« Happy Birthday 竹末さん | トップページ | 別世界への扉の向こう② »

別世界への扉の向こう①

mogi_050808s.jpg

マスターズGCレディース初日。

そこで初めて経験した、別世界への扉の向こう側の世界について、少し書いてみます。

突入

 いやぁ、緊張しました。首からパスをぶら下げてはいる
ものの、見てくれは明らかに単なる一ギャラリーです。
立ちはだかるガタイのいいお兄さんに
 『おい、ワレ、ちょっと待たんかいっ!』
と羽交い絞めにされるのではないかと。

でも、全然大丈夫でした。

パスの威力、絶大です。

クラブハウス前

 スタート前、ホールアウト後に、選手やキャディさんが
楽しそうに話をしている、ハウス前のスペース。

その中にいると、普段柵越しには聞こえない選手たちの
日常会話が聞こえてきます。と言っても、パスを下げた
状態であんましミーハーするのも申し訳ないので、
少し距離を取っておとなしく眺めるだけにしてましたが。

それでも、その気になれば、女王・不動裕理さんの
ホントにすぐ近くまで寄って、しばらくたたずむことすら、
可能です。マーシャルの人が飛んできたりはしません。

選手の対応

 フレンドリーです。選手自身に邪険に扱われることは
まずありません。その気になれば、ボールやサインすら
気軽にポンポンもらえます。

クラブハウス内

 今回はクラブハウス内1階の喫茶スペースの一部に
衝立をして、アテストの小部屋にしていました。なので、
1階のスペースは意外と狭く、思ったほどのバブリー感は
ありませんでした。

そしてせっかくなんでトイレに行ったんですが、中が半分?
に仕切られていて、これまた狭かったです。たぶん、向こう
半分は、ハウス外から基本的に選手、はないですね、
キャディさんだけが使うようになっていたのかなと。

フロント前

 僕は実際結構萎縮してたんで、あちこち歩き回る度胸もなく
フロントの脇で選手が通るのを、静かに眺めていました。

不動さんは記者に囲まれていて、P・クリーマーは気軽に
写真撮影に応じていました。あと設置されたパソコンで
順位を確認している選手も何人かいました。

もっと見ていたい気もしたんですが、茂木さんの練習が
あったので、そちらを見に行ってしまいました・・・。

翌日の組合せ表

 全員がホールアウトして、練習が終わる頃には、
ハウスで翌日の組合せ表を入手することができます。

普通は明日はどうなるかなーと思いながら家路について
PCでチェックして翌日の観戦計画を練るわけですが、
今回はこの時点で、2日目に茂木さんと髙崎さんが
一緒に回ることが分かって、いい気分で家路につくことが
できました。

【別世界への扉の向こう② に続く】

|

« Happy Birthday 竹末さん | トップページ | 別世界への扉の向こう② »

コメント

こぶさん:
 う~~ん!もったいぶっている感じですね(><)
 私の知りたいのは”ただ一つ!”ガマンするのが大変です。
 でも、いつもの外の世界より”緊張”しているのが、ヒシヒシ伝わります(^^)
 

投稿: こめっち | 2005/10/26 12:29

こめっちさん:
 別にもったいぶってるとは思いませんが。
順を追って書いているだけです。

ま、確かに緊張はすごくしましたけれど。。。

投稿: こぶ | 2005/10/26 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/6574926

この記事へのトラックバック一覧です: 別世界への扉の向こう①:

« Happy Birthday 竹末さん | トップページ | 別世界への扉の向こう② »