« マスターズGC最終日 | トップページ | 最終日”生”観戦② »

最終日”生”観戦①

mogi_050808s.jpg

マスターズGCレディース、最終日”生”観戦。

まずは、茂木さんレポートから。

茂木宏美さん
練習

 ピンクの長袖ウェアに黒いパンツ、黒のレインウェアで
登場した茂木さんは、仲良しの髙崎奈央子さんと一緒に
いつも通りアプローチ練習から始めました。
2人で話しながら、とても楽しそうに。

実はこの時に、最終日のいい予感を感じていました。
真面目な性格で入れ込みすぎることのある茂木さんに
とって大事なことはこのリラックス感だと思うからです。

マリコさん

 今回はマリコさんのファッションチェックも行きましょう。
初日2日目は黒と紺と紫系統の長袖ウェア(Tシャツ?)と
アディダスのジャージ下という、いつものスタイルでした。

が、最終日は違いました。

グレーの長袖のウェア(Tシャツ?)に、TOURSTAGEの
白のレインウェア(?)を着たマリコさんは、いつも以上に
カッコよく見えました。

もともとすらっと背が高くてかっこいいタイプの方ですが、
普段は努めて目立たない格好をされているので、
たまにはこんなマリコさんもいいものです。

プレー

 朝の雨が止むと共に強風が吹き荒れ始めて、とても
まともにプレーできる状態ではありませんでした。

なので、茂木さんのプレーも、グリーンを外してナイス
リカバリーでパーを拾っていくことの繰り返しでした。

それはつまり、プロの技を充分に堪能できたということでも
あって、健気に必死に寄せてパーを拾っていく茂木さんの
技と、その精神力には、改めて本当に感心しました。

すごいよ、茂木さん。

Hole by Hole

1番:パー5のサードショットがピン奥へ。
   下りのパットはカップ横を惜しくも通過。
   ただ、同組の門川さんに「あれは仕方ないね。」と
   言われて「そうですね。」と切り替えていた様子。
2番:グリーン左のバンカーに入れるも、ナイスアウト。
   きっちりパットを沈めてナイスパー。
4番:完全にダフって引っ掛けて左OB。
   打ち直しは左のバンカーへ。ココからナイスアウトし
   1パットでダブルボギー。さすがにちょっと凹んで
   ましたが、ここをダボで抑えれたことは、2日目の
   ミラクルバンカーショットと合わせて、茂木さんに
   とってのラッキーホールだったのかも。
5番:打ち下ろしのティーショットはほぼ完璧。
   これでうまく気持ちを切り替えることができて、
   ここはパー。これで心が落ち着きます。
7番:池越えの軽い打ち上げパー3のティーショットは
   ティーからほぼピンに真っ直ぐ飛んでナイスオン。
   上がってみると奥に付いていましたが、長い下りの
   フックラインを完全に読み切って、真ん中からコロン。
   門川さんに「ナイスバーディー」と声を掛けられて、
   『いやぁ、入っちゃいましたぁ、てへ。』
12番:ティーショット、セカンドと完璧で、サードショットも
    ほぼベタピン1mにナイスオン。バーディーパットは
    カップに向かうも、微妙に切れて、フチでクルッと
    回って戻ってきてしまいました。
    しばらく信じられないという風にカップとボールを
    見ていましたが、気を取り直してタップイン。
15番:以下参照
17番:以下参照
18番:以下参照    

15番ホール

 ティーショット、セカンドとほぼ完璧で、短い距離の
サードショット。これを大きくダフってしまいボールは
グリーン左手前の大きくて深いバンカーへ。

茂木さんの姿が全く見えないくらいに深いバンカーからの
ショットは困難を極めました。

しかし、茂木さんがバンカーショットから放ったボールは、
高い高いあごをまさにすれすれで越えると、そこから
ピンに向かって真っ直ぐに転がっていって、すぐ手前で
止まりました。まさに、まさに、ミラクルバンカーショット。

