« カゴ持ってアプローチ練習 | トップページ | ViQの広告に茂木宏美さん »

茂木宏美さんのスウィング2

mogi_020808s.jpeg

スウィングのハイスピードカメラ分析に、茂木宏美さんが登場。

ここで気付いたのは2点。

ひとつは、ダウンスウィングでは、それほどタメが深くないんだな、と。

これは、いわゆる飛ばし屋と呼ばれている選手ほど深いタメで飛ばしているんですが、フェード系でそれほど距離が出る方ではない茂木さんの場合には、ウィークグリップであることもあって、このくらいがちょうどいいのかもしれません。

もうひとつは、左ワキがビシッと締まってるな、と。

ダウンスウィングからインパクト、フォロースルーにかけて、左手がピッタリと体にくっついていて、左ワキにはホントに一分の隙間もありません。

オープンスタンスからのフェード系を持ち球とする茂木さんの場合には、左ワキが開いてしまうと、弱々しいコスリ球しか出なくなるはずです。

つまり茂木さんの安定して叩けるフェードボールの秘訣は、この左ワキの締りにあったんですね。

たぶん。

|

« カゴ持ってアプローチ練習 | トップページ | ViQの広告に茂木宏美さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25901/2289417

この記事へのトラックバック一覧です: 茂木宏美さんのスウィング2:

« カゴ持ってアプローチ練習 | トップページ | ViQの広告に茂木宏美さん »