« サントリー最終日 | トップページ | サントリー5日間 »

最終日観戦

mogi_070604s.jpg

We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフトーナメント@六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫)、最終日観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 赤バイザー、濃い赤の半袖、薄いブラウン?の短めショート
パンツで、2日目の色違いっぽい雰囲気でした。同組の肥後さん
も赤いウェアだったんですが、こちらは長ズボンだったんで、
ちゃんと区別はできてよかったです。

◇2番

 セカンドから打ち上げのFW右サイドからのショットはケイコ
さんと同じく左手前の深いバンカーに捕まります。先に打った
ケイコさんのバンカーショットはグリーン面を上手く捉えるも
転がってワンピン程度奥に行きます。それを見た茂木さんは
さらに手前のカラーぎりぎりにボールを落とすも、今度は思った
ほど転がらず、手前にワンピン程度ショート。2人ともこれを
決めきれず揃ってボギーとなりました。

最終日もボギー先行となり、そのいやな雰囲気を払拭すべく、
応援にも気合が入ります。

◇8番

 ドライバーでしっかりFWを捉えた後のセカンドショットは
ほぼピンハイに落ちると転がって右奥4mに止まります。
難しい下りのフックラインに対して繊細なタッチで打ち出された
ボールはゆっくりと左に曲がりながらカップに向かい、ど真ん中
からナイスバーディー。よし、これでイーブン。茂木さんはもう
満面の笑顔でニコニコです。

◇9番

 バンカー横の深いラフからのセカンドはグリーン面を捉えるも
そのまま弾んで右奥の深いラフへ。ここで、会場スタッフがまず
ロープ杭を抜くのに手間取り、次にギャラリーを下げるのに手間
取り、さらにすぐ近くで携帯の呼び出し音が鳴るという最悪の
状況下でのプレーとなり、気を取り直してアプローチをするも、
案の定ショートし、パットもカップをわずかに掠めてのボギー。

お願いしますよ、ホントに、もう。

◇10番

 右セミラフからのセカンドはピン左上に落ちるとくるーりと
右側にループして転がって、左上ワンピンに付けます。そして
残った下りのパットをしっかりと真ん中から沈めて、ナイス
バーディー。再びイーブンに戻します。9番のことがあった
だけに、このバーディーは本当に嬉しそうでした。

◇12番

 11番パー3で長ーいパットをきっちり2パットでパーとし、
次の12番パー5のFWセンターからのサードショットでピン
右横ワンピンにピタッと付けると、ほぼストレートのラインを
しっかり沈めてナイスバーディー。ついにアンダー突入です。

◇15番

 FWの絶好のポジションからのセカンドは左に飛び出すと、
グリーン上でもすぐには止まらずそのままピン左奥8mほど
でようやく止まります。長い下りのスライスのラインで、
2パットのパーでOKかなと思ったこのパットを、ジャスト
タッチでカップに流し込んでナイスバーディー。すごい。

◇16番

 ティーショットが左バンカーの飛び込むも上手く飛び出して
くれて、ラフで止まります。ただ、これがつま先下がりの土手に
なったため、セカンドショットは右に飛び出して、右の窪地の
ラフに落ちてしまいます。

ピン位置は一番奥で、しかも奥に下っているグリーン面に対して
真横のグリーン面の見えない窪地からのアプローチという、非常
に難易度の高いショットが要求されます。

ここで茂木さんの放ったアプローチはカラーぎりぎりを捉えると
ピンに向かい、わずかにカップを掠めると、そのまま反対側の
カラーまで行ってようやく止まりました。この時、茂木さんは
ショットすると同時に窪地から駆け上がってきて、カップを
通り過ぎていくボールのラインをじーっと見つめていました。

つまりオーバーするのは予想通りで、返しのパットを入れること
に集中していたということです。それだけに非常に期待された
パーパットは、ややフックに打ち出されてカップに向かうも、
わずかに手前の右で止まってしまい、惜しくもパーならず。

15番を終えた時点で一時9位タイになっていただけに、
ティーショットのアンラッキーが悔やまれてなりません。

◇17番

 16番で気落ちしているかと思いきや、茂木さんはここで
スーパーショットで魅せます。

名物パー3ホールのティーショットは、ピン手前5mほどに
落ちるとコロコロと転がって、カップ左1mにピタリ。観ていた
定点観戦ギャラリーからもホールインワン期待のおおーという
どよめきが起きるくらいの、完璧なショットでした。

そして軽いスライスラインを慎重に読むと、左端からコロンと
ナイスバーディー。ちょっとヒヤリとしましたけど、アマプロの
ショットを上回るスーパーショットで16番を帳消しにします。

◇18番

 そして最終日の18番はしっかりとFW左サイドのベスト
ポジションをキープ。しかしセカンドショットはやや左に出て
しまい、グリーン左の奥気味に乗ります。ここはどうしてもパー
で収めたい、長くて複雑なラインへのファーストパットはやや
ショートするも、次のパーパットを慎重に、どこまでも慎重に
決めて、きっちり最後を締めてのホールアウト。

うん、茂木さん、ナイスプレー。

佐々木慶子さん
◇ウェア

 正面ピンク&側面白のキャップ、白の半袖、薄いピンクの短め
ショートパンツのケイコさんは、茂木さんと一緒に仲良く話し
ながら練習グリーンからティーグラウンドに歩いてきて、今日
一日の楽しいラウンドを予感させました。その様子はウェアの
シルエットが似ていたこともあり、さながら仲良し姉妹といった
雰囲気でした。そして、キャディは外国人男性でした。

◇6番

 グリーン右サイド手前のピンに対して、ティーショットは
左サイドやや奥よりに乗ります。途中にマウンドもあり、非常に
難しい10mを超えるロングパットが残ったのですが、なんと
これをほぼジャストタッチで沈めてナイスバーディー。

ちなみにティーからグリーンまで歩いていく途中にはまりポンと
茂木さんと非常に楽しくじゃれあいながら降りてきてました。
内容まではわかりませんでしたけど、これぞ同期ラウンドの
醍醐味ですね。

◇18番

 ティーショットは明らかな引っ掛けでブーメラン状態でFW
左サイドのギャラリーにまっしぐら。みんながひええと逃げる
中に飛び込んだボールはカート道で1回、2回と跳ねてから
溝に落っこちてようやく止まります。ギャラリーに当たらなくて
ホントによかったです。何しろいっぱいいましたからね。

そこからグリーン右手前のバンカーに落とし、ナイスアウトも
少し残ったパーパットを惜しくも決めきれずにボギーとし、
73で最終日を終え、通算でもイーブンで終了となりました。

永井奈都さん
◇ウェア

 水色バイザー、鮮やかな蛍光水色の半袖、白パンツで茂木さん
の前の組を回っていたので、遠くからでもよく分かりましたし、
結構威勢のいい声援が掛かっていたのも印象的でした。さすがは
地元関西人。

◇ギャラプラ

 優勝争いをギャラプラで見ていたら、斜め後ろのテーブルの
集団が少し早めに帰り始めて、ふと見ると、奈都さんでした。
御家族親戚関係者一同で締めのお茶をしていたようです。

東妻茜さん
◇ウェア

 白バイザーに、赤白の細かいチェックの半袖に、赤いショート
パンツでパッティング練習中でした。

おまけ

 最終日の佳林は夕方は臨時休業でした。
もちろん桃子さんの優勝記念パーティー用ですね。

|

« サントリー最終日 | トップページ | サントリー5日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サントリー最終日 | トップページ | サントリー5日間 »