バンカーから上がってきてちょっと嬉しそうな表情を浮かべ
さらにパーパットを沈めた時には、小さなガッツポーズと、
満面の笑顔でナイスパーの声に応えていました。

17番ホール

 池越えの長いパー3は、強風が吹き荒れていて距離感が
掴めず。先に打った2人がナイスオンした様子を見て、
狙いどころを定めて、ウッドで放ったボールは、強風にも
煽られて、綺麗なフェードの球筋で、まっすぐピン方向へ。

「行けっ」というマリコさんの声の中、ボールはピン手前に
落ちると少し転がってピン奥へ。

ティーグラウンドから見ていると、またエースなんじゃないか
と思うくらいの完璧なショットでした。

そして、ティーのギャラリーの大歓声を受けながら歩き出した
茂木さんは、よっぽど嬉しかったのでしょう、その喜びを
ある『動き』で全身で表現していました。

うまく説明できないのですが、とにかく喜びが全身から溢れて
いて、しかも最高にかわいらしい、そんな動きでした。

もし映像に残っているなら、永久保存版間違いなしです。

18番ホール

 ティーショットのドライバーが捕まらずにスライスして
右バンカーへ。ココに入れると上りの170Y~180Yの
距離が残り、万事休すのバンカーです。アイアンでの
セカンドはかなりクリーンに打てたものの、やはり届かず
再びグリーン右手前の深いバンカーへ。

しかしこのバンカーショットをピン奥2mにナイスアウトし
軽いスライスラインのパットをきっちり沈めて、ここも
最高の笑顔でホールアウト。

本当に、いい上がりでした。

【最終日”生”観戦② に続く】

|

« マスターズGC最終日 | トップページ | 最終日”生”観戦② »

コメント

:こぶさん
 こぶさん3日間本当にお疲れ様でした。
今回も茂木さんが一矢報いてくれたおかげで74期の存在感を示せましたね。
 茂木さんの『動き』気になりますねえ。残念ながらTVでは映っていませんでした。時任プロが茂木さんの疲れはノーコメントとお話されていたことから、万全ではないと思われる状態でも結果を出してくれた茂木さんに感謝、感謝です。

突然ですが質問です。
 今日のTV放送では、高崎 奈央子プロが何度か映っていましたので高岸プロも何度か映ってました。先週、茂木さんのキャディーをしていた方はやはり高岸プロでした。こぶさんの予想的中です。今回でシード権にグッと近づいた高崎プロと茂木さんの会話は今回はありませんでしたか?

余談・・・
竹末プロも19日で誕生日だったんですね。遅れて知りました。あと遅れましたが藤島プロ、楽天カップ優勝おめでとうございます。

投稿: くりくり | 2005/10/23 22:44

くりくりさん:
 TV放送があっていいなぁ~(><)
 茂木プロは映ったんですよね?なんでこんな時に放送しないだろう!また、怒りがこみ上げてきた!

投稿: こめっち | 2005/10/23 22:59

くりくりさん:
 TVは2日ともまだ見れていないので、
たぶん明日まとめて見ることになると思います。

茂木さんの『動き』は本当に説明できないのです。
あえて言うなら、大昔のディスコで体をクネクネさせる
やつの高速版、というかなんというか。。。

2日目は
髙崎さん、高岸コーチ、茂木さん、時任コーチ
の4人が揃ったので、もちろん会話はありまくりでしたよ。
最終日もアプローチ練習で楽しそうに話していました。

竹末さんの誕生日は見逃してました。
またUPしておきます。

そして藤島さんの件も、完全に出遅れてます。。。

こめっちさん:
 んー、あのー、えーとー、、、
うまくコメントできません。。。

投稿: こぶ | 2005/10/23 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/6533007

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日”生”観戦①:

« マスターズGC最終日 | トップページ | 最終日”生”観戦② »