« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-② | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-④ »

茂木さん優勝!物語Ⅱ-③

mogi_070604s.jpg

6、1番

 パッティング練習を終え、ティーグラウンドに上がったところ
で盛大な拍手に迎えられ、それに対して丁寧に応える茂木さんの
姿に、地元感をひしひしと感じます。

そして緊張のティーショットはしっかりFWを捉えて、まずは
一安心。さらにセカンドできっちりグリーンを捉えて臨んだ
バーディーパットは惜しくも入らず悔しそうな表情を見せるも、
ま、スタートホールはまずはパーでよしとしましょう。

7、2番

 174Yパー3の茂木さんのティーショットは右のバンカー
方向に出ると、グリーンエッジギリギリに落ちて、かろうじて
カラーで止まります。ふぅ。

ここでパターではなくウェッジを選択した茂木さんのアプローチ
は若干引っ掛かり気味に入ったためか、1.5m程度ショート。
そしていきなりの試練のパーパットが惜しくも入らずボギーとし
一歩後退。最終日優勝争いでのボギー先行は確かに痛いですが、
ここは切り替えるしかありません。

しかもちょうどうまいことに、2番と3番の間には心臓破りの坂
第1弾があり、ギャラリーはまずここでつぶされるのですが、
選手はここをゴンドラ?に乗って優雅に上がっていくので、その
間に一息付くことができるのです。

おそらく、ぜえぜえ言いながら坂を上る応援団のみなさんの姿を
見ながら、茂木さんはここで改めて気合を入れ直したであろうと
想像できます。実際、次の3番は無難にパーとしていますから。

8、4番

 519Yやや打ち下ろしのパー5でFW、FWと繋いできて、
茂木さんは左1.5m、ジウさんは手前2.5m、山口さんは
右1mに付けて、全員バーディーチャンスを迎えます。

まず、3番をボギーとしたジウさんがここも打ち切れずにパー。
そして茂木さんはこのパッティングをしっかりと打ち切って、
本日初バーディー。ガッツポーズをし、一気に盛り上がった
ギャラリーの声援に応えて、当日スコアをイーブンに戻し、
単独トップに返り咲きます。

【茂木さん優勝!物語Ⅱ-④ に続く】

|

« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-② | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-② | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-④ »