« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑤ | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑦ »

茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑥

mogi_070604s.jpg

15、14番

 中継ホールに入った14番パー3では冷静なショット&パット
できっちりパーを取り、続く15番でもバーディーチャンス逃し
のパーとして、12アンダーをキープします。

ただ、このグリーンサイドのボードを見て、ギャラリーは騒然と
なります。同組のジウさんに加えて、2つ前のチヒさん、1つ前
のアッコさんが11アンダーと伸ばしてきていたからです。

それだけに15番のバーディーパットが入らなかった時には、
ある種悲鳴のような声がギャラリーから上がっていました。

16、16番

 ティーショットはやや右に出ると、狭いFWの右斜面のラフと
ファーストカットの境目辺りに落下すると、かろうじて出てきて
ファーストカットの方で止まりました。

どっちで止まるかを固唾を呑んで観ていたギャラリーもこれには
ほっと一息。まーまーまーまぁあれなら大丈夫と顔を見合わせて
胸を撫で下ろしていました。ティーグラウンドの茂木さんからは
たぶん見えなかったと思うので、歩いてくる間はちょっと不安
だったかなと思いますけれど。

かなりのつま先上がりのファーストカットのライからのセカンド
ショットはいい音がして、フィニッシュも決まっていたので、
安心してグリーンを観ていたら、ぼすって音がして、ボールが
無くなりました。

え?観ていたギャラリーも一瞬訳が分からず、やがて右手前の
バンカーに捕まったのだと理解し、1打差で3人が追いかけて
くる中でのこのバンカーショットの意味を考えて、ざわめきが
広がっていきました。

みんなが祈るような思いで見つめる中、バンカーからの茂木さん
のショットはピン左に出ると、思ったほどにはカップに寄って
いかずに、2m以上残して止まってしまいました。

しかし茂木さんはこのパットを執念でねじ込んでパーセーブ。
もちろんギャラリーの大歓声も一気に弾けます。うん、いいね。
いい雰囲気になってきました。1打差トップキープです。

ちなみにこのパット、現地ではグリーン面が高くてラインが
あまり見えていなかったんですが、TV放送で見るとものすごい
スライスラインをほぼ真横から入れていて、かなりビックリ。
このパットの難しさとそれを気合でねじ込んだ茂木さんのプレー
に後から改めてじんわりと感動したりしていました。

17、18番

 17番パー3でもしっかりグリーンを捉えて、バーディー逃し
のパーとし、勝負は最終18番パー4へと持ち込まれます。
普通に観ていれば、最高にスリリングな展開に違いないのですが
茂木さんを応援するギャラリーとしては、もうただただ祈るのみ
でした。

まずはその祈りが通じたのか、茂木さんのティーショットは何の
問題も無くFWを捉えます。このティーショット、実は普段以上
に思いっきり振ってたようです。緊張するとどうしても置きに
行ってしまって、そうするとボールは曲がることを知っている
からこその、渾身のフルスウィングだったわけです。

そしてセカンド地点に歩いていく途中で、前方の18番グリーン
で歓声が上がります。ん?アッコさん?バーディー取ったのか?
ということは並ばれたのか?しばらく歩いて、恐る恐るグリーン
サイドのボードを見てみると、やはり並ばれていました。

となるとセカンドをぜひともピンにくっつけて、バーディーを
狙いたいところです。少なくとも手前に落とすことだけは絶対に
避けなければいけません。

しかし追い付かれたことなど知る由も無い茂木さんは、自分の
プレーに集中して、ここで目の覚めるような抜群のショットを
見せると、これがピン右2.5mにピタリ。これでプレーオフは
何の問題なく、もしかしたら一気に優勝を決める可能性さえ出て
きました。

そして、運命のバーディーパット。

コツン・・・・・カッコーン!!

か、勝ったー。勝ちましたー。
茂木さん、最後にバーディーで突き放しての、優勝です。

【茂木さん優勝!物語2-⑦ に続く】

|

« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑤ | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑦ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑤ | トップページ | 茂木さん優勝!物語Ⅱ-⑦ »