« 女子OP2日目 | トップページ | 女子OP3日目 »

2日目”生”観戦

mogi_060225s.jpgyukari_060102s.jpgsasaki_051106s.jpg

日本女子オープン@茨木カンツリー倶楽部(大阪)、2日目”生”観戦。

茂木宏美さん
◇ウェア

 薄いパステル調のピンクのウェアに、薄いグレーの
スラックス風のパンツでした。もちろん裾は限界まで長めで。

ただ、同組の諸見里しのぶさんもピンクでちょっとかぶって
ました。藤田幸希さんはブルーだったのですが。

◇キャディさん

 この日はマリコさんではなくて、時任師匠がバッグを担いで
いました。曇ってるんですがやっぱり暑くて、大変だったと
思いますが、師匠との二人三脚、見ごたえがありました。

◇プレー

 ティーショットがFWになかなか飛ばず、深いラフで出すだけ
深いラフでアプローチ寄らず、グリーン超速くて止まらず、
微妙なアンジュレーションでショートパットもなかなか、という
展開でした。

◇4番

 それでも4番ではグリーン左サイドのラフから、最高の
アプローチを見せてくれました。カラーに落ちたボールは、
すーっと右に行くかと思いきやカップ手前で左に切れて、
見事カップイン!ナイス・チップインバーディーでした。

◇18番

 最終18番。ティーショット、セカンドと完璧なショットを
繋いでのサードショット。ピン筋真っ直ぐに飛んできた
ボールはピン手前3mに落ちると、するするーっとカップ
方向へ向かい、入れーっと声の掛かる中、奥30cmに
ピタリ。すごいっ。楽々タップインバーディーで、ようやく
ニッコリでした。ホントによかった。

◇夕練

 この日も、真っ暗になるまで、時任師匠と西山ゆかりさんと
一緒にずーーっと練習していました。普段は試合会場では
それほど細かいアドバイスはしない時任師匠ですが、
今回はとても念入りに細かく丁寧に指導していました。
茂木さんもいろいろ聞いていましたし。

絶対に明日に繋がると思います。ありがとうございます。

馬場ゆかりさん
◇ウェア

 上から、水色・水色・水色でした。つまり全身水色。
しかも、同組の福島さんと天沼”兄貴”も水色だったので、
こちらはギャラリーに優しくありませんでした。

でも、ゆかりさんはやっぱりすぐに分かりましたけど。

◇2番

 天沼さんがイーグルを取った2番では、福嶋さんのパット
待ちの間に楽しそうに2人でしゃべってました。たぶん、
やったねーみたいなことだと思うんですが、とてもいい笑顔
でした。

◇17番

 16番のセカンド地点で、隣の17番パー3から歓声が。

おっ、来た、来た、おっ、来たーっ、入る?入る?入れー!!
あーーーっ!!!

みたいな。これは誰かがあわやホールインワンをやったんだ
とすぐに分かったので、グリーンへ急行。福嶋さん、ではない。
天沼さんでも、、、ない。

ゆかりさんだ!カップ下20cmにComoComeマーカーが!!

まさにスーパーショット。ゆかりさん、すごいっ。

佐々木慶子さん
◇ウェア

 薄いパステル調のピンクのウェアでした。
慶子さんはこういうパステル風の色合いが好きなのかも。

西山ゆかりさん
◇夕練

 朝霧CC所属にしてチーム時任メンバーの西山さん。
2日目はじっくりとショット練習を見ることができました。

で、西山さん、ものすごくいい球打つんですよ。

軽いフェード系のキレのある球で、ケイコさん的な
アスリートの放つ球ですね。正直、ちょっとビックリして
しまいました。だって、周りのプロの人たちと比べても
全く見劣りしない、素晴らしいショットの連続でしたから。

南條善則さん

 フォトグラファーの通称Nanchanさん。
諸見里しのぶさんにかなり長く付いていました。
確かに他のカメラマンとは違う方向から狙っていることが
多くて、やはり一味違うなという印象を受けました。

で、早速サイトにもエントリがUPされていましたね。

|

« 女子OP2日目 | トップページ | 女子OP3日目 »

コメント

女子オープン昨年に引き続き観戦してきました。 オープンのあの独特な雰囲気が好きです。
生観戦レポート(1)
馬場 ゆかりさん
前にジャン・さくら後ろに諸見里・茂木さん組にはさまれてのスタートでしたが、関西にもゆかりファン多いようです。
NO1 右ラフからのセカンド奥のピンをデッドに攻めるもわずかにグリーンオーバー。
アプローチ「あっショートだ」とおもいきやスルスルっところがりピン下1・5mに、ナイスパーです。
NO4 (381y) FWセンターに250yビッグドライブ、セカンドはグリーンサイド右の小高いマウンドのてっぺんにしかしピンまで6mの難しい状況を50cmの絶妙なアプローチでしのぎます。
NO6 (406y)セカンドを打つ瞬間。ケータイの通話音に邪魔されます。
しかし動じないゆかりさんピン左上6mにナイスオン。 近くにいたギャラリー夫婦、「こういう時は入るもんや」の願いもむなしくカップをかすめます。
NO8(415y)  同伴の福嶋さん大きく左に曲げて崖下の7番まで、天沼さん同じく左林中で真横に出すだけ、ゆかりさん3段で打ち下ろしになっている一番下まで、しかもラフ。 これを手前6mにオンさせナイスパー。
10・11と連続ボギーも他がスコアー伸びていないので順位変わらず粘り中。
NO14(159y)  軽いドローでピン左3mにナイスオン。  スライスラインをきっちり沈めてガッポーズ。
NO17(177y)  7Wで放たれたショットはピンにまっしぐら、グリーン周りのギャラリーから大歓声、ティーからは、砲台で見えません「えっ!入ったんとちゃう」。
なんと20cmのスーパバーデイーでした。
18番は惜しくもボギーとしてしまいましたがこの難易度の高いグリーンに対し素晴らしいアプローチ技を見せてもらいました。
全体的にもリラックスしているし、自身を持ってプレーしている様に感じました。 

投稿: きろくまにあ | 2006/10/02 08:54

生観戦レポート(2)
今回の観戦理由のもうひとつは、トップアマの活躍を見ることでした。
佐伯三貴さん
午前中塩田後亜飛美さん組で見ました。去年も出ていて、福嶋さんと同組で萎縮している様に感じましたが、今年はかなり成長したなの感じでした。
森 桜子さん・宮里 美香さん
残念ながら練習レンジでしか見れませんでした。
菊池絵里香さん 
はつらつとプレーしてました。
小柄でまだ「女の子」って感じでした。
何年か先、上田桃子さんのようになるのかな
西山ゆかりさん(研修生予選会より)
素晴らしい球を打ちます。早くプロに成って下さい。絶対応援しちゃいます。


投稿: きろくまにあ | 2006/10/02 09:33

きろくまにあさん:
 観戦レポートありがとうございます。
ゆかりさん、いいプレーだったようですね。

トップアマでは、櫻井有希さんが同じ京都学園の
森田理香子さんの応援に来ていました。

投稿: こぶ | 2006/10/02 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/12136138

この記事へのトラックバック一覧です: 2日目”生”観戦:

« 女子OP2日目 | トップページ | 女子OP3日目 »