« CAT最終日 | トップページ | スープカレー »

パッティング

mogi_070604s.jpg

茂木宏美さんが公式サイトでパッティングについて触れています。

その内容は、現地で観戦している中で、ギャラリーが感じていることとほぼ一致しているように思います。

修正ポイントについても、軽井沢のパッティンググリーンで、キャディのディーンさんに見てもらいながら、何度も何度もストロークしている姿が印象的でしたし。

茂木さんと言えば元々パッティングの名手で、TVの実況でもそう紹介されることが多い選手です。かつてジャンクSPORTSに出た時も、他の選手たちからそう言われていました。

ただ、昨年春先のスウィングがなかなかうまくいかなかった時期から、パッティングの方も少しずつずれてきていたのかなという気がします。

実際に、それまでずっと使い続けてきたケビン・バーンズ・タイプⅡを止めて、テーラーメイドのロッサに変えたり(ガイザーの優勝はこのパター)、ブリヂストンのプロトタイプを試したり、と試行錯誤を繰り返していました。

とは言え、そんな中でもしっかりと2勝していますし、優勝した時にはやっぱりパターは入っていますし、茂木さん自身が今気になっている点というのも、たぶんほんのちょっとしたことだと思うんですよね。

やはりパッティングは感覚的なものだと思いますし、そのちょっとした点がしっくりくるようになれば、今まで以上にスコアをぐんぐん伸ばせる茂木さんの姿を大会会場で観れるようになるのではないでしょうか。

その日を、楽しみにしています。

|

« CAT最終日 | トップページ | スープカレー »

コメント

試行錯誤しながらも、ピンタイプを使い続けているのが、嬉しいです。私もピンタイプ派なので(^^ゞ

投稿: まっち〜 | 2008/08/25 20:38

まっち〜さん:
 確かに、そうですね。
マレットを使ってる茂木さんのパッティングってのは
ちょっと想像できないです。
ちなみに、私もピンタイプ派ですし(^^ゞ

投稿: こぶ | 2008/08/25 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/42285822

この記事へのトラックバック一覧です: パッティング :

« CAT最終日 | トップページ | スープカレー »