« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-③ | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑤ »

茂木さん優勝!物語Ⅱ-④

mogi_070604s.jpg

9、7番

 6番パー3ではピタッとピンそばに付けるも、下りの切れる
ラインに上手く合わせきれずにパーとして悔しそうな表情を見せ、
次の7番は普通にパーとした茂木さん。

しかし、7番グリーンサイドで見つめるギャラリーに、なんだか
元気がありません。というのも、3番で最大標高に到達し、4番
から徐々に山を降りてきたコースは、この7番で一気に山に向け
て上っていくため、普通に付いて行ったギャラリーはグリーンに
到達した時点ですでに疲労困憊。息も絶え絶えに近くの売店で
ドリンクを買い求めるので、売店はとても繁盛していました。

また、猛暑の中、ここは少し風があったので、冷えたドリンクを
飲みながらパッティングを見ているうちに、少し復活します。

10、8番

 前半2つ目のパー5で、グリーン左奥の厳し目のカップ位置に
対して果敢に攻めた茂木さんのサードショットは止まりきらずに
奥のカラーまで行きます。一方のジウさんはカップにピタッと
付けてきました。

茂木さんの下りのパットはカップをかすめて抜け、ジウさんは
このチャンスをしっかりモノにして、再び11アンダーで2人が
並びます。また、この頃には2番手グループが9アンダーまで
伸ばしてきていて、これはまだまだ油断は禁物な感じでした。

11、9番

 前半最後の9番もしっかりパーオンするも、これも入らず、
両者譲らずに11アンダーのまま前半を終了。

ここまでの茂木さんのプレーとしては、ティーショットは普通で
アイアンはワンピンから2ピンくらいには付いていました。
たまにグリーンを外しても、安定感のあるアプローチでパーで
しのいでいましたし。

ただ、パッティングがなかなか入っていませんでした。茂木さん
自身も最終日伸ばさなくちゃいけないというのは分かっていて、
さらにボギー先行だっただけに、パッティングに対する気合が
少々空回りしていたのかもしれません。

もっとも、パッティングについては、ジウさんの方が難しい状況
で、こちらはショットがいいのでワンピン以内のしかも手前に
何度もきっちり付くんですが、明らかに打てていませんでした。

両者のパッティングを観ていると、たぶんどこかでコロンと入り
出すだろうから、そこまで我慢できるかどうかが勝負の分かれ目
だなと思われました。そうなると去年のガイザーで14番まで
我慢して我慢して15番から一気に爆発した茂木さんの経験が
活きてくるのはないかと期待しながら、いざ後半へ。

【茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑤ に続く】

|

« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-③ | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑤ »

コメント

本当に茂木さん良かったですね!
TV観戦久しぶりに燃えました。
18番のバーディパットを決めた後の茂木さんの
小さく繰り返すガッツポズが感動深くで印象的でした。きっとまりこさんのお父様も陰ながら大喜びだと思います。今シーズン2勝目を期待して、これからの茂木さんのご活躍を祈念いたします。
物語Ⅱ-⑤楽しみにしています!

投稿: みょうが | 2008/07/07 22:18

みょうがさん:
 続きは本日午前中に順次UPしていく予定です。
あと4編、お楽しみください。

投稿: こぶ | 2008/07/08 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-③ | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑤ »