そこまで惜しいパットが続いていただけに、その気持ちはよーく伝わってきました。

一方の茂木さんについては、3番から15番まで、バーディーチャンスはほとんどありませんでした。今日はショットがピンに絡むことがほとんどなく、アプローチもなかなかお先にの距離まで寄らず1m~1.5mのシビれるパットを決めてのパー、という感じでした。

とにかくティーショットがラフにいったらノーチャンスで、グリーン周りのラフがどこもかしこももしゃもしゃでどうにもこうにも寄らなくて、しかも全てのバンカーが非常に効いているということで、難易度の高さを痛感させられながら、16番へ。

◇16番

 このパー5では、しもまゆさんが左上1.5mに付けてバーディー。茂木さんはさらに近く左1.5m弱に付けて、このバーディーパットを慎重に沈めて、ナイスバーディー。

この時の茂木さんの嬉しそうな顔ったらもう。同時にものすごくホッとした顔をしてましたね。やっと来たよーって感じでしょうか。これで本日イーブン。いい感じです。

◇17番

 パー3のティーショットはグリーン手前のちょい花道に止まり、ファーストパットはややショートでカップ左手前1mほどに止まります。そしてパーパットが、クルリ。あうっ。

◇18番

 413Yの上りのパー4で、風次第ではドライバー、スプーンでも届かないという(たぶん)最難関パー4でのティーショットは左バンカーすぐ右のラフへ。バンカー際でアドレスを決めきれないままに刻みに行ったセカンドは、FWをわずかに超えて右のラフへ。さらに打ち上げのグリーンを狙うも、ショートして右手前のバンカー。もちろん一発で脱出するも奥に行ってしまい、これを決めきれずに、□。

上がってきた茂木さんは・・・苦笑いでした。ちょっとねぇ、やっちゃったねぇって感じで。ただ、その後ジェイさんとかなり話していたようなので、この上がり3ホールについては、やっぱりすごく悔しかったんだと思います。

馬場ゆかりさん
◇18番

 白バイザー、白半袖、赤いショートパンツのゆかりさんを、18番から観ることができました。左バンカーからのセカンドを前の土手に当てて、3打目でピン下3mに付けると、これをねじこんでパー。

前半は□3つと今ひとつ冴えなかったゆかりさんですが、このナイスパーから巻き返してもらうべく、応援を始めます。

◇1番

 打ち下ろしで短めのチャンスホールのパー5で、果敢に2オンを狙ったものの、右のバンカーに捕まります。そしてこのバンカーショットがふわりと飛び出すと、

ガンッ。

ピタリ。

そう、ピン根元を直撃すると、ほぼその場で止まったのです。

バンカーが深かったため、ゆかりさん自身には何が起きたか分からず、ん?って感じでグリーンに上がってきて、ボールの位置を見て、おぉって驚いてました。

そしてお先にタップをしようとしたところ、カップのエッジがボールの直撃で痛んでしまったらしく、まずはそれを一生懸命直しました。そして、ナイスバーディー。ゆかりさん、すごいっ。

◇2番

 セカンドを左のラフに外し、もしゃもしゃ(こればっかり)のラフからのアプローチが3mほどオーバーしてしまい、これを決めきれずに、△。1番の後だけに、無念。

◇8番

 6番、7番のバーディーチャンスもわずかに決められずに+10のまま迎えた8番のティーショットは右のバンカーに入り、思い切って狙ったショットは前の土手に当たって、少ししか飛びませんでした。

カットライン+8予想の中では、万事休すかと思われましたが、もちろんゆかりさんはあきらめていませんでした。

3打目をピン右手前3mに付け、これをねじ込んでパー。

◇9番

 さらに最終パー5の3打目をピン左2mほどに付けると、これもねじ込んで、バーディー。通算+9でホールアウトします。

この時点では+9の可能性もあったため、関係者一同がやきもきしながら速報版をずーっと眺めていたのですが、最終的に3人だけ及ばず、全選手がホールアウト。

上がり2ホールの奇跡的なプレーがあっただけに、ぜひとも決勝でもプレーしてもらいたかったのですが、その願いは残念ながら叶いませんでした。

|

« 選手権2日目 | トップページ | 選手権3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/42455881

この記事へのトラックバック一覧です: 2日目観戦:

» ゴルフがヘタですね! [ゴルフスイング上達法!これを知らずに練習するな!]
[続きを読む]

受信: 2008/09/25 22:42

« 選手権2日目 | トップページ | 選手権3日目 »