« ミズノ2日目 | トップページ | 2日目”生”観戦② »

2日目”生”観戦①

mogi_050808s.jpg

ミズノクラシック、2日目”生”観戦。

やはりまずは茂木宏美さんから。

茂木宏美さん
ウェア

 萌黄色というか抹茶色というかそんな長袖ウェアに、
紺色パンツでした。ちなみに、マリコさんは、長袖の
茶色のTシャツに、いつもアディダスジャージでした。

朝練習

 本日は師匠・時任プロが登場。朝練をじっと後ろで
見つめて、ポイントを指導していました。昨日のショットの
不調をうまく調整していただけそうな予感を抱いて、
朝練は終了。

ちなみに隣には古閑美保さんと横峯さくらさんが後から
来たんで、ギャラリーはかなりすごいことになってました。

10番スタート

 10番スタートで、相変わらず寂しい練習グリーンでした。
ただ、昨日よりはギャラリーはやや多かったです。

で、スタート前のケイコさんとの絡みが最高だったんですが、
それはケイコさんコーナーでUPしますね。

調子

 ショットの調子は昨日よりはかなり良くなっていました。
やはり時任師匠の指導が効いたものと思われます。
ただ、絶好調でピンビタビタとまではいきませんでしたが。

アプローチ

 2日目の茂木さんのアプローチ、まさに圧巻でした。
特にパー5のサードショットで見せた、バックスピンショット。

残り100Y以下から放たれたショットは、行き過ぎ?と
思うほどに突っ込んでピン奥1mに落下し、そこから
キュルキュルキュルッとバックスピンで2m戻って、
バーディーチャンス!

これを4回中3回のパー5において、見せてくれました。
いや、魅せてくれました。すごいっ。

ケイコさんと

 スタート前も、ラウンド中も、ほんとによくケイコさんと
喋っていて、かなり楽しそうにラウンドしてました。

ただ、後半の後半は、惜しいパットがカップを掠めることが
多かったんで、少ぅしヘコミ気味で、表情も固くなってました。

Hole by Hole

11番 ティーショットが引っ掛けフックで左の谷の際へ。
    (勇み足でナイスショットの声を掛けてしまいました。
     反省。)超爪先上がりからの低い弾道のショットは
    グリーン右サイドに外れ、そこからアプローチを
    ダフって寄らず、パットも入らずでボギー。
12番 パー3のティーショットを左に外すも、ギャラリーを
    唸らせるナイスアプローチでOKパー。さすがに
    同じミスは2度と繰り返しません。
15番 ティーショットが左へ真っ直ぐ抜けてラフへ。
    そこから乗らず寄らず入らずでボギー。
    やはりこのホールは難易度高いです。
16番 池越え190Yのパー3のピン位置は左。
    軽いドローでピン筋に飛んだティーショットは、
    狭いピン左側にナイスオン。左奥からの下りの
    3mスライスラインを読みきって、ナイスバーディー。
17番 上記のミラクルサードショットで楽々バーディー。
    これでイーブン。昨日より早いです。ニコニコ。
1番 ここもミラクルサードショットで楽々バーディー。
   つい「うおぉっ!」と叫んでしまいました。
   2番まで長~く歩く間も、とても嬉しそうでした。
6番 さらにミラクルサードショットで楽々バーディー、
   のはずだったんですが、横からのパットのフックを
   読み過ぎて惜しくもパー。これはさすがに悔しそうで、
   ここから少し表情が固くなってしまいました。
9番 ピン横3mに付けるも、微妙に打ち切れなかった
   パットはカップ寸前でスライスし、惜しくもパー。

明日のペアリング

 またまたケイコさんとです。やっほぅ!

【2日目”生”観戦② に続く】

|

« ミズノ2日目 | トップページ | 2日目”生”観戦② »

コメント

>ティーショットが引っ掛けフックで左の谷の際へ。
(勇み足でナイスショットの声を掛けてしまいました。
反省。)

ティショットの場合落ちるまで
分からないってのがありますからね、
落ちた後もころころ転がっていくときもあるし。
でも「ナイスショット」ボールが止まってからでは
ティグランドに誰もいないってことも・・・

なるべく真後ろから見て
長年の感に頼るしかないです。
僕はそうしています。

投稿: もしもし | 2005/11/05 21:18

もしもしさん:
 はい。アドバイスありがとうございます。
ただ、いつも心掛けてそうしていますし、
このときももちろんそうしていました。

さらに茂木さんのショットであれば、打った瞬間に
ナイスかどうかを見切れる自信もかなりあります。

ただ、この時は、打ち出し方向が真っ直ぐで、
球筋はフェード掛かり損ねのストレートに見えたんです。
ところが途中からぐぐぐっと引っ掛けフック回転が
掛かって、絶対に行ってはいけない谷の方向へ。

それでもボールが跳ねたのが見えたんで大丈夫かなーと
思いながら進んだんですが、そのライを見てあぁ、と。

周りに威勢のいい人がいると負けずに早く声出さなきゃ
っていう焦りもあって、今回の勇み足となってしまいました。

明日は絶対にこんなミスはしません。ココに誓います。

投稿: こぶ | 2005/11/05 21:31

 もしもしさん:
 こぶさん:
 ナイスショットの声掛けは私もよく失敗します。
 ボールの落下地点で判断するようにしていますが、周りの人に釣られてしまう先走ってしまう事をよくやってしまいます。
 あと、自分がナイスショットだと思っても、本人が納得していないような様子があるときも、「ああ失敗した。」と反省しています。
 こぶさん、今日も茂木さんとの会話はできなかったようですね。
セキュリティーが厳しすぎるのでしょうか。

投稿: くりくり | 2005/11/05 21:56

ホント難しいですよね。
ナイスショットが
飛び過ぎってこともあるし、
難しいです・・・

投稿: もしもし | 2005/11/05 22:06

くりくりさん:
 今日は打った瞬間に満腔の自信を持ってナイスショット
の声を掛けれたのは、4~5回くらいだったでしょうか。
少し遅れて時任プロの声が掛かると、ホッとします。

でも、今日の11番は、ホントに大ミスでした。
まさに痛恨。せめてパーであればよかったんですが。

で、まず構造的に選手に近づけないんですよね。
さらに一瞬のチャンスもガードが厳しくて・・・。

あとはケイコさんと話してることが多かったんで、
その方が楽しいだろうとそっと見守っていたってのも
あります。

投稿: こぶ | 2005/11/05 22:10

もしもしさん:
 はい。ホントに難しいですよね。

今回の11番では、茂木さんの
『どこがナイスショットなのよっ!もうっ!!』
っていう叱責が僕の頭の中で響き渡っていました。
もちろんそう言われたわけでは決してありませんが。

茂木さん、ごめんなさい。

もっともっと見切る目を研ぎ澄ますべく、
さらに精進していく所存でありますっ。

投稿: こぶ | 2005/11/05 22:16

 こぶさん:
 こぶさんの気持ちとても分かります。本当にバツが悪いですね。
 選手に近づけないとのことですがファンサービスも制限されてしまっているのですか。だとしたら楽しさ半減ですね。

投稿: くりくり | 2005/11/05 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/6896982

この記事へのトラックバック一覧です: 2日目”生”観戦①:

« ミズノ2日目 | トップページ | 2日目”生”観戦② »