« 佐々木さんのセッティング | トップページ | 竹末さんのドキュメント② »

竹末さんのドキュメント①

takesue_020808s.jpeg

週刊パーゴルフのスーパードキュメントより。

竹末裕美さん
本能からの卒業

いくつか気になった点をピックアップします。

運動神経抜群

 小さい頃からとにかく運動神経抜群で、高校バスケでは
オールラウンドプレーヤーで、100mは13秒台だったと。
そして初心者なのに、ドライバーで230Yかっ飛ばしていた
そうです。すげぇ。。。

ルーキーイヤー

 ルーキーで優勝したシーズン。そのショットの極意。
『ショットはクラブを上げて下ろすだけ。』
・・・って。すげぇ。すげぇよ。
なんだかんだと悩みに悩んでもどうしてもうまくいかない
もんなのにね、アマチュアの場合。

ホールインワン

 この頃の裕美さんは、ハザードがあろうかOBラインが
あろうが逃げずに真っ直ぐピンを攻めていたそうです。
そして新人戦を含めて、トーナメントで3度もホールインワンを
達成。その頃を振り返って曰く。
「パー3は得意だったし、入りそうってイメージが
 ありましたから。」
ど、どこまでもすごいです。

昨シーズン

 ホントにボロボロだったんですね、昨シーズンは。
原因不明の発熱、激ヤセ(65kg→53kg)、飛距離ダウン
(260Y→210Y)、ヘルニア。当然の予選落ちの繰り返し。
苦しかったでしょうね、これでは。

木村敏美さん

 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン2日目に予選落ちを
喫してホールアウトした直後に
「どう?」
と声をかけてきたプロ。
それが、木村敏美さん。ツアーのママ的存在のプロです。
「ダメです。教えてください。」
「よし、練習場に行くよ。」
とドライビングレンジに行き、敏美さんに
ひどいね。
と、言われたスウィングは、本当にボロボロだったようです。

【以下、②に続く】

|

« 佐々木さんのセッティング | トップページ | 竹末さんのドキュメント② »

コメント

竹末プロは、ホントにボロボロだったんですね。
宮城テレビ杯に来たときに、私が練習している練習場に竹末プロが来ていたのですが、正直、プロの球ではありませんでした。あの時が一番ひどい時期だったのですね。
今まで、茂木プロしか応援してなかったけど、竹末プロも応援しようかな。

投稿: こめっち | 2005/03/22 20:34

こめっちさん:
 コメントありがとうございます。
今回の竹末さんのドキュメントにはかなり衝撃を受けました。
それほどまでに苦しんでいたとは。

でも今は吹っ切れて、ある月刊誌では連載も持ってますし、
試合以外でもメディアに登場することも多くなるだろうし、
かなり応援し甲斐はありそうな感じですね。

投稿: こぶろぐ | 2005/03/23 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/3386193

この記事へのトラックバック一覧です: 竹末さんのドキュメント①:

« 佐々木さんのセッティング | トップページ | 竹末さんのドキュメント② »