« ゆかりさん優勝!物語① | トップページ | ゆかりさん優勝!物語③ »

ゆかりさん優勝!物語②

yukari_060102s.jpg

6、1番

 2日目を終えて5アンダーで単独首位、馬場ゆかり♪

という最高の響きの後に放たれたティーショットは緊張からか
やや左に飛び出すも、問題なくピン手前5mほどにパーオン。
ややフックの上りのラインをしっかり読み、しっかりとした
ストロークからのパットは一瞬弱いかなと思わせつつしっかり
届いて、おはようバーディー。ゆかりさん自身も入ったーって
感じの表情で喜んでいました。

うん、いいスタートです。

7、2番

 ティーショットが左のバンカーを直撃し、奥の壁を越えそうで
越えずに跳ね返されてエッジ近くにポトリ。打ち出し角的に
直接グリーンを狙うのは無理なため、手前の花道に刻んだ後の
アプローチを突っ込みきれずにショート。長い上りフックライン
のパーパットが残ります。そしてこれを決め切れずにボギー。

空気がちょっとだけ翳ります。

8、4番

 3番パー3を奥にこぼしながらも無難にパーで切り抜けた
ものの、みどりさんが下の段から駆け上がっての超ベタピンで
バーディーを奪い5アンダーで追いつかれます。

そして迎えた4番パー5では、3人揃って3オン、1パットで
全員バーディーとし、6アンダーで両者譲らず。しかもひとつ
前のモロミーが3連続バーディーで追い上げて、この時点で
トップタイに3人が並ぶ大接戦となります。

9、5番

 5番384Yパー4。ティーショットを引っ掛けて左の林に
打ち込み、再び花道に出すだけとなります。そしてアプローチは
2番の反省からか少々左奥に突っ込みすぎて、下り2mの難しい
スライスラインが残ります。

慎重にラインを読み、慎重に打ち出されたボールはゆっくりと
綺麗なスライスラインを描くと、そのままカップにコトンッ。
嬉しそうにキャディさんと手を打ち合わせるゆかりさん。

このパーセーブパットが前半のゆかりさんの流れを、引いては
優勝の行方を決めることになりました。

10、8番

 6番ではティーショットを右のラフに打ち込みながらも木越え
ショットを決めて2パットのパーとし、7番では左のラフに打ち
込みながらも斜面で転がってFWに戻ってきて、普通にパー。

そして8番173Yパー3。みどりさんがスーパーショットで
魅せます。グリーンセンターを捕らえたボールは、そのまま
ベタピンにピタリ。OKバーディーで単独首位に立ちます。

11、前半

 9番では一旦バンカーに入ったボールが勢いで飛び出してくる
など、ラッキーまでも手中にしていたみどりさんは、キレまくり
のショット&好調なパットと合わせて、前半を見る限りは正直
手が付けられない状態でした。

この時点では、流れは間違いなくみどりさんにありました。

【ゆかりさん優勝!物語③ に続く】

|

« ゆかりさん優勝!物語① | トップページ | ゆかりさん優勝!物語③ »

コメント

結果わかってても、TVでは13番からだったんで、とてもワクワクしながら読み進んでます(^^)

投稿: TT | 2008/04/23 15:14

【ゆかりさん優勝!物語③】 よろしく!
もしかして【ゆかりさん連勝!物語】に続くの(^^)

投稿: しろーと | 2008/04/25 21:04

TTさん:
 ようやく完結まで書き上げました。
お楽しみください。

しろーとさん:
 連勝物語、には惜しくもなりませんでした。
3勝目物語まで、取っておきましょう。

投稿: こぶ | 2008/04/27 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆかりさん優勝!物語① | トップページ | ゆかりさん優勝!物語③ »