« 伊藤園最終日 | トップページ | 74期生優勝争い »

伊藤園最終日観戦

mogi_070604s.jpgkitada_050809s.jpg

伊藤園レディスゴルフトーナメント@グレートアイランド倶楽部(千葉)、最終日観戦。

スタート前

 最終日最終組ということで、朝のハウス周辺はごった返してる
かなと思いきや、みんな人気プロに付いて行ってしまって意外と
空いている中現れた茂木さんの表情は、とてもにこやか。この後
のいいプレーを予感させます。

2~5番

 この4ホールのアイアンショットのキレはまさに圧巻でした。
4連続ワンピン以内のバーディーチャンスで、3つバーディー。
この時点で前を行く佐伯さんと1打差の単独トップに立ちます。

この頃には茂木さん応援団も勢揃いしていて、みなさん大いに
盛り上がっていました。5番で茂木さんがバーディーパットを
先に決めて、早めに6番に向かおうとした時にみんながナイス
バーディーと声を掛けたところ、茂木さんが口に指を当てて
しーっ、と。まだ2人のパットが残ってたんですね。う、反省。

7番

 手前に池のあるパー3の茂木さんのティーショットは明らかに
ショート気味の軌道を描いていました。ギャラリーからやばい、
というつぶやきのもれる中飛んできたボールは、手前のカラーの
池まで30cmの地点に落下し、10cm戻って止まりました。

このショットにはさすがに息を呑みました。頼むから届いてくれ
お願いだから止まってくれ、と。そしてそんなみんなの動揺も
冷めやらぬ中、しっかりとアプローチを寄せてナイスパー。
どうやら今日の茂木さんには幸運もありそうです。

8番

 セカンドでピン奥に付けて残った長ーいパットをしっかり
打ってオーバーした後の返しのパット。これがカップの淵で
くっと蹴られて3パットのボギー。

後から考えてみると、このホールがキーだったなと思います。
7番で危うく掴んだ幸運が、ここで少し手を離れたのかも、と。
もちろん観戦中はそんなこと露ほども考えることなく、まだまだ
行ける、大丈夫大丈夫と思っていましたが。

9番

 セカンドを先に打ってタミーのショットをする間に、茂木さん
とルイさんはキャディさんも含めて一緒に待っていて、そのまま
グリーンまで一緒に歩いてきていました。この時、2人とも
ニコニコと楽しそうに話をしながらずっと歩いてきていました。
厳しい優勝争いの中、あんなにもいい笑顔で楽しく会話できる。
やはり、同期っていいもんです。

10番

 移動中に横峯さくらさん&馬場ゆかりさん待ちのギャラリーに
揉まれながらたどり着いた10番のティーショットはFW右の
木の間へ。ほぼ同じ位置からのタミーの低いセカンドショットは
木を避けてグリーン中央にナイスオン。続く茂木さんはたぶん
木の上を狙ったんだと思いますが、これが木に当たってグリーン
手前のカラーにポトリ。アプローチで2m弱まで寄せたものの、
これがカップ右をまっすぐ抜けてボギー。むむ。

12番

 11番のバーディーチャンスを惜しくも逃して迎えた12番
パー3のティーショットは明らかに右に出ると、大きなグリーン
の中央右のカラーで止まりました。そしてカラーを経由して
大きく曲がる上りのフックラインに対して思い切って打ち出した
ボールはカップ右からのマウンドに掛かって加速するとカップを
大きく通り過ぎてしまいました。さらに返しのパットが惜しくも
入らずボギー。これでトゥデイイーブン、振り出しに戻ります。

15番

 13番で惜しいバーディーパットが入らず、14番をパーとし
迎えた15番パー5では、ベタピンのサードショットで魅せて
くれました。直前に打ったタミーもベタピンのナイスショット
だったので、ここから再びギャラリーが盛り上がり始めます。
もちろんバーディーパットは難なく沈めて-5とし、前を行く
佐伯さん次第ではあるものの、可能性を残します。

18番

 16番、17番とパーでしのいだ後の最終18番はまさに
劇的でした。セカンドがグリーンを捉えるのを見届けてグリーン
に向かう途中で佐伯さんトラブルとのささやきを耳にし、急いで
グリーン脇にたどり着くと、ボードの佐伯さんのスコアが赤字の
6から5になっていました。つまり、茂木さん&ルイさんがパー
なら3人プレーオフ、2人バーディーなら2人プレーオフ、1人
バーディーならそのまま優勝、となります。

ここからはTV放送でみなさん御覧になったでしょうから詳細な
内容は控えますが、あのルイさんのパットは、本当に信じられ
ませんでした。

プレーオフ1ホール目

 アテストを終えてプレーオフの18番ティーにカートで戻って
行く佐伯さん、茂木さん、ルイさんに向けて、ギャラリーから
多くの声援が飛んでいました。その中でもひときわ大きかった
のが茂木さんへの声援で、特にティーショット落下直後にFW
両翼から掛かったナイッショーの声はすごかったです。

ちなみにその中には大山志保さんもいて、ティーに向かう時には
茂木さんが気付いて手を振ってましたし、ナイッショーの声も
しっかり掛けてました。なんだか、とても嬉しかったです。

プレーの方は佐伯さんがボギーとした後、茂木さんが直前の
18番同様に奥から、ルイさんが右手前からのロングパットを
2パットでしのいで共にパーで決着はつかず。

プレーオフ2ホール目

 曇り空で夕闇が迫り時間を気にしたのかいきなりグリーン中央
にカップが切り直された2ホール目。再びティーに向かう茂木
さんに飛ぶ大きな声援と、負けじとルイさんに飛ぶ声援。ついに
真の74期生による優勝争いとなりました。

そして・・・結果はみなさんTVで御覧になったとおりです。
勝敗が決し、普通に握手をした後に、ルイさんを抱き寄せて
健闘を称えた茂木さん。最後までいい勝負を見せてくれました。

ホールアウト後

 18番からジェイコーチと歩いてきた茂木さんはさすがに
かなり固い表情でした。あふれそうになる感情を必死に抑えて
いる、そんな風に見えました。

最後に

 今回はこういう結果となりましたが、そのプレーの内容自体は
素晴らしかったと思います。特に、何度もバーディーチャンスに
付けたアイアンのキレは、絶好調時を髣髴とさせるものでした。
このショットがある限り、元々安定感のあるパットと噛み合い
さえすれば、再びの優勝争いは決して遠くないと思います。

この先も、ますます楽しみな茂木さんです。

|

« 伊藤園最終日 | トップページ | 74期生優勝争い »

コメント

2位だと新聞の取り上げ方も減りますよね。報知に「反省点もあるけど、自信になりました」のコメントが載っていました。心強いですね。
6番での「シー」の時私もあの辺にいまして、同じく反省しております。
後から思うと、8番12番16番のパターがキーでしたね。

投稿: fjun-urayasu | 2007/11/12 20:06

自分のゴルフが入っていたので応援に行くことが出来なかったのが残念でした。ですので、こぶさんの観戦レポート有り難く思います。
残りの2試合も期待できると思います。

投稿: 北国のファン | 2007/11/13 11:41

fjun-urayasuさん:
 でも、僕らの心にはしっかりと残るので、
やはり優勝争いはいいものです。

北国のファンさん:
 これからも楽しみです。

投稿: こぶ | 2007/11/14 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/17073771

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤園最終日観戦:

« 伊藤園最終日 | トップページ | 74期生優勝争い »