« ゆかりさん優勝!物語② | トップページ | ゆかりさん優勝!物語④ »

ゆかりさん優勝!物語③

yukari_060102s.jpg

12、12番

 10番ではゆかりさんが奥に付けるもしっかりこれを決めて
バーディーで首位に並びます。まだまだあきらめません。

次の11番パー5では、3人ともサードショットでバーディー
チャンスに付けます。これを決めたのは三塚さんとみどりさん。
ゆかりさんは惜しいパットを見せるも入らず。再びみどりさんが
単独首位に。やはり手ごわいです。

しかし12番ではゆかりさんがバーディーパットを決めて、パー
としたみどりさんに再び追い付きます。

キレキレのショットで常にバーディーチャンスに付けてくる
みどりさんと、そこまでぴったりとはピンに絡まないものの、
好調なパッティングでバーディーを決めてくるゆかりさん。
ここまでの8、10、11、12番での一進一退の攻防では、
ゆかりさんも健闘はしているものの、スコアを伸ばす可能性と
いう点で、やはりみどりさんに分がありました。

13、13番

 しかしその流れは13番188Yパー3で一気に変わります。

オナーのゆかりさんのティーショットはグリーン手前でバウンド
すると、ナイスオンの声援の中、そのままコロコロと奥のピンに
向かって転がっていきます。そしてグリーン奥のギャラリーが、
こうリアクションします。

『お、おお、おおお、おおおおおお、うわーーーーーっ!!!』

一斉に飛び上がって万歳する奥のギャラリー。奥に向かって
下っているために何が起きたか手前からは見えず、騒然とする
他のギャラリー。そこで奥のギャラリーの声が掛かります。

『入ったーーーーっ!!!』

一気に盛り上がるギャラリー。ミスショットだったため、さっと
みどりさんにティーグラウンドを空けようとしていたゆかりさん
が立ち止まって、えっ?という表情に。

『ゆかりさーん、入ったよーーーーっ!!!』

キャディさんと顔を見合わせて、え?ホントに?入ったの?と
嬉しいような半信半疑のような感じで、みどりさん、三塚さんの
ティーショットを待って、グリーンに歩いてくるゆかりさん。

そしてグリーンに上がるか上がらないかのタイミングで、すごい
ものを見せてもらったグリーン奥のギャラリーから待ち切れずに
すごいぞーと声が掛かり、グリーンの上にボールが無いのを確認
してもまだ半信半疑の様子でカップに歩いてくるゆかりさん。

先にキャディさんがカップを覗き込み、お、あるある、という
感じでゆかりさんを見て、拍手をし、万歳をしてから、カップを
覗きこんだゆかりさんは、1回落としたりしながらボールを拾い
上げ、それはもう最高の満面の笑顔で、そのままエースボールを
奥のギャラリーに向けてそーれって投げ入れちゃいました。

そして焦ったギャラリーがボールを取り損ねてグリーン方向に
戻ってしまったりして、興奮冷めやらぬ中でのみどりさんの
アプローチとパターは寄らず入らずでダブルボギー。

これで一気に3打差。流れは完全にゆかりさんに来ました。

【ゆかりさん優勝!物語④ に続く】

|

« ゆかりさん優勝!物語② | トップページ | ゆかりさん優勝!物語④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆかりさん優勝!物語② | トップページ | ゆかりさん優勝!物語④ »